– Japanese Green Tea, Gyokuro, Matcha & Fucoidan –

News Letter

Table of Contents

What is Green Tea?

Green tea” is “a tea that suppresses the action of oxidizing enzymes by steaming and heat-treating the tea leaves without fermenting them.” There are “Gyokuro”, “Sencha” and “Bancha”.

“Matcha”, “Green Tea” and “Roasted tea” are all the same “Tea” manufacturing process (fermentation) are different.

Therefore, the nutritional content is almost the same. If you want to know the effects,  efficacy and benefits of “Matcha”, “Green Tea”, or “Tea”, please read this article.

All these teas are made from the same "tea tree".

日本のお茶専門店 Mukoh Matcha 三八 38 Sanpachi Japanese Green Tea Ryokucha Greentea Gyokuro Yamecha Sencha 抹茶 緑茶 煎茶 深蒸し茶 しらおれ 玉露 かぶせ茶 玄米茶 ほうじ茶 緑茶ティーバッグ 玉露ティーバッグ 粉末緑茶 インスタント緑茶 インスタント抹茶 緑茶青汁 抹茶青汁 抹茶スイーツ 抹茶のお菓子 お茶ペットボトル お茶ギフト
日本のお茶専門店 Mukoh Matcha 三八 38 Sanpachi Japanese Green Tea Ryokucha Greentea Gyokuro Yamecha Sencha 抹茶 緑茶 煎茶 深蒸し茶 しらおれ 玉露 かぶせ茶 玄米茶 ほうじ茶 緑茶ティーバッグ 玉露ティーバッグ 粉末緑茶 インスタント緑茶 インスタント抹茶 緑茶青汁 抹茶青汁 抹茶スイーツ 抹茶のお菓子 お茶ペットボトル お茶ギフト

“Green Tea”, which used to be “Medicine”, is a Natural Supplement.

In Yame, a high-class tea production area in Kyushu, supported by Mukoh / Mukou Matcha, there are tea plantations with a history of 600 years and tea farmers who have been in the area for generations, wholeheartedly makes the Green Tea that Japan is proud of.

However, the number of people who drink “Tea” from a teapot is decreasing. Thereby, there are many tea farmers who have no choice but to become part-time farmers and eventually go out of business.

In Yame, there are still many tea farmers who continue to make “Delicious, High Quality, Rich and Sweet Yame Tea (Green Tea)” without compromising on taste.

Tea (Green Tea) is well known as a luxury item, but it is said that it was actually a “Medicine” in the past.

We would like everyone to know the unknown effects and benefits of Tea (Green tea), and drink “Japanese Tea (Green Tea)” as a natural supplement for your health.

For your health, let's get into the habit of drinking "Japanese Green Tea" every day.

Even us, didn’t know that “Tea (Green Tea)”, which we have been familiar with for many years, has such amazing benefits and effects. Let’s learn Japanese Green Tea effects & benefits.

Tea (Green Tea) has been prized as a herbal medicine for longevity since BC. The world’s oldest scientific book on tea “Chakyo” and “Kissa Yojoki” are famous. However, Tea (Green Tea) was a luxury item and only nobles could drink it. Also, it was only in the 1980s that the health benefits of drinking Tea (Green Tea) began to be discussed on a scientific basis. Research on Tea (Green Tea) and cancer prevention has become active due to the fact that the standardized mortality rate of gastric cancer is low in Shizuoka Prefecture, where Tea (Green Tea) is often consumed. Vitamin C, Caffeine, Theanine, and Catechin are well known among the ingredients of “Tea (Green Tea)“.

神農お茶

Have you ever heard the phrase “Take one dose of tea”? This “one dose” comes from the fact that Tea (Green Tea) used to be a “Medicine“. A long time ago in China, a legendary man named Shennong, who is said to have taught agriculture and medicine, used his own body to check the poisons and medicinal properties of various plants, wrote books, and taught them to people. .

栄西お茶

The next person is a monk named Eisai. This person popularized the custom of tea drinking in Japan, and seems to have been so knowledgeable about tea that he even wrote a book called “Kissa Yojoki”. This book consists of two volumes. Volume 1 describes the types of Tea, the method of making Matcha, and the health benefits of Tea. In this “Kissa Yojoki”, it is written that “Tea is a Miracle Medicine for aging, a herbal medicine for health“, and it also said that Tea was treated as a Medicine.

The idea of ​​"Tea for Health"

In this way, “Tea”, which was thought to be a “Medicine” in the past, is now known as an anti-cancer, anti-obesity, anti-oxidation (aging) anti-virus, anti-allergy, anti-stress, anti-bacterial, etc. It has been proven in more detail the “efficacy and benefits of Tea” such as reducing and alleviating body fat, increasing blood pressure, preventing and suppressing arteriosclerosis, diabetes, influenza, etc.

In this way, Tea (Green Tea) is not only a luxury item that enjoys the taste and aroma, but also a health drink that works to improve physiological functions, prevent diseases, and improve symptoms.

Currently, research into the role of Tea (Green Tea) in improving physiological functions, preventing disease, and improving symptoms is being conducted on a global scale, and the number of published papers has increased by about 3.5 times from 10 years ago. Reports on Green Tea and Green Tea ingredients account for more than 60% of them.

ocha greentea benefites11

In terms of taste and aroma, Tea, which has a unique taste and aroma, relieves stress and provides comfort.

In today’s stressful society, everyone feels intense stress, and it is known that stress induces, exacerbates, and accelerates the progress of various diseases.

Drinking Tea (Green Tea) relieves stress, creates a place for people to interact, and allows you to take in various functional ingredients while having fun.

Since the Kamakura period (1185-1333), Tea (Green Tea) has spread as a food product developed as a form of spiritual training, giving rise to a unique spiritual culture called “Tea Ceremony.”

In this way, “Tea (Green Tea)“, which has both health functions and a role as a luxury item, is becoming more and more important for our health by fusing its “spiritual culture” and “functional science”. 

ocha greentea benefites10

Is Tea good for cancer?

Anticancer effect

About 25 years ago, it was announced that the age-adjusted death rate from gastric cancer was low in Nakakawane Town (at that time) in Shizuoka Prefecture, where the national average was 20.8 for men and 29.2 for women compared to the national average of 100.

Triggered by research that linked these results to tea, research into the anticancer effects of Tea (Green Tea) progressed.

In many experiments using mice and rats, it was found that the carcinogenesis rate decreased when carcinogen-administered animals were given Tea (Green Tea). It also has been shown to suppress metastasis.

Tea (Green Tea) contains various components and has various effects that are useful for maintaining health. 

Epigallocatechin gallate (EGCG), one of the Green Tea polyphenol catechins, is the main anticancer component of Tea (Green Tea). When epigallocatechin gallate (EGCG) is added to the culture medium of cancer cells, the growth of cancer cells is suppressed or the cells die.

There are several possible mechanisms by which epigallocatechin gallate (EGCG) exerts this effect, the main one being the induction of apoptosis.

Apoptosis is a physiological phenomenon that occurs when unnecessary cells are removed, but if it is induced in cancer cells, it can kill the cancer cells themselves. In fact, several anticancer drugs are known to act by this mechanism.

greentea benefits

As shown in the image, when epigallocatechin gallate (EGCG) binds to a protein on the surface of cancer cells, the signal is transmitted to the nucleus and DNA is cleaved, dividing the cell and causing death.

Epigallocatechin gallate (EGCG) induces apoptosis more strongly in cancer cells than in normal cells.

Cancer cells proliferate by repeating cell division through a process called the cell cycle. Epigallocatechin gallate (EGCG) stops the cancer cell cycle and inhibits cancer cell proliferation by acting on various factors involved in this process.

One of the causes of cancer is damage to DNA caused by active oxygen generated in the body. Epigallocatechin gallate (EGCG) has the ability to scavenge reactive oxygen species, which may suppress carcinogenesis.

Whether Tea (Green Tea) and catechins have anticancer effects in humans has not yet been established.

However, recent epidemiological studies have reported that people who drink Tea (Green Tea) have a lower risk of stomach cancer, prostate cancer, liver cancer, ovarian cancer, and endometrial cancer.

There is also a paper showing that Tea (Green Tea) catechins were effective in preventing prostate cancer in a clinical intervention trial.

These matters need to be confirmed in future clinical trials.

Recently, the US FDA has approved a formulation that uses Green Tea Catechins as an ointment. Several clinical trials have confirmed its efficacy as a treatment for genital warts, a type of benign squamous cell tumor.

Suppression of carcinogenesis promotion

greentea cancer

Research into the cancer prevention of Tea (Green Tea) began in earnest in the 1980s, starting with in vitro experiments and progressing to research on animals and humans.

Up to the stage of animal experiments, Tea (Green Tea) has been shown to be effective in suppressing cancer in an overwhelming number of cases.

Interest is now focused on whether drinking Tea (Green Tea) is effective in preventing cancer in humans.

The active ingredients of Tea (Green Tea) are thought to be mainly catechins, which have been shown to be effective in inhibiting the initiation of carcinogenesis (mutation), promoting carcinogenesis and inhibiting progression, and promoting apoptosis (self-destruction) of cancer cells. Various mechanisms of action have been elucidated, such as inhibition of cancer metastasis and inhibition of angiogenesis.

Cancer prevention in healthy people is thought to be more effective in targeting pro-carcinogenic stages (oncogenic promotion) than in the more difficult-to-control initiating stages (mutations).

In experiments using cultured cells, among the four types of tea leaves, Green Tea was found to have the strongest inhibitory effect on carcinogenic promotion.

In Green Tea, two-thirds of its activity is derived from catechins. It was found that the function of the factor is remarkably suppressed.

Tea (green tea) exerts anticancer effects by suppressing carcinogenesis-promoting processes, but catechins are not the only active ingredient. It would be nice to enjoy drinking while expecting health benefits.

Prevention of recurrence of colon polyps

“Effect of administration of Green Tea extract supplement to prevent recurrence of colorectal polyps after endoscopic resection”

When patients who had had colonic polyps removed endoscopically took a “Green Tea extract supplement” for one year, the recurrence rate of polyps decreased from 31% to 15%, and the size of recurrent polyps were getting smaller.

greentea effect cancer

Colorectal polyps (adenomas) are precancerous lesions of colorectal cancer, and removal of colorectal polyps is thought to reduce the risk of developing colorectal cancer.

Colon polyps are known to recur easily within a few years after endoscopic resection.

Patients who underwent endoscopic resection of colon polyps were asked to drink Tea (Green Tea) as usual, and then take Green Tea extract (1.5 g per day) as a supplement.
We found that patients who took Green Tea and Green Tea extract supplements were less likely to develop colon polyps (they were less likely to recur), and even if polyps did occur, they were smaller in size.

When we investigated whether there is a relationship between daily Tea (Green Tea) intake and the recurrence of colorectal polyps, we found that patients who drank an average of 10 or more cups of Green Tea per day were more likely to have polyp recurrence

In order to prevent the recurrence of colonic polyps, it is considered necessary to take approximately 2.5 to 3.0 g or more of Green Tea extract per day.

Make good use of Tea (Green Tea) and supplements to prevent colon polyps.

Can Tea ( Green Tea ) help you lose body fat?

greentea diet

It was found that continuous ingestion of high-concentration Tea ( Green Tea ) catechins increase the lipid metabolism activity in the body, making it easier to consume fat as energy, and has the effect of reducing body fat.

We divided 80 slightly overweight men and women into two groups, and while maintaining their diet and exercise levels as they were in their daily lives, they were asked to drink one bottle of Tea containing catechins a day for 12 weeks. 

As a result, it was found that the group who continuously drank the “high-concentration tea catechin drinkdecreased their body weight, BMI (body mass index), and abdominal fat mass (visceral fat mass, subcutaneous fat mass).

From the results of many tests, we found that (1) the effect of reducing body fat is correlated with the intake of Tea catechins, and (2) the greater the amount of visceral fat before the test, the greater the effect of reducing body fat.

From the results of research so far, it has been found that continuous intake of “highly concentrated Tea catechins” increases the “fat burning amount” during daily activities and the “fat burning amount” taken from meals. It has also been confirmed that lipid metabolism in the “liver” and “muscles” is activated by continuously ingesting “high-concentration Tea catechins“.

Due to the action of “Tea catechin“, it is thought that “body fat is reduced” because it becomes easier to consume fat as energy.

Catechins and Caffeine reduce obesity?

In recent years, a fatty Western-style diet has become common in Japan, and as a result, the number of patients with metabolic syndrome which has increased and become a social problem. The main cause of metabolic syndrome is obesity. Obesity can lead to hyperlipidemia, hypertension, and diabetes.

Furthermore, it causes “arteriosclerosis“, and as a result, causes diseases such as “myocardial infarction” and “stroke” that lead to death.

In Japan, one in five adults is already said to be obese, and it goes without saying that prevention is extremely important to lead a healthy life.

 

 

"Green tea" and its components "catechin" and "caffeine" have an "obesity suppression effect"

greentea diet effict

It has been confirmed in experiments that “Tea (Green Tea)” has an “obesity suppression effect (fat accumulation suppression effect)”.

When mice were fed a diet containing 2% powdered Tea (Green Tea) for 4 months, stomach “fat” decreased by about 60%, although the amount of food remained the same.

In addition, the amount of fat in the blood and liver was significantly reduced.

Furthermore, it was found that combining Tea (Green Tea)’s two main components, “tea catechin” and “caffeine,” has the same effect of suppressing fat accumulation as “Tea (Green Tea).” 

As a mechanism for suppressing this, it was found that Tea catechin” and “Caffeine” improve the “lipid metabolism” of the “liver” and “fat cells” and promote the thermogenic function in the body and “ingestion of green tea ingredients” can efficiently consume fat and suppress “obesity”.

Reduce body fat

Suppressing effect on elevation of blood triglycerides

greentea matcha effects10

Ingested fat is broken down by a digestive enzyme (lipase) secreted by the pancreas, absorbed from the small intestine, and enters the bloodstream.

For this reason, triglycerides in the blood temporarily rise after eating, and are then metabolized.

However, it is known that if the level of triglycerides in the blood continues to be high due to metabolic disorders, etc., body fat and visceral fat accumulate, leading to obesity.

Obesity is a risk factor for various diseases such as myocardial infarction and cerebral infarction.

Animal experiments have shown that administration of gallated catechins such as epigallocatechin gallate, which is abundant in Tea (Green Tea), suppresses the increase in blood triglycerides.

This is probably because the activity of lipase secreted from the pancreas is suppressed, slowing down the decomposition of fat.

Body fat lowering effect

greentea matcha effects11

We asked people with a high BMI to drink a beverage containing 215.3 mg of “tea catechin“, which is more than 90% gallated catechins, twice a day and once with each meal, every day for 12 weeks.
From week 4 to week 12, BMI and body weight decreased compared to initial and control values.

“Body fat” and “visceral fat” also decreased in the 12th week.

BMI is a value calculated by weight (Kg) ÷ (height (m)) 2, and is an indicator of obesity.

Reduce blood pressure

greentea matcha effects2

People who drank 120ml or more of Green Tea (about 1 cup of hot water) every day for more than a year had a 46% lower risk of developing hypertension than those who did not drink Green Tea. Epidemiological studies have reported that regular drinking of Tea (Green Tea) may prevent hypertension.

In order to investigate the effect of Tea (Green Tea) on blood pressure, hypertensive model animals were given an aqueous solution of “Green Tea polyphenol”, the main component of which is tea catechin, for 3 weeks.

Blood pressure increases with age in hypertensive model animals, but the increase in blood pressure was suppressed in the Green Tea group given “Green Tea polyphenols.”

greentea matcha effects1

In addition, in the Green Tea group, “nitric oxide”, which dilates blood vessels, increased in the blood.
Examination of the blood vessels revealed that catalase, a reactive oxygen-scavenging enzyme, increased and contraction of vascular smooth muscle cells was suppressed.

Excessive “reactive oxygen” in the body is involved in the onset and progression of various diseases.
It has been reported that “active oxygen” is increased in “hypertensive patients” compared to “normal blood pressure”.

Green Tea polyphenol” itself also has the function of removing “active oxygen”.
Drinking Green Tea increases the amount of “reactive oxygen scavenging enzymes” in the body, promoting vasodilation, which is thought to suppress the rise in blood pressure.

Prevent stroke

Stroke is the number one cause of needing nursing care

A stroke is when a blood vessel in the brain is clogged (cerebral infarction) or ruptured (cerebral hemorrhage, subarachnoid hemorrhage), and some of the cells in the brain die or function poorly.
Stroke symptoms include neurological symptoms such as paralysis of limbs and disturbance of consciousness.

Stroke was once the leading cause of death.Advances in blood pressure treatment and control have reduced the number of “stroke” deaths. Currently, the number of deaths due to “stroke” is the third highest after “malignant neoplasm (cancer)” and “heart disease”. However, the number of stroke patients is expected to increase in the future as the population ages. A characteristic of stroke is that it leaves physical and mental dysfunction as after effects, making it the number one cause of the need for nursing care. In other words, a stroke places a heavy burden not only on the patient but also on the family, so it is very important to prevent stroke and reduce brain damage at the onset of stroke.

Stroke prevention effect of Green tea catechins

greentea matcha effects3

Tea catechins” 0.5% “aqueous solution”extracted from Green Tea (polyphenon EⓇ, epigallocatechin gallate 58.4%) were administered to “stroke-prone spontaneously hypertensive rats,” an experimental animal model that genetically develops hypertension followed by “cerebral hemorrhage” from a young age. It was found that rats fed Tea Catechin extracted from Green Tea had a milder increase in blood pressure and were less prone to cerebral hemorrhage than rats fed water.

Experimental “cerebral infarction” was caused by temporarily stopping “cerebral blood flow” in rats given 0.5% aqueous solution of “Polyphenon E”, a tea catechin product, for 5 days. It was found that the “degree of brain damage” was smaller and the “neurological symptoms” were less severe than in rats given only water.

The effects of Tea Catechins on preventing stroke and reducing brain damage are considered to relate to the effects of tea catechins, which suppress the production of hormones that increase blood pressure and remove active oxygen generated when a stroke occurs.

Prevent arteriosclerosis

greentea effect Arteriosclerosis

Cholesterol is a component of cell membranes, and low-density lipoproteins (LDL) play an important role in transporting this cholesterol from the liver through blood vessels to peripheral tissues.

Peripheral tissues will not take up more cholesterol once they have taken up enough cholesterol. If you have more cholesterol than you need, your LDL levels in your blood will rise. When LDL is in the blood for a long time, it infiltrates into the subendothelium and is oxidized to oxidized LDL. This oxidized LDL damages the innermost endothelial cells of blood vessels, making them prone to clot formation.

血液中の白血球の一種である単球は、酸化 LDLを見つけるとそこへ集まり、分化してマクロファージとなって酸化LDLを食べて除去しま す。

マクロファージは酸化LDLがなくなるまで食べ続けますが、食べきれないと泡沫化細胞と なり、最終的には死んでしまいます。

つまりコレステロールをたくさん食べたマクロファージ の死骸が血管内(内皮下)に残るのです。これが動脈硬化巣形成の始まりです。

このことから、LDLが酸化LDLになるのを防ぐことが動脈硬化の発症・進展の抑制に重要であると考えられます。

ブタ血液より取り出したLDLを酸化させる実験で、エピガロカテキ ンガレート(EGCG)エピカテキンガレート(ECG)などの茶カテキンがこの酸化を強く抑制することがわかりました。

また、血栓の形成に重要な働きをする血小板の凝集もEGCGECGが強く抑制することが認められました。

次に、緑茶より抽出した茶カテキン(商品名 ポリフェノンE、EGCGを約60%含む)300 mgを朝夕1日2回、1週間与えた後、血液から LDLを調製して、どのくらい酸化されているかを調べたところ、ポリフェノンEを摂取してい ない人に比べてLDLの酸化の程度が低いことがわかりました。

また、動脈硬化を発症するマウ スにポリフェノンE(0.08% 水溶液)を14週間飲ませると、大動脈の動脈硬化巣の面積が小さくなることがわかりました。

以上のことから、緑茶を飲むと、 茶カテキンが消化管から吸収され て血中に入り、LDLの酸化が抑え られて、動脈硬化の発症・進展が 予防できると考えられます。

茶カテキンは水溶性のため、比較的速やかに腎臓から尿中に排出されてしまいます。

茶カテキンの血中濃度を維持するためには、一日数回緑茶を飲むことが必要です。


greentea effect Arteriosclerosis

私たちが最近よく耳にするのは、“カテキン”ですよね。それではまず“カテキンとは?”から調べてみましょう。

血糖上昇を防ぐ

デンプンや砂糖などの糖質を含む食品を食べると、血糖値が上昇します。これは、糖質が小腸にある消化酵素によって分解され、吸収されて血中に入るためです。

血糖値が上昇すると、 インスリンが分泌され、血糖値を正常値まで下げるように働きます。

健康な人の血糖値は、インスリンなど様々なホルモンの働きによって一定の範囲内に調節されています。

この血糖値の 調節機能が何らかの原因で低下し、血糖値が高くなってしまう状態が糖尿病です。

茶カテキンの血糖上昇抑制作用

茶カテキンには、糖質の吸収を穏やかにする働きがあります。

食品中の糖質は、小腸で消化 酵素(α-グルコシダーゼ)によってブドウ糖や果糖などに分解された後、体内に吸収されます。

茶カテキンは、このα-グルコシダーゼの活性を抑えることで、体内への糖質の吸収量を減少 させ血糖値を低く抑える働きをもっています。


greentea effect

抹茶パンの血糖上昇抑制作用

人における茶の血糖上昇抑制作用を明らかにするため、1個あたり0.75gの抹茶を含む菓子パンを摂取し、血糖値の変化を対照の菓子パンと比較する実験を行いました。

その結果、抹茶パンの場合の血糖値は食後45分および60分で対照パンの場合に比べ低く抑えられました。

このように、糖質を多く含む食品と茶カテキンの組み合わせは、糖質の吸収を抑え、血 糖値を低く保つために有効であるといえます。


greentea effect kettouchi

糖尿病の予防と改善、多様に効く

糖尿病は、食後の高血糖や高血糖状態の慢性化など血糖値が病的に高い値を示す病態です。

糖尿病にはいくつかのタイプがあり、わが国の糖尿病の約9割が食事や運動など様々な生活習慣が原因となって起こる2型糖尿病であるといわれています。

高血糖状態を治療せずに長期に放置すると、毛細血管の障害がおこり、網膜症、腎症、神経障害などの糖尿病合併症の起こる頻度が高くなります。

糖尿病の治療は病因や重症度によって異なりますが、2型糖尿病初期においては、特に重要な食事療法と運動療法に加えて、薬物療法による血糖値のコントロールが 行われます。

糖尿病治療薬としては、腸管からのブドウ糖吸収阻害、インスリン分泌刺激、末梢インスリン感受性改善、糖新生抑制、などの作用をもつものが使われています。

糖新生とは、体内で糖以外の物質(乳酸やアミノ酸など)からブドウ糖ができることをいいます。

培養細胞や動物を使った実験により、茶カテキンはアミラーゼ活性の阻害、肝糖新生の抑制、膵細胞の保護、インスリン分泌の促進、筋肉へのブドウ糖取り込みの促進、抗炎症作用など実にいろいろの作用を通して抗糖尿病作用をあらわすことがわかってきました。

実際に、人の糖負荷試験においても、緑茶の血糖値抑制効果が認められています

さらに、緑茶には同様の効果を示すカテキン以外の成分が存在することも明らかになっています。

このように、緑茶を飲むと、そこに含まれる種々の緑茶成分によるマルチな作用メカニズム によって、糖尿病の予防や改善ができると考えられます。

糖尿病は肥満症や動脈硬化症などの 他、肝臓がんや大腸がんなどのリスクを高めるので、習慣的に緑茶を飲むことは様々な疾病の 一次予防に役立つと期待されます。

ヒトでの緑茶による血糖上昇抑制効果

お湯あるいは緑茶(抹茶粉末1.5g/150ml)を摂取後、グルコース負荷試験を行ない、 経時的に血糖値の測定を行なった結果、緑茶摂取群で有意に血糖値が抑えられること がわかりました。


matcha effect

風邪を撃退

ウイルス感染を防ぐ

緑茶にはインフルエンザの原因となるウイルスや小児の風邪の原因となるウイルスに直接作 用して、これらのウイルスの感染を無力化する成分が含まれています。

茶カテキンはその代表です。

インフルエンザウイルスは、ウイルス粒子の表面からスパイク状に突き出した2種類の タンパク質を利用して喉や鼻腔の細胞に感染します。

茶カテキンは、スパイクタンパク質に直接作用して、その働きを抑えることでインフルエンザウイルスの感染を防ぎます。

茶カテキンの中でも特にエピガロカテキンガレート(EGCG)強い作用を示すことが明らかになってい ます。

また、茶カテキンとは異なりますが、乾燥茶葉中に0.5%程度含まれているストリクチニンと呼ばれる成分も、インフルエンザウイルスや小児の風邪の原因となるウイルスの感染を強力に抑えることが明らかになってきました。

ストリクチニンの作用は茶カテキンとは異なっ ていて、ウイルス膜と細胞膜が結合するのを邪魔することによって、ウイルスの感染を防ぐと考えられます。


greentea kaze

うがいのすすめ

インフルエンザの予防対策

インフルエンザは、主に冬季になると猛威を振う急性の重症上気道感染症です。

感染はインフルエンザウイルスによって起こり、飛沫や接触により流行が拡がります。

感染力が非常に強く、肺炎、脳症に進展することもあり、その予防対策は非常に重要です。

インフルエンザの予防対策には、ワクチンの接種、手洗い、マスクの着用、うがいの励行などがありますが、どの 方法を取ってみても万全とはいえません。

このような予防対策に加え、最近、茶カテキンでうがいすることや、緑茶を飲んでインフルエンザを予防しようという試みが注目されています。


greentea matcha flue effects2

茶カテキンのうがいによるインフルエンザ予防効果

茶カテキンは、インフルエンザウイルスの表面にある突起(スパイク)に結合し、宿主細胞表面へのウイルスの吸着を阻害して感染を防ぎ ます。

この効果は、インフルエンザ ウイルスの型にはよらないといわれています。

茶カテキンのうがいによるインフルエンザ予防効果を調べるために、特別養護老人ホームの入所者を対象とした臨床研究が行なわれました。

緑茶カテキン抽出物(総カテキン濃度200μg/mL、市販されている通常の緑茶ペットボトル飲料の約半分の濃度)で1日3回、3ヶ月間うがいをした結果、水のうがいと比べて、 インフルエンザの発症が減少したことがわかりました。


greentea matcha flue effects1

緑茶の飲用によるインフルエンザ予防効果

緑茶にはカテキン以外にも、テアニンビタミンCといった感染に対する免疫力を高める成分が含まれていますので、緑茶の飲用によるインフルエンザ予防効果も十分期待されます。

実際、静岡県茶産地の菊川市の全小学校児童を対象とした疫学調査では、1日1~5杯の緑茶を飲む習慣をもつ児童は、1日1杯以下の場合と比べてインフルエンザの発症が少ないことがわかりました。

免疫機能の調節

免疫力の賦活

冬が近づくと誰もが気になる風邪やインフルエンザ。

生体 は、免疫系の活性と抑制のバランスをうまく制御することにより、病原体が体内に侵入するのを防いでいます。

しかし、 様々な原因で免疫能力が低下する、すなわち病原体に対するバリアが弱まると、感染症にかかる危険性が高くなります。


ryokucha kaze kouka1

粘膜免疫系の働きを良くするエピガロカテキン(EGC)

呼吸器や消化器などの外界と接する粘膜は、病原体の主な 感染経路となっています。

粘膜免疫系は、病原体が粘膜から侵入してくるのを防いでいる免疫システムであり、生体防御の最前線ともいえます。

カテキンの1種であるEGCには粘膜免疫系の働きをよくする効果があることが確認されています。

しかし、このEGCの働きは、エピガロカテキンガレート (EGCG)によって弱められてしまいます。

熱水で緑茶を淹れるとEGCGが浸出しやすくなる ため、EGCの効果が弱まってしまいます。

冷水で緑茶を淹れる(水出し緑茶)と、浸出液中 のEGCGが少なくなり、EGCの効果が発揮されやすくなります。

粘膜免疫系を活性化して病原体の侵入を防ぐためには、冷水で淹れたお茶を飲むのがよさそうです。


ryokucha kaze kouka2

花粉症などアレルギーに効果

アレルギーは、粘膜にあるマスト細胞や血液にある好塩基球上にIgEという免疫グロブリンとアレルゲンが結合してヒスタミンが放出されることによって始まる過剰な免疫反応です。

メチル化カテキンは、エピガロカテキンガレート(EGCG)エピカテキンガレート(ECG)のガレートの一部がメチルエーテル化された茶カテキンで、「べにふうき」、「べにほまれ」などの品種に多く含まれています。

メチル化カテキンは、マスト細胞や好塩基球でのヒスタミン放出を強く抑えることによって抗アレルギー作用を発揮することがわかっています。

メチル化カテキンの効果

メチル化カテキンを多く含む「ベニふうき」緑茶のスギ花粉症状軽減効果

メチル化カテキンを乾物重量で1.5-2.5%含んでいる「べにふうき」緑茶を、1日あたりメ チル化カテキン量が34mg以上になるようにスギ花粉症の症状を持つ人に長く飲んでもらい、 メチル化カテキンを含んでいない「やぶきた」緑茶を飲んだ人と比べました。

その結果、「べ にふうき」を飲むと花粉飛散後の鼻かみ回数や目のかゆみなどの症状が軽減することがわかり ました


ryokucha kafun kouka1

また、「べにふうき」花粉飛散1.5ヶ月前から飲んでいた人は、花粉飛散 後から飲み始めた人と比べると、鼻かみ回数、涙量、鼻のアレルギー症状、咽頭痛などで症状が軽減しました

通年性アレルギー性鼻炎の人でも同じような効果が得られています。

また、アトピー性皮膚炎をもつ小児に「べにふうき」エキスを混ぜたクリームを8週間塗布したところ、ステロイドホルモン剤の使用量がクリームのみの場合に比べて、少なくなったことも報告されています。


ryokucha kafun kouka2

老化と認知症の予防

肌の老化予防と美容に効果

ビタミンは人の健康や生命の維持に必須の微量栄養素として、20世紀の全般に発見されたもので、現在13種類が知られています。

それらは、水溶性のもの(ビタミンB1、B2、B6、 B12、C、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)と油溶性のもの(ビタミンA、D、E、 K)に大別されます。

茶葉には、これらビタミン13種類のうち、ビタミンDを除く12種類の すべてが含まれています。

ビタミンの中で、美容効果に優れ、皮膚や血管の老化を防ぐビタミンとして知られるビタミンCは、茶葉の他、新鮮な野菜や果物に豊富に含まれているので、欠乏になることは少ないのですが、ビタミンCは、熱に弱く、例えば、ほうれん草など、茹でて食べる食材では葉から溶出したり、分解したりして、条件によっては半分位に減ってしまいます。

しかし、茶葉(煎茶) の場合は違います。茶葉の場合は、本来、茶葉から湯で溶出される浸出液を摂取することと、 茶葉に豊富に存在し、強い抗酸化力を発揮する茶カテキン(バイオフアクターの一種)が同時に溶出されてきて、ビタミンCの分解を防ぐので、ビタミンCを効果的に摂取できるのです。

これは、ビタミンCに限ったことではなく、他の水溶性ビタミンについてもいえます。

また、 抹茶の場合には、油溶性のビタミンについても同様なことがいえます。

このようなお互いの“共存効果”は、人の体内でも“リサイクル効果”あるいは“節約効果” として、近年認識されるようになってきました。

例えば、各細胞の膜中にあって、細胞膜の安定化に寄与するビタミンEは、一旦酸化されても、細胞の外側にあるビタミンCによって、元のビタミンEに戻されるのです。  茶葉には、多くのビタミンやバイオファクターがバランスよく共存しているので、それらすべてを効率よく摂取することによって、“総合ビタミン剤”、あるいは“スーパーサプリメント” としての価値を享受できるものと思われます。

greentea catechin

脳の老化を防ぎ、認知症を予防する

わが国では高齢者が急速に増加していますが、それに伴い認知症の患者数も急増しています。

認知症は高齢になるほど患者数が増えることから、「年をとること(加齢)」は認知症の最大の危険因子です。

またアルツハイマー病を含め認知症は、完全に治癒できる方法がまだないことから、「予防」が最も重要となります。

「年をとること」は止められませんが、老化を予防する ことにより、認知症となる危険率を低下させることは可能です。

お茶(緑茶)にはカテキンという渋みの成分 や、テアニンという旨みの成分などが 含まれていますが、このカテキンテアニンには老化、特に脳の老化を、予防する効果があることがわかってきました。

私たちの体の中で過剰に産生される活性酸素は酸化傷害を引き起こし、その蓄積が老化の一 因となっていると考えられています。

カテキン強い抗酸化作用を示すことから、ネズミカテキンを毎日飲ませたところ、活性酸素による酸化傷害が減り、加齢に伴って認められる 脳の萎縮や学習・記憶能の低下も抑えられることが明らかとなりました。

一日数杯のお茶(緑茶)を飲 んでいる人では、飲まなかった場合に比べて脳の老化が抑制されているのではないかと考えられます

また、現代はストレス社会といわれ、多くの人が何らかのストレスを抱えています。

長期にわたるストレスは、「うつ」や認知症などの引き金となるだけでなく、老化を促進すると考え られています。

実際、ネズミに長期にわたりストレスを与えると、寿命が短くなることが明らかとなりました。それに加え、脳の萎縮や学習・記憶能の低下が促進されることがわかりまし た。しかし、同じようにストレスを受けていても、テアニンを摂取していた場合は、ストレス による寿命の短縮や脳の老化の促進が抑えられることが見出されました。このようなテアニン抗ストレス作用は、お茶(緑茶)に含まれるカテキンカフェインによってある程度打ち消されてしまうのですが、テアニンを多く含むお茶(緑茶)を飲むことによって、テアニン抗ストレス効果が発揮されることもわかってきました。

美味しいお茶(緑茶)を毎日飲むことにより、知らないうちにスト レスに打ち勝つ力も身につくと考えられます。

以上のことから、お茶(緑茶)に含まれるカテキンテアニン脳の老化を防止することにより、 認知症予防の効果をもつと推察されます。

greentea catechine2

ストレスの緩和

お茶(緑茶)を飲むとホッとする

新茶や美味しいお茶を飲むと、その味だけでなく、香りや色からもホッとします。

この現象は、お茶に含まれる成分で説明できるようになってきました。

緑茶特有のアミノ酸であるテアニンは、脳で重要な働きをしているグルタミン酸に化学構造が似ています。

そのため、テアニンも脳で何か作用をしているのではないかと考えられます。

いくつかの動物実験の結果、動物に与えたテアニンは、脳に取り込まれ、脳内の神経伝達物質に影響を及ぼすことがわかりまし た。神経伝達物質とは、記憶・学習、情緒、睡眠、食欲など、各種の行動をコントロ ールしている物質なので、テアニンが脳の働きにも影響を与える可能性を調べるために、いくつかの記憶・学習に関する試験を行いました。その結果、テアニンをラットに与えると、記憶・ 学習に関係する脳機能の改善がみられました。

greentea L Theanine2

脳波への影響:リラックス効果

人に対するテアニンの影響を調べるために、まず脳波を測定しました。その結果、テアニンを摂取してから30-40分後に、リラックスした状態の時に出るα波の放出頻度が増加しまし た。そこで、テアニンにはイライラを鎮める効果があると考え、女性特有のイライラ 現象である月経前症候群(PMS)に対するテアニンの効果を調べました。PMSの症状のある 女性に排卵予定日から月経までの期間、本人にはわからない状態で、テアニンまたは偽薬を飲 んでもらった結果、精神的な愁訴に対しても、あるいは身体的な愁訴に対しても、テアニンは 症状を改善しました。

昔から「お茶を飲むとホッとするね」といわれているのはこのことだと 言えると思います。現代のようにストレスの多い社会では、リラックスするひとときを持つこ とは大切であり、高齢化による脳機能の低下を防止する上でも、緑茶は大変に有用な飲料であ ると思います。

greentea L Theanine

酸化ストレスを防ぐ

茶葉には抗酸化性のあるビタミンCやカテキン類などが豊富に含まれています。

これらは、水やお湯に良く溶けて、お茶として飲むことによって、手軽に体内に摂り入れることができま す。

よく知られているように、ビタミンCは、体タンパク質の約30%を占めるコラーゲンの 生成に不可欠の栄養素であり、また生体組織を構成するタンパク質や脂質、炭水化物、さらに は、DNA(核酸)の過酸化を防ぎ、体内代謝や情報伝達の健全性を維持する上で、極めて重要な役割を果たしています。

一方、茶カテキン、特にEGCGは、少なくとも試験管内のいろいろな実験で、ビタミンCを上回る強い抗酸化性があることがわかっています。

私達は、毎日、空気中の酸素を体内に取り入れ、食事由来の食品成分を酸化的に代謝して、 エネルギーに変えて生活していますが、精神的、肉体的に強いストレス(不安や恐怖、死別、 外界からの強い光や、放射線、様々な化学物質)を受けると、この酸素の一部は、活性酸素・ フリーラジカルとなり、いわゆる“酸化ストレス”を引き起こします。そして、がんや循環器 系の疾患、呼吸器系、消化器系の疾患など、多くの病気の原因となります。この生体内で生じ る活性酸素・フリーラジカルとすばやく反応して、無害にするのが、実はビタミンCや茶カテキンです。

お茶、あるいは茶カテキン1ヶ月連続して摂取した人の体内でのDNA(核酸)の酸化生 成物8-OHdG(8-ヒドロキシデオキシグアノシン、突然変異やがんに関連するバイオマーカー) が、それらを摂取する前の尿や血中の値に 比べて低いことが証明されています。

また、 血中LDL(いわゆる悪玉コレステロール) の酸化(動脈硬化の発症に深く関連するバ イオマーカー)に及ぼす緑茶抽出物の効果を調べた研究では、緑茶抽出物300mgを 1日2回、朝食および夕食前に1週間摂取 した22名のボランテアの血中LDLの抗酸 化性は、緑茶抽出物を摂取しなかった場合 に比べて増加していることが明らかになっ ています

以上の他に、お茶にはリラックス作用があるといわれるテアニンが入っています。 “抗ストレス飲料”としてのお茶を常日頃から飲むことにより、生活習慣病の発生や老化を 防ぎ、身心ともに健康な状態が維持できるものと思われます。

greentea stress reduce

放射線による害を防ぐ

近年、放射線の生体への影響が大きな問題となっています。放射線はα線、γ線、X線など に分類され、これらによって体の中の水が分解されて、不安定なヒドロキシラジカルなどの活性酸素種(ラジカル種)ができます。これらのラジカル種は体の構成成分である核酸、タンパ ク質、脂質などと反応して、さまざまな障害を引き起こし、場合に よっては発がんにもつながるといわれています。したがって、放射 線被爆による様々な影響を減らすことは、健康的な生活を営む上で重要です。

これまでに、緑茶抽出液に放射線防護効果があることが報告されています。茶カテキンなどの緑茶に含まれる成分が、ラジ カル種を消去し、さまざまな障害を取り除きます。

実際に、マウスにγ線を照射し、それによって引き起こされる染色体異常に対する緑茶抽出液の効果を調べた結果、緑茶抽出液は染色体異常を減らすことがわかりました

また、この作用には緑茶およびカテキンなどの抗酸化力(ラジカル種消去作用)が寄与していることもわかりました。

緑茶は日本人が日常的に摂取している飲料であり、継続的に放射線の影響を受けた場合 でも、その防護効果が大いに期待できます。

greentea radiation2
greentea radiation1

食中毒や虫歯予防

食中毒予防の切り札

細菌性食中毒は食中毒の約5割を占め、毎年1万人前後が発症しています。

原因菌としては カンピロバクターサルモネラ黄色ブドウ球菌腸炎ビブリオ腸管出血性大腸菌O‒157 などが主なものです。

細菌性食中毒は2つのタイプに分かれ、カンピロバクターサルモネラ腸炎ビブリオは感染型で、黄色ブドウ球菌O‒157は毒素型です。

黄色ブドウ球菌は、食べ物内で増殖して腸管毒を作り出します。この毒素を食べ物といっしょに摂取することで食中毒 が起こります。O‒157は食べ物といっしょに摂取された後、腸管内で増殖する時に、べロ毒素を作り出して食中毒を引き起こします。  お茶に含まれるカテキンが殺菌作用と抗毒素(解毒)作用をもつことは実証されています。 茶カテキンは、多くの病原菌の細胞膜や細胞壁を破壊し、抗生物質と同じような作用で殺菌し ます。また、茶カテキンは、病原菌が作り出す多くの毒素に瞬時に結合して毒素の力を失わせ、 抗毒素抗体と似た作用で解毒します。茶カテキンの殺菌作用と抗毒素作用は、日常飲んでいる お茶に含まれるカテキン量で充分に発揮されます。茶カテキンのなかではエピガロカテキンガ レート(EGCG)がこの作用の主な担い手です。茶カテキンは、細菌性食中毒原因菌のほとん どを数時間から24時間以内に殺菌することができます。O‒157の場合、1万個の細菌が、日 常飲んでいる濃度のお茶1mlで3時間から5時間のうちに完全に殺菌されます(下図)。ごく 少量の茶カテキンが腸管毒やべロ毒素を解毒することは、試験管内の実験だけでなくマウスを 使った感染実験でも実証されています。  茶カテキンは酸に強い性質をもち、また体内に摂取された茶カテキンは大腸まで到達します。 それゆえに、食事中や食後に飲むお茶は、胃や腸管の中で食中毒原因菌や毒素に対して殺菌作 用および抗毒素作用を発揮して、食中毒を予防できるのです。カテキンを多く含む一煎目のお 茶がお勧めです。この食中毒予防効果は、カテキンを含む緑茶のみならず、ウーロン茶や紅茶 (茶カテキンと同じような効果をもつテアフラビンを含んでいる)にも期待できます。緑茶が 渋くていやだという子供には砂 糖入りの紅茶を飲ませるとよい でしょう。ただし、テアフラビ ンがミルク中のタンパク質と結 合し、殺菌作用や抗毒素作用が 失われることになるので、ミル クティーは避けましょう。緑茶 の場合も、食中毒の予防のため には、牛乳と一緒に飲まない方 が賢明でしょう。

greentea stress reduce 1

虫歯の予防、口腔内衛生の改善作用

普段からお茶を飲む日本人、食後にはお茶を口に含み、漱ぎ飲みします。すると、口の中が サッパリし、また食べ物の臭いなども消えてしまいます。さらに、虫歯や歯周病などの原因菌に対しても抗菌作用を発揮することが様々な研究でわかり、人でも確かめられてきました。

虫歯菌は、口の中で砂糖があると不溶性の粘着性グルカンを作り、これが他の微生物とともに歯に付着し歯垢を作ります。この歯垢の中で酸が作られ、この酸によって歯のエナメル質が溶け、虫歯になります。

茶カテキンは、虫歯菌に対して抗菌性を示し、またグルカンを作る酵素(グルコシルトランスフェラーゼ)の働きを抑え、虫歯菌が歯に付着することを抑えます。このような茶カテキンの色々な作用で虫歯を予防改善することがわかってきました。また動物実験では、甘いお菓子(キャラメル、チョコレートやキャンディなど)に茶カテキンを配合す ると、虫歯になりにくいこともわかっています。

こうした茶カテキンの効果を活かして、様々なお菓子や歯磨き、赤ちゃん用のウエットティッシュなどが開発されています。

一方、歯周病も虫歯と並んで歯を失う口の病気で、中高年層にとって、その予防治療は老後の健全な食生活に重要です。歯周病は、歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯垢が溜まり、細菌が繁殖して歯周炎を起こし、歯槽骨が吸収されるとともに、歯茎が退行して、最後には歯が抜けてしまいます。

茶カテキンは、歯周病の原因菌に対して抗菌性をあらわし、歯槽骨の吸収に関係するコラゲナーゼなどの酵素活性を抑えます。

茶カテキンは試験管内実験や動物実験の場合と同様に、歯周炎患者においても効果を発揮して歯周病を改善することが確かめられています。

茶カテキンには、口臭を改善する効果もあります。口臭は、生理的や病的な口臭、飲食品や嗜好品からくる口臭があります。前者は、体の代謝や分泌物の質や量が原因となる場合や虫歯や歯槽膿漏などの口腔疾患による場合があります。後者は、喫煙、飲酒、ニンニクなどが原因 であったり、口の中に残った食べ物の粕が腐敗したり酸化したりして臭いを発する場合があり ます。茶カテキンは、直接臭いの成分と化学的に結合したり、虫歯菌や歯周病菌の繁殖を抑え たり、また油脂などの酸化を抑えることによって口臭を改善します。このような消臭効果を利用して、ガム、キャンディ、サプリメントなどに茶カテキンが使われています。

greentea Periodontal disease

「抹茶」と「緑茶」と「玉露」の栄養成分比較

「抹茶」に多く含まれる栄養成分

緑茶効能

100gあたり
エネルギー:324kcal
水分:5.0g
たんぱく質:29.6g
脂質:5.3g
炭水化物:39.5g
灰分:7.4g
ナトリウム:6mg
カリウム:2700mg
カルシウム:420mg
マグネシウム:230mg
リン:350mg
:17.0mg
亜鉛:6.3mg
:0.60mg
マンガン: mg
ヨウ素: 
セレン: 
クロム: 
モリブデン: 
βカロチン:29000
レチノール:2400
ビタミンE:28.1mg
ビタミンK:2900
ビタミンB1:0.60mg
ビタミンB2:1.35mg
ナイアシン:4.0mg
ナイアシン当量:12.0mg
ビタミンB6:0.96mg
葉酸:1200
パントテン酸:3.70mg
ビオチン:  
ビタミンC:60mg
飽和脂肪酸:0.68g
コレステロール: mg
食物繊維:38.5g
カフェイン:3.2g
タンニン:10.0g
「緑茶粉末」に多く含まれる栄養成分

緑茶粉末効能

100gあたり
エネルギー:331kcal
水分:2.8g
たんぱく質:24.5g
脂質:4.7g
炭水化物:47.7g
灰分;5.0g
ナトリウム:3mg
カリウム:2200mg
カルシウム:450mg
マグネシウム:200mg
リン:290mg
:20.0mg
亜鉛:3.2mg
:1.30mg
マンガン:55.00mg
ヨウ素:4
セレン:3
クロム:8
モリブデン:1
βカロチン:13000
レチノール:1100
ビタミンE:78.6mg
ビタミンK:1400
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:1.43mg
ナイアシン:4.1mg
ナイアシン当量:8.2mg
ビタミンB6:0.46mg
葉酸:1300
パントテン酸:3.10mg
ビオチン:51.6
ビタミンC:260mg
飽和脂肪酸:0.62g
コレステロール: mg
食物繊維:46.5g
カフェイン:2.3g
タンニン:13.0g
「緑茶」に多く含まれる栄養成分

緑茶効能

100gあたり
エネルギー:2kcal
水分:99.4g
たんぱく質:0.2g
脂質: g
炭水化物:0.2g
灰分;0.1g
ナトリウム:3mg
カリウム:27mg
カルシウム:3mg
マグネシウム:2mg
リン:2mg
:0.2mg
亜鉛: mg
:0.01mg
マンガン:0.31mg
ヨウ素: 
セレン: 
クロム: 
モリブデン: 
βカロチン: 
レチノール: 
ビタミンE: mg
ビタミンK: 
ビタミンB1: mg
ビタミンB2:0.05mg
ナイアシン:0.2mg
ナイアシン当量:0.2mg
ビタミンB6:0.01mg
葉酸:16
パントテン酸:0.01mg
ビオチン:0.8
ビタミンC:6mg
飽和脂肪酸: g
コレステロール: mg
食物繊維: g
カフェイン:0.02g
タンニン:0.07g
「粉末玉露」に多く含まれる栄養成分

粉末玉露効能

100gあたり
エネルギー:329kcal
水分:3.1g
たんぱく質:29.1g
脂質:4.1g
炭水化物:43.9g
灰分:6.3g
ナトリウム:11mg
カリウム:2800mg
カルシウム:390mg
マグネシウム:210mg
リン:410mg
:10.0mg
亜鉛:4.3mg
:0.84mg
マンガン:71.00mg
ヨウ素: 
セレン: 
クロム: 
モリブデン: 
βカロチン:21000
レチノール:1800
ビタミンE:18mg
ビタミンK:4000
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:1.16mg
ナイアシン:6.0mg
ナイアシン当量:10.9mg
ビタミンB6:0.69mg
葉酸:1000
パントテン酸:4.10mg
ビオチン: 
ビタミンC:110mg
飽和脂肪酸: g
コレステロール: mg
食物繊維:87.8g
カフェイン:3.5g
タンニン:10.0g
「玉露茶」に多く含まれる栄養成分

玉露茶効能

100gあたり
エネルギー:5kcal
水分:97.8g
たんぱく質:1.3g
脂質: g
炭水化物: g
灰分:0.5g
ナトリウム:2mg
カリウム:340mg
カルシウム:4mg
マグネシウム:15mg
リン:30mg
:0.2mg
亜鉛:0.3mg
:0.02mg
マンガン:4.60mg
ヨウ素: 
セレン: 
クロム: 
モリブデン: 
βカロチン: 
レチノール: 
ビタミンE: mg
ビタミンK: 
ビタミンB1:0.02mg
ビタミンB2:0.11mg
ナイアシン:0.6mg
ナイアシン当量:0.8mg
ビタミンB6:0.07mg
葉酸:150
パントテン酸:0.24mg
ビオチン: 
ビタミンC:19mg
飽和脂肪酸: g
コレステロール: mg
食物繊維: g
カフェイン:0.16g
タンニン:0.23g

上の表が示すように、緑茶の栄養成分はお湯出しや水出しで抽出すると栄養素がかなり軽減されてしまいます。緑茶の栄養成分をより多く体に摂取されたい場合は、粉末緑茶をお勧め致します。

お茶(緑茶)の成分の70%は水に溶けない?

三八 抹茶 粉末 緑茶 八女茶 yamecha matcha powder sanpachi

カテキン、カフェイン、ビタミンC、アミノ酸、ビタミンB、フラボノイドなどは、水に溶ける成分ですので、お湯でいつものようにお茶(緑茶)を飲んでも栄養分が体内に取り入れられます。しかし、実はお茶(緑茶)栄養成分の70%である、食物繊維やビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、クロロフィル、タンパク質が水に溶けない成分なのです!せっかく体にいいと思ってお茶(緑茶)を飲んでいても70%も大切な栄養素を捨ててしまっているということはとても残念なことですよね。お茶(緑茶)の栄養素を丸ごと摂取したかったら、粉末緑茶がお勧めです!

お茶(緑茶)の効能や効果

緑茶の効果効能

緑茶に含まれるカフェイン効果

緑茶にはタンニンも含まれている為、お茶カフェインの興奮作用は、コーヒーなどよりも弱くゆっくりと作用します。

・疲労軽減

・眠気軽減

・覚醒

・集中

・運動コントロールの向上

緑茶の効果効能

緑茶に含れるカテキン効果

カテキンタンニン)はお茶の“渋み”成分です。

・血圧上昇抑制作用

・血中コレステロール調節作用

・血糖値調節作用

・抗酸化作用

・老化抑制作用

・抗癌作用(食道がん、胃がん、大腸がん、直腸がん、すい臓がん、肺がん、前立腺癌、乳癌、膀胱がん)

・抗菌作用

・虫歯予防

・抗アレルギー作用

・体脂肪の蓄積を抑える

緑茶の効果効能

緑茶に含まれるテアニン効果

テアニンお茶の“うま味”成分です。テアニンは根で生成され、幹を経由して葉に蓄えられます。テアニンに日光があたるとカテキンに変化します。玉露に特に多く含まれています。

・リラックス効果

・抗ストレス効果

・睡眠の質の改善 (起床時の爽快感、熟眠感、疲労回復の改善)

・月経前症候群(PMS)の改善

・肉体や精神ストレスの軽減

・認知症予防

・気分の改善

抹茶 緑茶の効果 効能

緑茶に含まれるビタミン効果

緑茶には、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、が含まれていますが、中でも煎茶には、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは日光で生成されるため、日光をさえぎって生産する『玉露』『抹茶』『かぶせ茶』よりも『煎茶』に多くふくまれています。

・風邪予防

・アンチエイジング

・がん予防

・疲労回復

・生活習慣病の予防

・抗酸化作用

緑茶の効果効能

緑茶に含まれるサポニン効果

サポニンとはお茶葉に含まれる成分で、抹茶が泡立つように、“泡立つ”という特徴があります。茶葉苦味エグみがこのサポニンという成分のためで、抗菌・抗ウイルス作用があります。

・抗酸化作用

・免疫力向上

・肥満予防

・血流改善

・肝機能の向上

・痰や咳を抑える

・抗菌作用

・抗ウイルス作用

緑茶の効果効能

緑茶に含まれるフッ素効果

フッ素は色々な食品に含まれていますが、特に緑茶茶葉に多く含まれています。

・虫歯予防

緑茶の効果効能

緑茶に含まれるアミノ酸効果

アミノ酸お茶旨味成分です。お茶に含まれるアミノ酸の半分以上がテアニンですが、テアニンの他にも、グルタミン酸アスパラギン酸アルギニンというアミノ酸が含まれています。

・肝機能の保護

・疲労回復

・利尿作用

緑茶の効果効能

緑茶に含まれるミネラル効果

緑茶にはミネラルナトリウムカリウムカルシウムマグネシウムリンマンガン)が含まれています。特に玉露抹茶、に多く含まれます。

・神経や筋肉の機能改善

・骨や歯の形成促進

・精神安定

・動脈硬化予防

・老化防止

緑茶の効果効能

緑茶に含まれるカロチン効果

緑茶茶葉には、人参などで知られている抗酸化作用があるβ-カロチンが含まれています。β-カロチンはお湯に溶けにくいので、抹茶粉末緑茶としてお茶の葉を食べると多く摂取できます。

・抗酸化作用

・アンチエイジング

・がん予防

・免疫力強化

・視力の維持

・生活習慣病予防

緑茶の効果効能

緑茶に含まれる食物繊維効果

緑茶茶葉には、食物繊維が含まれています。お茶食物繊維はお湯に溶けにくいので、抹茶粉末緑茶としてお茶の葉を食べると多く摂取できます。

・糖尿病の予防

・コレステロールの吸収抑制作用

・整腸作用

・糖尿病予防

・がん予防

・血糖値上昇抑制作用

緑茶の効果効能

緑茶に含まれるクロロフィル効果

緑茶茶葉には、クロロフィルという成分がが含まれているので緑色をしています。

・消臭効果

・デトックス効果

・便秘解消

・貧血の改善

・口臭や体臭予防

・抗菌、抗酸化作用

211年 栄西禅師が著書『喫茶養生記』で「お茶は万病の薬」と書いているようにお茶は体にいい天然の栄養成分が豊富です。ペットボトルや缶のお茶もいいですが、なるべく添加物の入っていないお茶(緑茶)を毎日飲むことがお勧めです。

「薬」だった「お茶(緑茶)」を毎日のみたい理由

緑茶 効能 効果

一杯のお茶(緑茶)には、数多くの自然の保健成分が含まれており、しかもこれらが混ざり合って、独特の香味を作り出しています。お茶(緑茶)を毎日美味しく頂いている中に、お茶(緑茶)の中のさまざまな成分が知らず知らず、体調を整え、健康を保つために役立っています。

緑茶 効能 効果2

お茶(緑茶)に含まれる茶カテキンは、細菌の増殖を抑え、毒素を無毒化する抗菌作用があります。お茶(緑茶)は、コレラ菌、腸炎ビブリオ菌、赤痢菌などに対し、強力な殺菌作用があることが分かり、最近では病原性大腸菌O-157を殺すことが発見されました。

緑茶 効能 効果3

ビタミンCは、外から補給するしかありませんお茶(緑茶)ビタミンCは、熱にも壊れずに保存にも強い特性があります。美容の点からも、肌の弾力性・水分の減少を防ぎ肌の色を黒くするメラニン色素生成の抑制効果があると言われ、またいろんな病気の予防や治癒効果があることも発表されています。

緑茶 効能 効果4

お茶(緑茶)の中のカフェインアミノ酸により、穏やかに作用し、記憶力や判断力の増強に役立つことが実験で証明されています。また、運動能力を高め、精神に安らぎを与えることも分かっています。スポーツに、車の運転に、勉強に一服のお茶(緑茶)は欠かせない飲み物です。

緑茶 効能 効果5

お茶(緑茶)は身体の酸化を防ぐのに適した多くのミネラル分を豊富に含んだアル カリ度の高い飲物です。一杯のお茶(緑茶)の中には健康上有益な作用をもつ諸成分が、コンパクトに含有されていることは驚きです。お茶(緑茶)はノンカロリー食品。 いつでも好きなだけ飲め、太る心配もありません。大いにご愛飲ください。

緑茶 効能 効果6

体内にできる過酸化脂質を抑え、老化を防ぐとして、話題になっていま す。ビタミンEの効果をはるかにしのぐ(発表データでは約20)ことがお茶にあると研究で明らかになりました。また、動物実験によると、動脈 硬化・脳卒中を防ぐ抗酸化作用があることも学会で発表されています。

緑茶 効能 効果7

「お茶を毎日コップ一杯飲むだけで、子供たちの虫歯は半減するだろう。」と提言されました。虫歯の主要原因である口腔内細菌に対して、お茶 の中に著しい増殖阻止効果を示す成分が存在することが発表されました。 また、口臭を消す効果のあることが知られ、ガムなどに利用されています。

緑茶 効能 効果8

お茶の中に含まれるタンニンやサポニンには、ガンの誘発を抑える作用があることが、国立遺伝学研究所等の研究で証明されて います。お茶の産地では胃がんの死亡率が低いことも知られてい ます。

「お茶(緑茶)」でインフルエンザ予防

近年のお茶(緑茶)の栄養成分で注目を浴びているお茶(緑茶)の効果と言えば、風邪・インフルエンザ予防効果です。世界を動揺させる新型肺炎コロナウィルスなどいつ新しい病気が日本だけでなく世界で蔓延するか予測不可能な世の中です。自分の身は自分で守れるように免疫力を強化しておきたいものです。私たち日本人にとって身近なお茶(緑茶)にこんなに最強な天然栄養成分が含まれているのですから、日本茶(緑茶)をもう一度見直し、毎日健康維持にお茶(緑茶)を飲む習慣をつけましょう。

お茶(緑茶)のインフルエンザに対する効果参考リンク

八女の新茶インフルエンザ予防にお茶(緑茶)が有効
八女の新茶お茶(緑茶)の新型インフルエンザウィルス感染抑制効果
八女の新茶【緑茶うがい】緑茶でインフルエンザは予防できるのか?科学的根拠は?
八女の新茶緑茶成分によるインフルエンザ予防
八女の新茶最新のお茶の効能とインフルエンザ予防
八女の新茶インフルエンザをお茶(緑茶)で予防
八女の新茶お茶(緑茶)でインフルエンザ予防
八女の新茶お茶(緑茶)を飲むとインフルエンザの予防効果!新型にも効くというその理由を聞いた

海外でも注目を集める緑茶の効能・効果記事

抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエットThe Health Benefits of Green Tea / 緑茶の健康への効果
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエットWhat Are The Health Benefits of Green Tea? / 緑茶の健康への効果は何ですか?
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエット11 Benefits of Green Tea You Haven’t Heard Before./ あなたが今まで知らなかった11の緑茶の効果
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエットHealth Benefits of Green Tea / 緑茶の健康への効果
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエットGreen Tea Health Effects / 緑茶の健康効果
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエットHealth Benefits of Matcha Tea / 抹茶の健康効果
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエット11 Health Benefits of Green Tea / 11の緑茶の健康効果
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエットIs Green Tea a Fad or A Real Health Boost? / 緑茶はただの流行ですかそれとも本当に健康にいいのですか。
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエットGreen Tea Effects and Side Effects / 緑茶の効果と副作用
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエット7 Health Benefits of Green Tea and How to Drink It / 7つの緑茶の健康への効果と飲み方
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエット11Surprising Health Benefits of Green Tea / 11の驚くべき緑茶の健康効果
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエット5 Health Benefits of Green Tea: From Losing Weight To Improving Your Memory / 緑茶の5つの健康効果
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエット20 Benefits of Green Tea That You Should Definitely Know / 知っておくべき緑茶の20の効果
抹茶 青汁 緑茶 三八 さんぱち 九州産 八女産 サプリメント ダイエットTop 7 Benefits of Green Tea: The No.1 Anti-Aging Beverage / 7つの緑茶効果 : 老化防止ドリンク

カテキン・テアニンについての論文まとめ

もっと詳しくお茶(緑茶)の成分 カテキン・テアニン についてお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


カテキン・テアニン 論文まとめ

Choose your Delivery Location
Enter your address and we will specify the offer for your area.