抗アレルギー(花粉症抑制)

カテキンの抗アレルギー作用(花粉症抑制)

抗アレルギー作用(花粉症抑制)メカニズム

花粉症などアレルギーに効

アレルギーは、粘膜にあるマスト細胞や血液にある好塩基球上にIgEという免疫グロブリンとアレルゲンが結合してヒスタミンが放出されることによって始まる過剰な免疫反応です。

メチル化カテキンは、マスト細胞や好塩基球でのヒスタミン放出を強く抑えることによって抗アレルギー作用を発揮することがわかっています。

カテキンがアレルギー性鼻炎の炎症を軽減

NF-κB/胸腺間質性リンホポイエチンシグナル伝達経路に対して、カテキンはアレルギー性鼻炎の炎症を軽減します

研究結果:75、150、または300 mg / kgの用量のカテキンが、くしゃみや鼻こすりなどのアレルギー性鼻炎のマウスのアレルギー症状を緩和したことを明らかにしています。

カテキンは、血清中のインターロイキン-5、インターロイキン-13、およびオバルブミン特異的免疫グロブリン-Eのレベルを低下させ、Tヘルパー2型/ Tヘルパー1型細胞のバランスを回復させ、抗胸腺間質性リンホポイエチン効果ももたらしました。

さらに、TSLPの上流調節因子として、NF-κBシグナル経路もカテキン処理後に抑制されました。

これは、ホスホ-NF-κBp65およびNF-κBp65レベルの観察された減少とIκBα分解およびNF-κBp65の減少によって示されました。

結論:カテキンはアレルギー性鼻炎の炎症を効果的に軽減しました。

根本的なメカニズムは、カテキンがNF-κB/TSLP経路に影響を与えることによって上皮細胞におけるTSLPの発現を阻害したことです。

粉末緑茶「三八」は緑茶成分(カテキンとテアニン)を余さずに体に取り入れることができます。

一番甜茶(最高品質の抹茶)だから緑茶成分の含有量もダントツ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。