Global Shipping Available - We do Ship Internationally.

お茶/緑茶 カテキンとテアニンの効果/効能まとめ一覧

カテキン,テアニン 効果効能一覧

(随時更新中・現在解説筆記中)

はじめに

当記事は、お茶成分に関する数百以上の論文からまとめた「緑茶成分(茶カテキン,テアニン)について世界一詳しい記事」といっても過言でないボリュームの情報量から筆記されたものです。

専門家によるお茶の主要成分「茶カテキン」と「テアニン」の研究論文(総まとめ)国内・海外

カテキンテアニン 効果効能 メカニズム
https://mukohmatcha.com/wp-content/uploads/2022/07/お茶緑茶成分-カテキンテアニン-効果効能-メカニズム.pdf

お茶(緑茶)から期待できる「お茶成分の効果/効能、健康作用」について徹底解説!

近年、お茶が「万能薬」といわれてきた所以が、専門家たちの研究によって明らかになっています。

新型コロナウイルス(2019)以降のリアルタイム、最新の研究結果も満載!

緑茶成分

様々な身体組織に分布し、それぞれに有益な作用をもたらします。

細胞、生体、臨床、統計などなど

あらゆる「研究・実験」方法にて有益な効果が認められています。

試験管内(インビトロ)による研究結果、生体(インビボ)による実験結果、臨床(患者)による確認結果、統計(茶生産地/日常的な緑茶飲用者の発症率の低さ・健康体率・平均寿命の長さ)による調査結果に基づいた「緑茶の効果/効能」をまとめて解説!

5大病の予防/治療に有益な「緑茶」

健康を脅かす大病に対して、効果的な作用を大量に含んでいる。

身近でおそろしの「感染病」、社会問題になっている「精神病」、日本人の死因上位である3大疾病「がん、心疾患、脳血管疾患」etc…

緑茶には、それらの”5大疾病に対して「予防/治療」作用があることが最新の研究で示唆されています。

緑茶に含まれる栄養成分紹介

緑茶の主要成分はカテキン、テアニンの二本柱です。

その効力の高さから、様々な研究・実験の論文が発表されており、とても魅力的な情報がいっぱい!

本記事では、そんな茶カテキン/テアニンの「効果・効能」をわかりやすく徹底解説していきます。

緑茶から期待できる「緑茶成分の効果/効能、健康作用」について

お茶の主要成分カテキンとテアニン

この2つは緑茶特有の成分でもあり、両成分には下記一覧の効能があるという研究結果が出ています。

緑茶カテキン・テアニンが持つ効果・効能一覧

カテキン 効果効能一覧
https://mukohmatcha.com/wp-content/uploads/2022/07/カテキン-効果効能一覧-1.pdf
テアニン 効果効能一覧
https://mukohmatcha.com/wp-content/uploads/2022/07/テアニン-効果効能一覧-1.pdf

緑茶成分(カテキン、テアニン)効果・効能

一覧/目次

・抗がん(あらゆる抗がん作用を持っている「がん予防”発がん予防”、腫瘍進行抑制”抗血管新生”、癌転移を減らす」)

・抗酸化(細胞の老化予防)

・抗炎症(関節の抗炎症”抗関節リウマチ”、抗自己免疫疾患、歯髄炎の抗炎症、目の抗炎症)

・感染症予防(コロナ予防、インフルエンザ予防、エイズ予防、風邪予防、免疫調節活性)

・抗アレルギー作用(花粉症抑制)

・抗菌/食中毒予防

・消臭効果

・骨量減少予防(骨の健康の役に立つ、骨の劣化を軽減”骨量の減少を防ぎ、骨折のリスクを減らす”、骨密度の強化”骨の質を改善”)

・虫歯予防(歯周病予防)、歯周病改善、歯髄炎改善、歯髄の治療/抗炎症)

・血管機能改善(内皮機能改善、血管拡張作用、高血圧抑制)

・メタボリックシンドローム予防、治療(抗肥満”体脂肪蓄積抑制”、抗糖尿病、血糖上昇抑制、血圧抑制)

・内臓保護(肝疾患予防と治療、腸の保護、肝臓と腎臓の保護)

・脳の老化予防(脳萎縮を改善、神経保護作用”神経変性疾患予防”、アルツハイマー予防、パーキンソン予防、ハンチントン予防、認知症予防“認知機能への好影響/抗認知障害/記憶障害を防ぐ”)

・脳梗塞の予防

・抗ストレス(寿命の短縮、認知機能障害、行動抑制を改善)

・抗うつ

・精神的保護(メンタルヘルス・心の健康)抗統合失調症、精神向上“パーキンソン予防”、集中作用、運動能力向上、リラックス作用、抗不安障害、抗睡眠障害、抗けいれん

・代謝調節

・心臓血管保護(心血管疾患予防)

・免疫調節

・泌尿生殖器

それぞれの効果・効能の研究論文をご紹介していきます。

あらゆる病気に効果的な理由

身体が弱る原因(大病にかかりやすくなる状態)

ほとんどの病気の原因は、

「老化」「血液/血管の悪化」「脳に溜まるゴミ」

この三つの要素が大半を占めます。

ゆえに、それらを防ぐことで病気のリスクを大幅に減らせます。

そして緑茶特有の成分が有す効果/効能には、

強力な「老化防止(強力なアンチエイジング)」と「血液/血管の改善」と「脳のゴミ除去」作用があり、

大半の病気の予防につながっているのです。

・老化を防ぐ(アンチエイジング)

老化の原因である”細胞の損傷を防ぐ”

「酸化」「炎症」「ウイルス感染」が原因で、細胞が損傷して身体は老化してしまいます。

そんな”細胞の損傷の原因”に対し、「抗酸化」「抗炎症」「抗ウイルス感染」の作用で”細胞を守り”老化を防いでくれます。

・血液/血管を改善

健康の中心的存在「血液/血管」に複数のメカニズムで有益な効果をもたらします。

血液/血管の悪化とは?

主に”動脈硬化”、”血糖値上昇”、”血圧上昇”といった状態が挙げられます。

緑茶特有の成分は、それらすべてを抑制する作用があります。

・脳に溜まるゴミを除去

「老化防止」と「血液と血管の健康」と「脳の老化予防」

血液となり、体中を駆け巡って血液脳関門さえも通過し、細胞/内臓/脳の健康状態を改善していってくれます。

病気の主要な原因に対して、身体をケアしてくれるから

こんなにも「多くの大病に対する予防/治療」効果を示しているのです。

・抗酸化作用(細胞の老化予防)

酸化ストレスの原因、抗酸化力の種類(酸化ストレス発現抑制、酸化からの保護、抗酸化防御機構の強化)

抗酸化作用の重要性

”酸化ストレス”は・老化・癌化・動脈硬化・神経変性疾患 等々に関連しており、

その酸化ストレスを防ぐ「抗酸化作用」はあらゆる大病の原因を排除することにつながります。

抗酸化力が必要な理由
それは老化予防に直結します。

はじめに「酸化ストレス」とは?

地球上には酸素があったので、私たちのような”好気性生物”はその酸素をエネルギーとして利用するように進化しました。

しかし、酸素からなる活性酸素には毒性もあり、これが酸化ストレス(老化の原因)を引き起こしてしまうのです。

そんな中、生体内の活性酸素を排除する抗酸化防御機構(アンチオキシダント)が備わっていることで、

活性酸素の産生を抑制、活性酸素によるダメージを軽減、修復し、再生を促しながら、生体(細胞)を守ることで生きています。

*活性酸素の中には酸化ストレスを与えるという毒性があるものの、身体にとって有益な役割もあります。ですので、活性酸素が及ぼす悪影響な部分である「酸化ストレスを防ぐため」、抗酸化力を高めることが重要なのです。

そこで、頼りになる緑茶成分

茶カテキンとテアニンは、活性酸素に直接作用し、あるいは防御機能を強化することで間接的にも身体(細胞)を保護

茶カテキンとテアニンは、酸素の毒性(過剰な活性酸素)に対し、

直接的/または生体の抗酸化防御機構(アンチオキシダント)を強化する作用があります。

カテキンとテアニンの抗酸化作用メカニズム
https://mukohmatcha.com/wp-content/uploads/2022/08/カテキンとテアニンの抗酸化作用メカニズム.pdf

ーカテキンとテアニンの抗酸化を解説ー

酸化ストレスに対して、直接的にも間接的にも機能

  1. 予防(酸化ストレスの原因が生まれないようにすることで、予防効果を発揮する)

  2. 抑制(体内にある酸化ストレスを引き起こす悪因に直接機能し、酸化ストレスを抑制)

  3. 治療(身体を酸化させる原因を排除)

  4. 保護(活性酸素による分解から身体を保護)

  5. 耐性(身体の総抗酸化力を高める)

身体の酸化(老化)に対して、直接的にも、間接的にも作用してくれます。

予防となり、抑制となり、治療となり、保護となり、耐性を強めてくれるのです。

1.予防

酸化ストレスの原因が生まれないようにすることで、予防効果を発揮する

有害な活性酸素種の生成を防ぎ、酸化ストレスを未然に防ぐ。

緑茶を摂取した運動が活性酸素種の生成を防ぎ、

スポーツパフォーマンスを向上させる

活性酸素腫(ROS)の合成を減らす

金属イオン(体内の酸素分子の運搬、移動、貯蔵など、金属イオンが生体信号の伝達や酸化還元などの化学反応に寄与している生体金属)とキレート(体内金属と結合し、酸化還元反応の触媒として作用するのを防ぐ。あるいは金属を輸送し、体から排泄できるようにする)

iNOSの発現を阻害することにより、脂質過酸化、酸化ストレス、および一酸化窒素(NO)ラジカルの生成を減少させる

2.抑制

体内にある酸化ストレスを引き起こす悪因に直接機能し、酸化ストレスを抑制する

活性酸素/窒素種を除去するなど、酸化ストレスの原因に対する直接的な機能

活性酸素種からのダメージを抑制

酸化ストレスを弱める

活性酸素に直接作用し、酸化ストレスを弱める。

膀胱細胞に対する抗酸化作用

過酸化脂質と一酸化窒素(NO)のレベルが低下

歯磨き粉に緑茶カテキンを補給すると、歯肉の酸化ストレスや歯周炎を抑える

活性酸素に直接作用し、酸化ストレスによる酸化損傷を抑制(直接的な抗酸化剤として機能 活性酸素/窒素種を除去することにより、直接的な抗酸化剤として機能(遷移金属のキレート化; 脂質、タンパク質、およびDNAの酸化を抑制)

活性酸素種と活性窒素種を中和するという強力な特性を示します。

3.治療

身体を酸化させる原因を排除

活性酸素種の効果的なスカベンジャー(体内の不要物質や毒性物質を処理する器官・細胞・物質)であり、転写因子と酵素活性への影響を通じて、抗酸化剤として間接的にも機能する。血漿抗酸化能の適度な一時的な増加が実証。酸化DNA損傷に対する効果が非常に有望。

ミクロソーム(細胞が破壊されると小胞体から形成される粒子)過酸化に対する優れた抗酸化

「酸化促進」酵素を抑制し、内因性抗酸化物質を誘発し、ビタミンと協力することによって直接作用

活性化された肝星細胞の成長を阻害

4.保護

活性酸素による分解から身体を保護

酸化ストレスから細胞膜を保護し、細胞の損傷を防ぐ

重要な栄養素を活性酸素による分解から保護。

酸化ストレスから身体を保護。

エタノールが誘発する細胞膜の脂質過酸化を無効にする

酸化ストレスと細胞浸潤性に対して有益な効果

身体を守ってくれている重要な体内酵素(SOD)の抗酸化活動が弱まってしまうのを防ぐ

DNA損傷とLDLの酸化を阻害することによって細胞損傷を保護

5.耐性

身体の総抗酸化力を高める。

酸化的損傷を弱める酵素を活性、増強することで身体の総抗酸化力を底上げする。

総抗酸化状態を高め、運動による酸化ストレスを軽減します。(運動によって誘発される酸化ストレスから細胞を保護するのに効果的)

抗酸化関連酵素の発現と活性の調節に関連

線条体の抗酸化能力が向上

腸管毒素原性大腸菌(ETEC)のSOD(活性酸素を除去する力を持つ酵素)とGpx1(過酸化水素を水に還元するほか、

過酸化脂質(LOOH)を還元する機能を持つタンパク質)の増加を通じて抗酸化作用を示す

抗炎症作用の必要性とは?

”炎症”はケガやウイルスといった非常時には必要な活動ですが、

自己免疫疾患などの「慢性的な炎症(体のエラー)」は、体に大きな損害を生みます。

そんな慢性炎症を防ぐことで身体への負荷を大幅に軽減させられます。

緑茶成分(カテキン/テアニン)は強力な抗炎症作用を持ち、炎症関連のあらゆる合併症の抑制にも効果的です。

カテキンとテアニンの抗炎症作用一覧

・慢性炎症疾患の予防と治療

・炎症を弱める

・免疫調節

・抗自己免疫疾患

・炎症性脳疾患の新しい治療手段としての可能性、脳脊髄炎における神経保護

・抗関節炎症、抗関節リウマチ、抗変形性関節症

・内臓の炎症を緩和

リポ多糖誘発性炎症性肝障害を予防

・目の抗炎症(眼球保護)

・抗歯髄炎

・生活習慣病予防

・血液/血管の健康、血糖上昇抑制、血圧抑制

・メタボリックシンドローム症候群の予防と治療、ダイエットの味方、健康体型促進

・抗肥満、脂肪肝疾患を抑制(有益な体重調節、体重増加、体脂肪率、および内臓脂肪重量が減少)

・抗糖尿病

作用メカニズム

生活習慣病予防

おもな生活習慣病一覧

がん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性腎不全

血液と血管の健康(内皮機能改善)

・血液状態を改善し、血管への負荷を軽減。

高血圧を抑制

高脂肪食による余分なコレステロールの吸収を防ぎ、高血圧を抑制することで血管にかかる負荷を軽減。

さらに、動脈硬化や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、脳卒中などの予防につながります。

高血糖を抑制

血糖(グルコース)代謝を改善し、高血糖を抑制することで、・糖尿病・心筋梗塞・肝硬変のリスクが軽減されます。

・血管を拡張し、血行を改善することで動脈血栓を予防

血管を拡張し、血行を良くする。

血管が狭まったり詰まったりすることで起きる動脈血栓症(脳梗塞、心筋梗塞、抹消動脈血栓症)などの予防につながります。

メタボリックシンドロームの予防と治療

・メタボリックシンドロームの原因と症状すべてを改善

メタボリックシンドローム症候群の診断基準として挙げられる・内皮機能障害・インスリン感受性障害・高血糖・脂質異常症・腹部肥満・高血圧

これらメタボリックシンドローム症候群の症状すべてに対し、茶カテキンは改善作用を持っています。

抗糖尿病

糖尿病の原因やその症状に対する有益な効果

・糖尿病の予防と治療

糖尿病にならないような身体作りに貢献(健康体促進)

肥満関連遺伝子を調節し体重減少に貢献。

副作用なく余分な脂肪の蓄積を防ぐ。

・耐糖能を改善し、血糖値の上昇を抑制

インスリン抵抗性を改善し、血糖の増加を抑制。

血糖値の上昇を抑えることで、心臓病の予防にも貢献。

・抗がん(あらゆる抗がん作用を持っている「がん予防”発がん予防”、腫瘍進行抑制”抗血管新生”、癌転移を減らす」)

「癌」とは?

癌は人間の健康と生存を著しく損ないます。

日本人の死因の中の第1位であり、約3割以上を占めている。

がんのメカニズム

がんは主に3つの段階があります。

がんの発生(発がん)、成長(悪化)、進行(転移)と続きます。

発症(発癌)

酸化ストレスの増加、病原体感染、炎症などの多くの摂動は、DNA変異の蓄積を促進し、最終的に発がんを引き起こします。

・細胞が傷つくと癌化しやすくなってしまう。

悪化(癌の成長)

血管新生が行われて、がん細胞の栄養源を作られたり、

がん細胞のクローンが作られてしまい増殖していく。

・がん細胞用の環境が作られて成長していく

転移(癌の進行)

浸潤し、リンパ節や臓器など、体のあらゆる部位に転移。

・他の部位にも転移して新たな繁殖地が作られる

これら「がんの発症・成長・進行」に対して、

緑茶成分は予防、治療の作用を有していることが研究により明らかになっています。

緑茶成分の抗がん作用について詳しく解説!

第一段階(G0/G1期・ステージ1)、第二段階(G2期・ステージ2)、第三段階(G3期・ステージ3)、第四段階(G4期・ステージ4)

緑茶は「癌の発生と悪化と進行」全段階に対する効能があります。

抗がん作用が確認された癌の種類

  • 皮膚
  • 口腔
  • 食道
  • 十二指腸
  • 肝臓
  • 膵臓
  • 小腸
  • 結腸
  • 膀胱
  • 前立腺
  • 乳腺

緑茶成分(カテキンとテアニン)は、上記の部位で腫瘍形成を阻害。

緑茶が持つ抗がん作用メカニズム(一覧)

  1. 予防(細胞保護、発がん予防、腫瘍形成防止、細胞の癌化防止)

  2. 抑制(腫瘍の成長、癌の増殖、転移を防ぐ)

  3. 治療(腫瘍抑制因子を増強、がん細胞に関与する多くの酵素を阻害、癌細胞を除去、抗がん剤の副作用を軽減、医薬品/化学療法との相乗効果)

  4. 予後改善(予後不良を改善、再発防止)

上記のように「がんに対して、直接的にも間接的にも機能」

発がんのきっかけ、がんの原因、がん細胞、悪化、再発のすべてに対する効能があります。

1. 予防(第一段階・G0/G1期)

発がん予防、腫瘍形成防止、細胞の癌化防止、細胞が癌化しやすくなるのを未然に防ぐ

緑茶による、抗発がん

まずはがんの予防、すなわち「発がん/腫瘍形成」を防ぎます。

抗酸化作用、抗炎症作用、抗変異原作用、抗発癌作用、抗菌作用によって発がんを予防する。

発がんの原因は主に細胞の損傷です。

細胞が損傷すると発がん(腫瘍形成)しやすくなってしまいます。

そんな細胞の損傷はさまざまな理由で起きてしまいますが、緑茶はそれらに対する効能があります。

細胞の損傷は、酸化、炎症、感染病などにより引き起こされますが、

緑茶成分は・抗酸化・抗炎症・抗菌・抗感染症(抗ウイルス)等、とても強い保護効果を持っています。

緑茶成分(カテキンとテアニン)があらかじめ細胞を保護してくれる

・細胞の損傷を抑えることで、発がん率を下げる

2. 進行阻害(第二段階・G2期)

転移防止、癌の増殖阻害、リンパ管新生防止、血管新生阻害、癌の進行を遅らせる、腫瘍の発達を阻害、悪化防止。

・腫瘍の成長、癌の増殖、転移を防ぐ

(がん細胞の成長抑制)がんの栄養源を断ち、がんの成長を阻止

癌は成長するために血管を新生し、自らの栄養源を作り上げます。

そうして新生された血管は癌細胞用の栄養源となります。

カテキンは、そんな癌細胞が栄養源を作るのを阻止する効能があります。

・癌細胞の栄養源を生み出させないことで、癌の成長や増殖を抑制する。

(がん細胞の増殖を抑制)腫瘍増殖を抑制

カテキン(EGCG)による治療は、腫瘍増殖(58%)、微小血管密度(30%)、腫瘍細胞増殖(27%)を抑制し、 対照条件と比較して腫瘍細胞アポトーシス(1.9倍)および内皮細胞アポトーシス(3倍)を増加

発達、増殖、転移、移動、遊走、浸潤

癌細胞は自身のクローンを作り、増殖して肥大化していきます。

がん細胞が増殖するための指令(シグナル伝達)を調節・阻害して、がん細胞が増えるのを阻止。

・癌細胞の増殖を阻害し悪化を防止

3.治療

がん細胞の生存を阻害するさまざまなメカニズム

がん細胞の除去、腫瘍細胞の増殖生存に関与する多くのタンパク質を阻害、腫瘍抑制因子を増強、医薬品/化学療法との相乗効果、抗がん剤の副作用を軽減

腫瘍細胞の増殖と生存に関与する多くの栄養素を阻害

腫瘍細胞の増殖と生存に関連する多くのタンパク質を阻害。

腫瘍関連プロテインキナーゼの活性を阻害

DNAの複製と変換を調節するいくつかの癌関連タンパク質を阻害

・がん細胞の活性、増殖、生存に関連する栄養素を阻害

腫瘍抑制因子の発現を増強

腫瘍抑制因子(Smad2)のmRNAおよびタンパク質発現の増加。

・腫瘍を抑制する因子の発現と増強に関わりサポートする

がん細胞の死滅させる(アポトーシスを増加)

がん細胞の生命管理(ミトコンドリア)経路を介して、がん細胞の死滅するよう(アポトーシス)誘導する。

・がん細胞(腫瘍細胞)のアポトーシスを誘導

医療用医薬品と比較しても優れていた抗がん作用

実験は、茶カテキン(EGCG)がMMC(抗がん医療用医薬品)よりもわずかに効果的であり、腫瘍細胞の移植とその結果としての膀胱内の癌の増殖を減少させることを示しています。 これは膀胱癌の治療における茶カテキン(EGCG)の効果的な使用に役立つ可能性があると考えられています。

・医薬品よりも優れた抗がん効果を示した

医薬品、化学療法との相乗効果

がんの化学療法に加えて、緑茶(カテキン)を与えることで症状が改善。

・従来のがん治療に患者に緑茶(カテキン)を与えると、さらに症状が改善が確認

抗がん剤の副作用を軽減

化学療法(S-1アジュバント)の有害反応を弱める可能性。

・抗がん剤の副作用を軽減

4.予後の改善(再発防止)

予後の改善に関連

癌患者の予後不良に関係していた細胞を単離させる。

緑茶抽出物の錠剤を毎日補充した10杯の日本サイズの緑茶は、ヒトの結腸直腸ポリープの再発を50%に制限( したがって、緑茶を消費し、抗がん剤を服用しているがん患者は、二重の予防策があります)

・定期的な緑茶の摂取は、再発リスクの低下など、がん患者の予後の改善に関連
・再発リスクが大幅に低下

心血管疾患予防(動脈硬化症予防、冠動脈疾患予防、脳梗塞予防、末梢動脈疾患予防)

心血管疾患とは?

動脈硬化が主な原因である心血管疾患

血管の内腔(内側)が狭窄(狭まり)してしまうことで、体中に必要な栄養(血液)が届かなくなってしまう症候群です。

・例 冠動脈疾患、脳梗塞、末梢動脈疾患

日本では、65歳以上の女性における死亡原因の第1位にもなる脅威です。

そんな大病に対し、緑茶成分(カテキンとテアニン)は、”血液と血管”、”心筋”にさまざまな有益な作用をもたらします。

緑茶成分(カテキンとテアニン)の抗心血管疾患(研究結果一覧)

複数の心血管健康上に利点

・心血管疾患の予防と治療

・心血管疾患のリスクと死亡率低下、内皮機能の改善

・心血管の健康

・血管拡張

・血管保護

・血管内皮の保護

・心血管障害における防御的役割

・血管への負荷を軽減

・血管緊張を調節

・血管の強度を増強

・抗血栓(血小板の付着を抑制し、血栓形成を抑制)

・動脈硬化症を促進する血管の炎症を抑制、血管平滑筋細胞(血圧上昇に関連する細胞)の増殖を阻害

・心血管疾患の予防と治療のための小分子である可能性

・心血管の危険因子の発症と進行を抑制

・陽性変力作用

・抗肥大作用

・有益な心筋作用

・抗心筋虚血再灌流傷害

・心血管疾患予防に対し多面的な健康管理機能を果たす(さまざまなメカニズムを通じて心臓保護作用を発揮)

・血圧と脂質パラメーターに有益な効果

・潜在的に心血管疾患の治療に使用される化合物(心血管系の問題に対して有効)

・虚血性損傷に関連する酸化ストレスの予防

・多様な心臓保護効果

・あらゆる生理学的機能の促進に寄与(心血管疾患や癌のリスクの軽減、口腔の健康や、抗高血圧効果、体重管理、抗菌など)

・血管壁を損傷したり血管拡張を奪う”酸化LDL”への変異を防ぐ

・血漿抗酸化能力を高めて心血管疾患を防ぐことに貢献

・血漿中にある細胞膜を形成する主な成分が老化促進物質へと変異するのを防ぐ

・心血管疾患の主な原因(酸化ストレスと炎症)から心血管を保護

・心血管疾患の病因である「血管平滑筋細胞(VSMC)の増殖と遊走」「概日リズムの調節不全」「VSMCの合成型への変化」「新生内膜過形成(+関連する血管リモデリング)」に対処し、心血管の健康に有益な効果を示す。

骨の質/強度高める(骨量減少予防、骨の健康作用)

加齢による骨量減少を防ぎ、骨の劣化を抑制。

骨の健康/強度を上げ、骨折のリスクを減らす。

骨強度を決める二つの要素

1.骨密度

2.骨質

カテキンは、この二つを高めて骨の健康に大きく貢献します。

骨強度は主に加齢によって失われていきますが、

カテキンは「骨量が減少を抑制」「骨質を改善」して骨強度を上げて”骨折のリスク”減らしてくれます。

内臓保護作用

緑茶成分に予防/治療作用がある内臓疾患一覧

・膵臓線維症

・肺線維症

・肝繊維症

・肝障害

・急性肝障害

・非アルコール性脂肪性肝疾患

・肝硬変

・肝不全

・肝細胞癌

・腎臓損傷

・腎障害

・食べ過ぎによる脳機能低下

・腎酸化ストレス

・腸の損傷

・膀胱の機能亢進

”カテキンとテアニン”は、上記の症状に対する「内臓の保護作用」があります。

「カテキンとテアニン」が持つ抗ウイルス作用によって予防や治療効果がある感染症一覧

・感染症

・コロナ(COVID‑19)

試験管内の研究にて、新型コロナウイルスの感染力は、緑茶で1分間処理した後、検出できないレベルの1/100に減少しました。

複数の研究から、カテキン(EGCG)が、新型コロナウイルスを不活性化することが分かりました。

ウイルスの感染症、細胞内のウイルスRNA複製、および細胞からの二次ウイルス産生を大幅に減少させました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34208050/

・インフルエンザ

・風邪

・エイズ(HIV-1)

・免疫力を改善

下記 総参照元

論文「緑茶ポリフェノール抗酸化剤と皮膚の光防護」

緑茶は、本質的に抗酸化物質であるエピカテキンとしても知られているポリフェノール化合物を含んでいます。

多くの研究室は、緑茶ポリフェノールの局所治療または経口摂取が、さまざまな動物モデルで化学発がん性または紫外線照射によって誘発される皮膚腫瘍形成を阻害することを示しています。研究によると、緑茶抽出物には抗炎症作用もあります。緑茶のこれらの抗炎症性および抗発癌性は、そこに存在するポリフェノール成分によるものです。これらの生化学的または薬理学的効果の原因となる緑茶の主要で最も化学予防的な成分は、(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)です。緑茶のこれらの効果の分子メカニズムを理解することは、多くの研究室で調査の対象となっています。

引用元・

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11351267/

緑茶を摂取した運動が活性酸素種の生成を防ぎ、スポーツパフォーマンスを向上させる方法の概要

緑茶の摂取は、さまざまな病気の予防、健康維持、体重減少のために推奨されています。緑茶の効果は、主にカテキンとポリフェノール、特に(-)-エピガロカテキン-3-ガレートの存在によるものです。臨床および動物実験に基づいた抗酸化作用と抗炎症作用があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35010479/

酸化ストレスに対する細胞応答におけるカテキンの役割

抗酸化特性のために、カテキンは、酸化ストレスによって引き起こされる病気の予防と予防に役立つ可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29677167/

ヒトにおける茶カテキンの吸収、代謝および抗酸化効果

過去10年間の疫学研究では、茶カテキンの摂取が心血管疾患のリスクの低下に関連していることが示されています。

生化学的研究は、カテキン、特にエピガロカテキン-3-ガレート(EGCg)が血漿低密度リポタンパク質(LDL)の酸化を防ぐのに役立つことを報告しています。

茶カテキンの強力な抗酸化作用は、LDLの酸化を防ぐのに役立つ可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11237200/

茶カテキンの補給は、抗酸化能力を高め、ヒトの血漿中のリン脂質のヒドロペルオキシド化を防ぎます

緑茶カテキン補給がヒト血漿の抗酸化能に及ぼす影響を調べ結果、緑茶を飲むことは、人間の血漿抗酸化能力を高めることによって心血管疾患を防ぐことに貢献することを示唆しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10552751/

緑茶カテキンは、ヒトの低密度リポタンパク質粒子に蓄積することにより、低密度リポタンパク質の酸化を防ぎます

緑茶は、抗酸化作用があり、心臓血管の健康に有益な効果があると考えられているカテキンを含むポリフェノールが豊富です。

本研究によると、血漿総抗酸化能は増加し、LDL酸化能はGTE(緑茶摘出物)の摂取によって大幅に減少しました。

GTE(緑茶摘出物)摂取により、主にLDL粒子の非抱合型で、没食子酸カテキンの濃度が十分に増加し、LDLの酸化性が低下することが確認されました。結論として、緑茶カテキンはLDL粒子に急速に組み込まれ、人間のLDL酸化を減らす役割を果たします。これは、緑茶カテキンを服用すると、酸化ストレスに関連するアテローム性動脈硬化症のリスクを減らすのに効果的であることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26773777/

酸化ストレスに関連する不妊症の管理における緑茶カテキンの潜在的な役割

カテキンポリフェノールが活性酸素種(ROS)をクエンチする能力のために、男性と女性の配偶子の品質を改善する可能性のある特性を持っていることが報告されています。

エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、その強力な抗酸化作用により、緑茶で最も有望な生物活性化合物と見なされています。緑茶カテキンのユニークな特性は、生殖の健康を改善する可能性があり、重要な研究分野をもたらす可能性があります。男性と女性の生殖と出生力における酸化ストレスに対する緑茶カテキンの効果と潜在的な役割に関する包括的な概要を提示します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28285951/

茶カテキンによる活性酸素種による脂質、タンパク質および2-デオキシリボースの分解のinvitro保護

グルタチオンS-トランスフェラーゼとシトクロムP4502E1の活性と脂質過酸化は、茶カテキンによって著しく阻害されることがわかりました。これらのカテキンはまた、生理的酸化剤である4-ヒドロキシノネナールによって誘発される細胞内タンパク質の活性酸素種の形成と酸化的カルボニル化を阻害しました。

EGCGおよび他のカテキンは、フェントン酸化剤の存在下での2-デオキシリボースの分解に対して時間および濃度依存性の影響を示しました。

私たちの結果は、茶カテキンが細胞内ROS産生、グルタチオン代謝、およびチトクロームP450 2E1活性を直接変化させることにより、酸化ストレス状態での分子分解を防ぐことを示しています。

これらの結果は、酸化ストレス関連疾患における茶カテキンの化学療法的使用を決定する上で意味を持つ可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17490800/

PC12細胞の酸化還元代謝、酸化ストレス、およびアポトーシスに対する茶ポリフェノールのinvitro効果

茶ポリフェノール、特にカテキンは、強力な抗酸化物質であり、癌を含む酸化ストレス関連疾患に有益であると報告されています。多くの動物および細胞培養モデルは、茶カテキンの抗癌効果を示しています。

緑茶カテキン(特にエピガロカテキンガレート[EGCG])、およびその他のポリフェノールを動物とヒトの両方の集団で癌の進行を予防するために使用することを示唆しています。

私たちは、茶カテキンが活性酸素種の生成、グルタチオン代謝、脂質過酸化を変化させることを実証しました。

およびinvitro条件下でのタンパク質酸化。また、EGCGとBTPが細胞培養条件下で酸化還元代謝に影響を与えることも実証しました。DNA分解の増加とアポトーシスマーカー、シトクロムc、カスパーゼ3、およびポリ-(ADP-リボース)ポリメラーゼの活性化によって示されるように、茶ポリフェノールで処理した後、アポトーシスの誘導が観察されました。これらの結果は、invivoでの茶カテキンの化学的予防的および治療的使用を決定する上で意味を持つ可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18837911/

心血管保護のための抗酸化剤および抗炎症剤としての緑茶ポリフェノール

研究によると、EGCGはDNA損傷とLDLの酸化を阻害することによって細胞損傷を保護します。EGCGの保護特性の1つは、フリーラジカルを除去する能力です。EGCGは、四塩化炭素によって誘発される急性肝障害における肝細胞壊死などの局所組織損傷に関連する炎症反応を軽減することもできます。EGCGの保護効果は、iNOSの発現を阻害することにより、脂質過酸化、酸化ストレス、および一酸化窒素(NO)ラジカルの生成を減少させる能力によるものです。EGCGはまた、炎症誘発性サイトカインとメディエーターの過剰産生を改善し、NF-κBとAP-1の活性を低下させ、その後、NOと活性酸素種によるペルオキシ亜硝酸の形成を抑制します。したがって、EGCGは、炎症反応を低下させ、脂質過酸化と酸化ストレスにつながるNO生成ラジカルを減少させることにより、細胞損傷を効果的に軽減します。緑茶は、酸化ストレスと炎症誘発性が主な原因である心血管疾患の予防における栄養補助食品として提案されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17584048/

緑茶による皮膚の光防護:抗酸化作用と免疫調節作用

緑茶に含まれる一般にポリフェノールと呼ばれるエピカテキン誘導体は、抗酸化作用、抗炎症作用、抗発癌作用を持っています。生化学的または薬理学的効果の原因となる緑茶の主要で最も化学予防性の高い成分は、(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)です。

私たちと他の人々は、緑茶ポリフェノール(GTP)の局所治療または経口摂取が、さまざまな実験動物モデルで化学発がん物質またはUV放射によって誘発される皮膚発がんを阻害することを示しました。

GTPおよびEGCGの局所治療またはGTPの経口摂取は、いくつかの皮膚病状のバイオマーカーであるUVB誘発性炎症反応、免疫抑制および酸化ストレスの予防をもたらしました。

UVBの曝露前のGTPおよびEGCGの局所適用は、炎症性白血球のUVB誘発性浸潤の阻害に関連した、実験動物におけるUVB誘発性の局所および全身性免疫抑制から保護します。EGCGによるUVB誘発性の免疫応答抑制の防止は、UV照射皮膚および流入領域リンパ節での免疫抑制性サイトカインインターロイキン(IL)-10産生の減少とも関連していたが、IL-12産生は流入領域リンパ節で有意に増強された。緑茶の抗酸化作用と抗炎症作用は、人間の皮膚でも観察されました。EGCGをヒトの皮膚に治療すると、UVB誘発性の紅斑、酸化ストレス、および炎症性白血球の浸潤が抑制されました。また、ヒトの皮膚へのGTPの治療は、UVB誘発性の免疫抑制と皮膚癌誘発のメディエーターであると考えられているUVB誘発性のシクロブタンピリミジン二量体の形成を防ぐことを示しました。invitroおよびinvivoの動物およびヒトの研究は、緑茶ポリフェノールが本質的に光防護的であることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12871030/

ラット肝ミクロソームのフリーラジカル開始過酸化に対する緑茶ポリフェノールの抗酸化作用

緑茶ポリフェノール(GOH)、特にオルトジヒドロキシル官能基を持つECおよびECGは、ミクロソーム過酸化に対する優れた抗酸化剤です。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12426080/

茶ポリフェノールの抗酸化メカニズムとその健康上の利点への影響

お茶のポリフェノールは、お茶に含まれるポリフェノール化合物の総称であり、抗酸化作用、抗炎症作用、癌予防、脂質代謝の調節に優れた効果があることが示されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32542190/

茶ポリフェノールの細胞防御機構:構造活性相関

茶ポリフェノールは、活性酸素/窒素種を除去することにより、直接的な抗酸化剤として現れます。

遷移金属のキレート化; 脂質、タンパク質、およびDNAの酸化を抑制します。それらはまた、「酸化促進」酵素を抑制し、内因性抗酸化物質を誘発し、ビタミンと協力することによって直接作用します。

さらに、茶ポリフェノールは細胞のシグナル伝達経路を調節し、慢性疾患の予防と生理機能の促進に重要な貢献をしています。どうやら、茶ポリフェノールの化学構造の特徴は、それらの抗酸化能と密接に関連しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34502017/

インビボでの茶ポリフェノールの抗酸化活性:動物研究からの証拠

茶ポリフェノールは、活性酸素種と活性窒素種を除去し、酸化還元活性遷移金属イオンをキレート化することにより、invitroで抗酸化剤として機能します。それらはまた、1)レドックス感受性転写因子、核因子-カッパBおよびアクチベータータンパク質-1の阻害を介して抗酸化剤として間接的に機能する可能性があります。2)誘導型一酸化窒素シンターゼ、リポキシゲナーゼ、シクロオキシゲナーゼおよびキサンチンオキシダーゼなどの「酸化促進」酵素の阻害。3)フェーズIIおよびグルタチオンS-トランスフェラーゼやスーパーオキシドジスムターゼなどの抗酸化酵素の誘導。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/14519826/

ヒト低密度リポタンパク質のフリーラジカル開始および光増感過酸化に対する緑茶ポリフェノールの抗酸化効果

抗酸化プロセスの速度論的分析は、これらの緑茶ポリフェノールがAAPH開始およびBP光増感LDL過酸化の両方に対して効果的な抗酸化剤であることを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10878235/

潜在的な天然抗酸化物質:歯周感染症における緑茶ポリフェノールの補助効果

ポリフェノール、特に緑茶に抗酸化作用のあるアミノ酸テアニンとカテキンが含まれているため、医療用途に最適です。この論文の目的は、歯周病における緑茶ポリフェノールの役割を説明することです。

人間の研究によると、緑茶カテキンを局所ドラッグデリバリーで使用すると、歯周病の予後が良くなることが明らかになっています。

 歯周炎患者の緑茶を飲む習慣を強調することにより、歯周の健康の維持を強化することができます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26321324/

緑茶カテキンの抗酸化作用は実験的な肝障害を改善します

緑茶カテキンの投与は、酸化ストレスを抑制し、星状細胞の活性化を制御し、その結果、線維症を減少させた可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20092986/

緑茶の抗炎症作用

緑茶は、ガン、肥満、糖尿病、心血管疾患、神経変性疾患などのさまざまな病気に対して有益な効果があることが示されています。緑茶とその主成分であるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、細胞、動物、および人間の実験を通じて、抗炎症作用があることが実証されています。私たちの以前の発見は、緑茶とEGCGが炎症性サイトカインと炎症関連酵素の遺伝子および/またはタンパク質の発現を抑制することを示しています。

人間の研究からの結果のほとんどは、炎症性疾患に対する緑茶と茶カテキンの有益な効果を示しました。細胞および動物の研究はまた、緑茶/EGCGの好ましい効果の証拠を提供しました。これらの結果は、私たちの以前の発見と互換性があり、緑茶/ EGCGが活性酸素種を除去する抗酸化剤として作用し、核因子-κB活性の減衰をもたらすメカニズムによって主に説明できます。

緑茶とEGCGには複数の標的があり、多面発現的に作用するため、炎症性疾患の患者の生活の質を改善するためにそれらの使用法を検討することができます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27634207/

緑茶の健康上の利点を説明するタンパク質とエピガロカテキン-3- O-ガレート(EGCG) の分子相互作用のinvitroおよびinsilico 研究

緑茶は、ガン、肥満、炎症性疾患、神経変性疾患などの多くの病気に有益な効果があることが示されています。緑茶の主成分であるエピガロカテキン-3- O-ガレート(EGCG)は、その抗酸化および酸化促進特性を通じてこれらの効果に寄与することが実証されています。

さらに、いくつかの証拠は、EGCGの特定のタンパク質への結合親和性がその作用機序を説明している可能性があることを示しています。

これらの研究は、EGCGが機能部位内またはその近くの位置にどのように適合または占有し、コンフォメーション変化を誘発するかを示す証拠を提供しました。

場合によっては、第四紀のコンフォメーション変化を含みます。活性部位の遮断、活性部位の近くでのEGCGの結合による立体障害、または誘導されたコンフォメーション変化は、EGCGの生物学的オリゴマーおよびそれらの毒性凝集体の形成に関連するタンパク質の酵素活性および他の生物学的活性の阻害を引き起こし、予防につながるようでした神経変性疾患とアミロイドーシスの。

結論として、これらの研究は緑茶/カテキンの作用に関する有用な情報を提供し、合理的なEGCG療法のさらなる証拠を提供し、ドラッグデザインのリード化合物としてEGCGを使用する将来の研究につながるでしょう。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29843451/

ヒト角膜上皮細胞における緑茶ポリフェノールエピガロカテキンガレートの抗炎症および抗酸化効果

EGCGは、HCEpiCで抗炎症剤および抗酸化剤として作用するため、ドライアイなどの眼の炎症状態の治療に役立つ可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21364905/

さまざまな疾患治療における緑茶カテキンの潜在的な役割:進歩と約束

緑茶の有益な効果は、強力な抗酸化剤と遊離鉄スカベンジャーであるフェノール化合物の存在に起因しています。

すべての原因、特に心血管疾患(冠状動脈性心臓病および脳卒中)からの死を防ぐことができると広く信じられています。その他の健康上の利点には、さまざまな種類の癌の化学的予防が含まれます。

減量と神経変性疾患(アルツハイマー病とパーキンソン病)に対する保護効果。

これまでのところ、疾患特異的な分子標的を調節する多くの薬理学的活性が、生理学的に無関係であるマイクロモル範囲のEGCG濃度についてinvitroで報告されています。ほとんどの研究では、1日あたり2〜3杯の緑茶で効果があることが示されています

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22229384/

心筋虚血性損傷に対する緑茶ポリフェノールの抗酸化保護のための分子標的

緑茶ポリフェノール(GTP)には強力な抗酸化能力があり、虚血性損傷に関連する酸化ストレスの予防に有益な効果をもたらす可能性があります。

研究は心血管系におけるGTPの保護効果を支持する説得力のある証拠を提供しましたが、心臓保護を仲介する潜在的なエンドエフェクターはまだ取り組まれ始めたばかりです。多くの心血管疾患のタンパク質標的を特定するために広く使用されているプロテオミクス分析により、GTPを介した心臓保護のシグナル伝達メカニズムの発見が進んでいます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25520936/

緑茶ポリフェノールは、NLRP3インフラマソームの活性化を阻害することにより、マウスのリポ多糖誘発性炎症性肝障害を予防します

緑茶ポリフェノール(GTP)は、肝臓の炎症を緩和するなど、動物や人間に無数の健康上の利点があります。

私たちの結果は、GTP補給がLPS誘発血漿アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)およびアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)レベルと肝マロンジアルデヒド(MDA)レベルを有意に低下させたことを示しました。

GTP補給は、GTP治療を受けなかったLPS治療マウスと比較して、インターロイキン(IL)-1β、IL-18、IL-6、および腫瘍壊死因子(TNF)-αの血漿含有量と肝mRNAレベルを有意に低下させました。

さらに、マウス肝臓でのIL-1β、IL-18、IL-6、TNF-αなどのサイトカインの産生、および急性期反応(一酸化窒素およびC反応性タンパク質の血漿レベル)も低下しました。

さらに、GTPは、LPS誘発性の肝NF-κBシグナル伝達とNLRP3インフラマソーム活性化を低下させました。GTPは、NF-κBシグナル伝達とNLRP3インフラマソーム活性化を調節することにより、炎症性肝障害に対する保護効果を発揮します。私たちの調査結果は、食事療法のGTP補給が、急性肝障害に関連する炎症の補助的な予防および治療である可能性があることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31187838/

抗酸化剤(-)-エピガロカテキン-3-ガレートは、活性化された肝星細胞の成長を阻害し、アセトアルデヒドによって誘導される遺伝子発現を抑制します

活性化された肝星細胞(HSC)の成長と活性化の抑制、およびアポトーシスの誘導は、この疾患の治療と予防のための治療戦略として提案されています。本報告では、緑茶抽出物の主要な(そして最も活性な)成分である抗酸化剤(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)が培養HSCの成長と活性化に及ぼす影響を初めて解明しました。

我々の結果は、EGCGが細胞周期の停止とアポトーシスを用量および時間依存的に誘導することにより培養HSCの成長を有意に阻害することを明らかにした。

EGCGは、トランスフォーミング成長因子-ベータシグナル伝達をブロックし、エタノールの最も活性な代謝物であるアセトアルデヒドによって誘導されるalpha1(I)コラーゲン、フィブロネクチン、およびα-平滑筋アクチン遺伝子の発現を阻害することによって示されるように、培養HSCの活性化を著しく抑制しました。

さらに、EGCGは、アセトアルデヒド刺激の有無にかかわらず、培養HSC間で核因子-κB活性の阻害において異なる反応を示しました。まとめると、我々の結果は、EGCGがinvitroでの活性化HSC成長および活性化の新規かつ効果的な阻害剤であることを示した。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12223099/

緑茶ポリフェノール(-)-エピガロカテキン-3-ガレートは、エタノールによる膵臓星細胞の活性化を阻害します

膵臓星状細胞(PSC)の活性化またはPSCへの刺激の阻害は、膵臓線維症の予防に効果的な治療戦略である可能性があり、緑茶抽出物の主成分である(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、ポリフェノールの強力な抗酸化剤です。

研究結果: EGCG前処理は、細胞膜のエタノール誘発性脂質過酸化、総スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)活性の喪失を無効にし、Mn-およびCu/Zn-SODのエタノール誘発性遺伝子発現を抑制しました。

EGCGはまた、エタノール誘導性のp38マイトジェン活性化タンパク質(MAP)キナーゼのリン酸化、PSCでのα-平滑筋アクチン産生、および活性化されたトランスフォーミング増殖因子-β1分泌の培地への分泌を抑制しました。さらに、EGCGはエタノール誘発性のI型プロコラーゲン産生とコラーゲン分泌を抑制しました。さらに、EGCGは、新たに単離された細胞の活性化筋線維芽細胞様表現型への形質転換を阻害しました。

結論: 私たちの結果は、緑茶とポリフェノールが抗酸化効果によってPSCの活性化を阻害することによって膵臓の線維化を防ぐことができることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16436093/

上記論文解説

png
緑茶成分で膵臓線維症の予防

・抗ウイルス作用 殺菌作用(感染症予防)

研究で、緑茶成分により予防効果が認められている感染症一覧

新型コロナウイルス、風邪、ヒト免疫不全ウイルス、A型インフルエンザウイルス、C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、単純ヘルペスウイルス、アデノウイルス

抗菌・抗ウイルス作用は、風邪予防やインフルエンザ予防はもちろんのこと、コロナ予防にもなります。

口・喉などの呼吸器官や、細胞への感染にも予防効果を発揮するので、菌やウイルスが体内に入ってくる前に対処してくれます。

・カテキンはウイルスの感染力を弱める

論文「緑茶カテキンの抗ウイルスの役割」

ここ数十年で、緑茶カテキン(GTC)は多くの病気に対してさまざまな健康上の利益をもたらすと報告されています。

研究によると、GTC、特にエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、多様なウイルスに対して抗ウイルス効果を発揮します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28805687/

ヒトにおける茶カテキンの経口保持の調査:探索的介入研究

緑茶カテキンの摂取またはうがいは、上気道感染症に対して抗ウイルス活性を示します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34578903/

酸化エピガロカテキン-3-ガレート(緑茶ポリフェノール)の抗酸化、免疫調節活性、およびSARS-CoV-2-Anのinvitroおよびinsilicoアプローチの主なプロテアーゼに対するその作用の評価

SARS-CoV-2に対するO-EGCGの効果的な阻害作用は、COVID-19に対する化合物のさらなる調査とその有効性を示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35204178/

論文「緑茶の成分であるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)の抗感染性」

緑茶(Camellia sinensis)の摂取は、多くの生理学的および薬理学的な健康上の利点があることが示されています。

過去20年間に、緑茶の主成分であるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)が抗感染性を持っていることがいくつかの研究で報告されています。

さまざまな作用機序を持つEGCGの抗ウイルス活性は、レトロウイルス科、オルトミクソウイルス科、フラビビリダエなどの多様なウイルスファミリーで実証されており、ヒト免疫不全ウイルス、A型インフルエンザウイルス、C型肝炎ウイルスなどの重要なヒト病原体が含まれます。

さらに、この分子は、B型肝炎ウイルス、単純ヘルペスウイルス、アデノウイルスなどのDNAウイルスの複製サイクルを妨害します。

これらの研究のほとんどは、invitroでのEGCGの生理学的濃度内での抗ウイルス特性を示しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23072320/

論文「エピガロカテキン-3- O-ガレートとその脂肪酸エステルの抗ウイルス作用機序」

エピガロカテキン-3- O-ガレート(EGCG)は、緑茶(Cameria sinensis )の主要なカテキン成分です。そして広範囲のDNAウイルスとRNAウイルスに対して抗ウイルス活性を持っていることが知られています。

EGCG(茶カテキン)がウイルス感染のどの段階に干渉するかについて説明します。

EGCG(茶カテキン)は、ウイルスの膜タンパク質に干渉することにより、付着、侵入、膜融合などの感染の初期段階を阻害する可能性が最も高いようです。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30262731/

コロナウイルスに対して緑茶成分(カテキン類)の抗ウイルス効果
実験・研究・統計 結果まとめ

日常での緑茶飲用者とそうでない人でコロナウイルス感染率に違い

緑茶を飲用する習慣のある地域とそうではない地域では新型コロナウイルス(スパイクタンパク質)の感染率に有意な差がある事が判明しており、緑茶に含まれるエピガロカテキンガレート(EGCG)ウイルス表面の突起(スパイクタンパク質)と結合することにより感染力を弱める効果がある事が判明している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/緑茶

論文「COVID-19(コロナウイルス)の予防と治療における緑茶のポリフェノールの抗ウイルス活性」

緑茶に含まれるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)の抗ウイルス活性を確認しました。

緑茶のポリフェノールは、さまざまなウイルス、特にプラス鎖一本鎖RNAウイルスに対して抗ウイルス活性を示すことが報告されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32741697/

論文「症候性および無症候性SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)感染の潜在的な治療薬としての緑茶カテキンであるEGCG(緑茶カテキン)」

カテキン類はPLProのS1ユビキチン結合部位に結合し、そのプロテアーゼ機能を阻害し、ユビキチンプロテアソームシステムおよびインターフェロン刺激遺伝子システムのSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)阻害機能を無効にする可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33668085/

論文「緑茶ポリフェノールカテキンは、コロナウイルスの複製を阻害し、獲得免疫とオートファジーに依存する保護メカニズムを強化して、マウスの急性肺損傷を改善します」

32.8%のエピガロカテキンガレート、15.2%のエピカテキンガレート、13.2エピカテキン、10.8%のエピガロカテキン、10.4%のガロカテキン、および4.4%のカテキンを含むカテキンは、微小分子以下の濃度でSARS-CoV(新型コロナウイルス)複製を直接阻害することがわかりました。

結論として、私たちのデータは、カテキンがSARS-CoV複製を直接阻害

これは、SARS-CoV感染の予防および/または治療に適用できます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34200327/

エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は霊長類の上皮細胞におけるSARS-CoV-2感染を阻害します

EGCG(茶カテキン)がVero 76細胞のSARS-CoV-2(コロナウイルス)感染を50%阻害したことを示しました(すなわち、EC50=0.27μg/ml)。EGCG(茶カテキン)はまた、EC90=28μg/ml(61μM)でCaco-2細胞のSARS-CoV-2(コロナウイルス)感染を抑制しました。

これらの結果は、私たちの知る限りでは、SARS-CoV-2(コロナウイルス)に対するEGCG(茶カテキン)の抗ウイルス活性に関する最初の観察であり、EGCG(茶カテキン)とその派生物がCOVID-19(新型コロナウイルス)やその他の呼吸器ウイルス感染によって誘発される病気と戦うために使用できることを示唆しています。 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35291211/

論文「緑茶ポリフェノールであるEGCGは、invitroでヒトコロナウイルスの複製を阻害します」

最近、緑茶ポリフェノールであるEGCG(茶カテキン)がSARS-CoV-2(新型コロナウイルス) 3CLプロテアーゼを阻害することが報告されました。

このレポートでは、ヒトコロナウイルスHCoV-OC43(ベータコロナウイルス)とHCoV-229E(アルファコロナウイルス)を使用して、コロナウイルスに対するEGCG(茶カテキン)の影響を調べました。

EGCG(茶カテキン)処理は、HCoV-OC43(ベータコロナウイルス)およびHCoV-229E(アルファコロナウイルス)の3CLプロテアーゼ活性を低下させます。さらに、EGCG(茶カテキン)治療はHCoV-OC43(ベータコロナウイルス)誘発細胞毒性を減少させました。最後に、EGCG(茶カテキン)処理により、感染した細胞培地中のコロナウイルスRNAとタンパク質のレベルが低下することがわかりました。これらの結果は、EGCG(茶カテキン)がコロナウイルスの複製を阻害することを示しています。

論文「緑茶カテキン、カテキン誘導体によるinvitroでのSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)の有意な不活化」

SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)感染に対するお茶とその成分の潜在的な影響をinvitroで評価しました。

SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)の感染力は、緑茶、焙煎緑茶で1分間処理した後、検出できないレベルまで1/100に減少しました。

(-)エピガロカテキンガレート(EGCG)の添加は、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)を有意に不活化しました

これらの結果は、新規コロナウイルスの人から人への感染の予防におけるお茶の潜在的な有用性を示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34208050/

「緑茶カテキンエピガロカテキンガレートはSARS-CoV-2(コロナウイルス)感染を抑制します」

EGCG(茶カテキン)は、SARS-CoV-2(コロナウイルス)の侵入だけでなく、MERS-およびSARS-CoV疑似型レンチウイルスベクターの侵入も阻止し、invitroでのウイルス感染を抑制しました。

機構的には、SARS-CoV-2(コロナウイルス)スパイク受容体相互作用の阻害が観察されました。したがって、EGCG(茶カテキン)は、より効果的な抗COVID-19(新型コロナウイルス)薬を開発するためのリード構造としての使用に適している可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33830908/

論文「COVID-19(新型コロナウイルス)感染症の治療におけるEGCGの潜在的な役割の概要」

SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)感染を回避するために、抗ウイルス機能を備えた天然化合物の使用に基づく代替療法を見つけることが有用である可能性があります。

前臨床試験では、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)を含むさまざまなウイルスに対する、主に緑茶に含まれるカテキンであるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)の抗ウイルス活性が強調されました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34737551/

論文「緑茶ポリフェノールであるエピガロカテキンガレート(EGCG)は、マウスモデルでコロナウイルスの複製を減少させます」

最近の研究では、緑茶ポリフェノール、特にEGCGが、コロナウイルス酵素とコロナウイルスの複製をinvitroで阻害することが示されています。

ここでは、マウスモデルにおけるコロナウイルス複製に対する緑茶ポリフェノールの阻害効果を調べました。

SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)の代理として、エピガロカテキンガレート(EGCG)と60%以上のカテキンを含む緑茶ポリフェノール(GTP60)およびヒトコロナウイルスOC43HCoV-OC43)を使用しました。

走査型電子顕微鏡分析の結果は、HCoV-OC43感染が感染細胞におけるビリオン粒子の産生をもたらしたことを示した。

緑茶カテキン(EGCG)および緑茶ポリフェノール(GTP60)処理により、細胞内のコロナウイルスタンパク質およびウイルス産生が減少しました。

ついに、緑茶カテキン(EGCG)および緑茶ポリフェノール(GTP60)を与えられたマウスは、マウスの肺でコロナウイルスRNAのレベルの低下を示しました。

これらの結果は、緑茶ポリフェノール処理がinvivoでのコロナウイルスのレベルを低下させるのに効果的であることを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34960802/

論文「ポリフェノールは、宿主細胞におけるmiRNAの発現を調節することにより、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)感染を防ぐことができます」

この研究の目的は、ポリフェノールが宿主miRNAの発現を調節することにより、SARS-CoV-2関連の合併症の予防に役割を果たすことができるかどうかを評価することでした。

この仮説をテストするには、文献検索を行って、SARS-CoV-2 RNAに結合できるmiRNAと、肺、2型肺胞上皮細胞、または内皮細胞でポリフェノールによって発現を調節できるmiRNAを特定しました。

ウイルスRNAに結合する能力を持つ600を超えるmiRNAと、目的の細胞内のポリフェノールによって発現を調節できる125のmiRNAを特定しました。

ウイルスRNAに結合する能力とポリフェノールによって発現を調節できる両方の能力を持つ17のmiRNAがあることを確認しました。

これらのmiRNAのいくつかは、抗ウイルス特性を持っているか、ウイルス複製、アポトーシス、またはウイルス感染のプロセスの調節に関与する遺伝子を標的にすることができると特定されています。

まとめると、この分析は、ポリフェノールが肺胞および内皮細胞におけるmiRNAの発現を調節し、抗ウイルス能力を発揮する可能性があることを示唆しています。

論文「特別な緑茶抽出物調製物中のポリフェノールのSARS-CoV-2(コロナウイルス)中和活性」

目的: この研究の目的は、濃縮緑茶抽出物(sGTE)を含むソルビトール/レシチンベースのスロートスプレーがSARS-CoV-2(コロナウイルス)ウイルス粒子と相互作用し、さらにウイルス複製をブロックできるかどうかを調査することでした。

この研究の結果は、濃縮緑茶摘出物(sGTE)SARS-CoV-2(コロナウイルス)に対して強力な中和活性を持ち、菌株に関係なく感染力が最大6,3E+04分の1に減少することを示しています。

結論: この研究の結果は、sGTE(濃縮緑茶摘出物)が菌株(武漢菌株、ベータまたはデルタ変異体)とは無関係にSARS-CoV-2(コロナウイルス)に対して強力な中和活性を持っていることを示唆しています。sGTEは、定期的に口や喉に適用すると、対応するウイルス感染の減少に関連する可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35144138/

茶ポリフェノールは腸内細菌叢を介してCOVID-19(新型コロナウイルス)を予防および介入します

研究により、さまざまな胃腸の炎症に対する腸内細菌叢に対する茶ポリフェノールの調節効果が長い間明らかにされてきましたが、COVID-19(新型コロナウイルス)の予防と介入についてはほとんど知られていません。このレビューは、腸内細菌叢によって媒介されるCOVID-19(新型コロナウイルス)に対する茶ポリフェノールの影響の考えられるメカニズムをまとめたものです。

このレビューでは、独自の抗菌および抗炎症活性と腸粘膜バリアに対する保護効果を示す茶ポリフェノールの最新の研究がまとめられ、要約されています。

その中で、カテキンの主要なモノマーの1つである(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、核因子赤芽球2 p45関連因子2(Nrf2)として活性化される可能性があります。

この薬剤は、ACE2SARS-CoV-2の細胞受容体)およびTMPRSS2の発現を阻害してSARS-CoV-2(コロナウイルス)感染を阻害し、SARS-CoV-2(コロナウイルス)のライフサイクルを阻害します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35205982/

論文「天然植物源茶ポリフェノール、免疫力を改善し、ウイルスと戦うための潜在的な薬」

茶ポリフェノール(TP)は、COVID-19(新型コロナウイルス)やその他のウイルス感染症に対する体の免疫力を高めることが報告されています。

COVID-19(新型コロナウイルス)に対するTP(茶カテキン)の阻害効果は、複数のウイルス標的の阻害、細胞受容体の遮断、および転写因子の活性化を含む一連のメカニズムを通じて達成される可能性があります。新たな証拠は、消化管が気道と密接に関連していることを示しています。

この記事では、茶ポリフェノール(TP)が植物相の障害を改善し、サイトカインストームの発生を減らし、免疫力を改善できることを要約しました。COVID-19感染を防ぎます。茶ポリフェノール(TP)は、高効率で低毒性の新しい抗ウイルス薬を設計するための潜在的かつ貴重な情報源と見なすことができます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35276917/

インフルエンザウイルスに対して緑茶成分(カテキン類)の抗ウイルス効果
実験・研究・統計 結果まとめ

疫学/臨床研究に焦点を当てたインフルエンザ感染と風邪に対する茶カテキンの効果

実験的研究では、茶カテキンがインフルエンザウイルスの吸着を抑制し、複製とノイラミニダーゼ活性を抑制したことが報告されています。それらはまた、いくつかの風邪ウイルスに対しても効果的でした。

さらに、茶カテキンはウイルス感染に対する免疫力を高めます。

1990年代後半以降、いくつかの疫学研究により、緑茶を定期的に摂取するとインフルエンザ感染率といくつかの寒冷症状が減少し、お茶のカテキンでうがいをするとインフルエンザ感染の発症を防ぐことができることが示唆されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30037024/

緑茶カテキンによる抗インフルエンザ:系統的レビューとメタ分析

緑茶カテキン(GTC)がインフルエンザウイルス感染を予防する可能性があることをいくつかの研究が報告しています

インフルエンザ予防に対する緑茶カテキン(GTC)投与の効果を調べた5,048人の参加者による8つの研究の系統的レビューとメタアナリシスを実施しました。5つのRCTのランダム効果メタアナリシスでは、緑茶カテキン(GTC)で治療された884人の参加者が、対照群と比較してインフルエンザ感染の予防に統計的に有意な効果を示しました

緑茶の摂取がインフルエンザ感染の予防に効果的であることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34209247/

エピガロカテキン-3-ガレートによるインフルエンザウイルスの内在化の阻害

緑茶の主要なフラボノイド成分の1つであるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、インフルエンザウイルスを含むいくつかのエンベロープウイルスに対して幅広い抗ウイルス活性を持っていることが知られています。

EGCG(茶カテキン)は、インフルエンザウイルスのライフサイクルの初期段階をブロックすることがわかりました

EGCG(茶カテキン)は、ウイルス膜の完全性を低下させることにより、ウイルス粒子と細胞膜の間の半融合イベントを抑制し、その結果、インフルエンザウイルスの細胞浸透能力が失われました。

結論として、EGCGの抗インフルエンザウイルス効果は、ウイルスエンベロープの物理的特性への損傷とNA表面糖タンパク質の部分的阻害に起因することが示唆されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23954192/

緑茶中のカテキンのインフルエンザウイルスに対する抗ウイルス効果

緑茶由来のカテキン類は、細胞培養におけるインフルエンザウイルス複製を阻害する能力について評価されました。

潜在的に直接的な殺ウイルス効果のため。試験化合物の中で、EGCG(茶カテキン)は、MDCK細胞培養におけるインフルエンザウイルス複製の強力な阻害剤であることがわかり、この効果は、A / H1N1、A / H3N2、およびBウイルスを含む試験したすべてのインフルエンザウイルスサブタイプで観察されました。

インフルエンザウイルスに対するカテキンの抗ウイルス効果がHAとの特定の相互作用だけでなく、ウイルス膜の物理的特性の変化によっても媒介されることを示唆しています

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16137775/

カテキンの抗インフルエンザウイルス効果:分子的および臨床的レビュー

茶葉に存在するポリフェノールフラボノイドのクラスであるカテキンは、実験的および臨床的研究に基づいて、潜在的な抗インフルエンザウイルス剤として報告されています。

エピガロカテキンガレート(EGCG)、主要で生物活性の高いカテキンは、Madin-Darbyイヌ腎臓細胞におけるインフルエンザAおよびBウイルス感染を阻害することが知られています。

これらのカテキンは、ノイラミニダーゼとは異なる方法で結合する可能性があり、既知の薬剤耐性関連のウイルス変異を克服する可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27881069/

論文「インフルエンザウイルスを阻害するカテキン」

カテキンがH1N1インフルエンザウイルスの複製を効果的に阻害することを示しました。

毒性のあるM2タンパク質とウイルス核タンパク質もカテキンでの治療後に阻害されました。

結論: まとめると、H1N1インフルエンザウイルスによって活性化されたオートファジーは、カテキン治療後に逆転する可能性があります。

この研究は、カテキンがH1N1ウイルスの増殖を効果的に阻害し、したがって将来の臨床応用におけるアジュバントとして適用される可能性があることを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32132384/

論文「半合成カテキン誘導体の抗インフルエンザウイルス活性の生物学的評価」

カテキン誘導体は、現在流行しているヒトインフルエンザウイルスの3つの主要なタイプ(A / H1N1、A / H3N2およびBタイプ)、H2N2およびH9N2鳥インフルエンザウイルスを含む、テストされた6つのインフルエンザサブタイプすべてに対して抑制効果を発揮しました。

これらの化合物は、赤血球(RBC)へのウイルスの吸着を強く阻害しました。

カテキン類は、アマンタジン(A型インフルエンザの治療に使われている化合物)をはるかに超える510 microMの最小阻害濃度(MIC)で、鳥インフルエンザウイルスの卵内での増殖を制限しました。

インフルエンザウイルスのさまざまなサブタイプに対する広範な活動は、現在の抗ウイルス薬の限界を補完し、潜在的に出現するインフルエンザの流行の管理に貢献する可能性があります。

カテキン誘導体の構造活性データは、代替の抗ウイルス剤として緑茶カテキンを適用するための将来の研究努力を有用に導く可能性があります。

抗ウイルス活性は、ヘマグルチニン(HA/ウイルス膜との相互作用によって媒介されるようであり、感染の初期段階でHAの融合性が低下します。

カテキン類がもたらす、インフルエンザウイルスのさまざまなサブタイプに対する広範な活動は、現在の抗ウイルス薬の限界を補完し、潜在的に出現するインフルエンザの流行の管理に貢献する可能性があります。

カテキン誘導体の構造活性データは、代替の抗ウイルス剤として緑茶カテキンを適用するための将来の研究努力を有用に導く可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17709148/

緑茶カテキン:感染症の治療と予防におけるそれらの使用

潜在的な健康上の利点は広く研究されています。最近、研究者たちは緑茶が感染性病原体を根絶する能力と実際に感染を防ぐ能力を研究しました。抗菌性を示す緑茶の重要な成分はカテキンです。緑茶に含まれる4つの主要なカテキンは、(エピカテキン(EC)、(エピカテキン-3-ガレート(ECG)、(エピガロカテキン(EGC)、および(エピガロカテキン-3-です。ガレート(EGCG)。これらのカテキンのうち、EGCGEGCは緑茶に最も多く含まれており、ほとんどの研究の対象となっています。これらのカテキンは、影響を受ける生物と使用されるメカニズムの両方に対して、さまざまな抗菌特性を示すことが示されています。緑茶の摂取は、これらの化合物および/またはそれらの代謝物を体全体に分配することが示されています、

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30105263/

緑茶の抗菌性の可能性

EGCGは、さまざまな生物に対して抗菌効果があることが示されています。

カテキンは、さまざまな抗菌メカニズムを示しています。緑茶の抗菌効果に関する研究の結果は、予防および治療目的の可能性が存在することを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25191312/

HIV-1(エイズ)に対して緑茶成分(カテキン類)の抗ウイルス効果
実験・研究・統計 結果まとめ

緑茶からの(-)-エピガロカテキンガレートはどのようにしてHIV-1感染を防ぐことができますか?計算モデリングからの機構的洞察と抗HIV-1侵入阻害剤の合理的設計への影響

gp120-CD4結合はHIV-1が細胞に侵入する最初のステップであるため、細胞の糖タンパク質CD4とHIV-1の糖タンパク質gp120との結合をブロックする強力な阻害剤を開発することが非常に望ましい。緑茶からの(-)-エピガロカテキンガレート(EGCG)は、gp120-CD4結合をブロックする阻害剤であることが最近報告されました。

EGCGとCD4の良好な結合は、gp120-CD4の結合を効果的にブロックできます。

これらの結果と洞察は、gp120-CD4結合をブロックするための新規でより強力な阻害剤の将来の設計の合理的な基礎を提供します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16471901/

HIV-1(エイズ)が細胞に侵入する最初のステップを前に、緑茶カテキンは未然に防ぐ可能性が示唆されています。

茶ポリフェノールの主成分であるエピガロカテキンガレートはCD4に結合し、gp120の結合を妨害します

茶ポリフェノールの主成分である没食子酸エピガロカテキン(EGCG)は、さまざまな生理的調節作用があると報告されています。

いくつかの報告はまた、カテキンがHIV感染に対する保護効果を持っていることを示しており、その一部はビリオンが標的細胞表面に結合するのを阻害することによって媒介されます。

結果: EGCGは、対応する抗原への抗CD4抗体の結合を効率的に阻害しました。この効果は、EGCGがCD4分子に直接結合することによって媒介され、その結果、抗体結合とgp120結合が阻害されました。

結論: 現在の結果は、CD4への結合を調節することによるHIV-1感染に対するEGCGの潜在的な予防効果を示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/14610487/

HIV-1療法としての緑茶カテキン、エピガロカテキンガレートの前臨床開発

エピガロカテキンガレートは、用量依存的にヒトCD4(+)T細胞およびマクロファージに対するHIV-1感染性を阻害しました。

EGCGはHIV-1臨床分離株と実験室適応サブタイプの両方の広域スペクトルにわたってHIV-1 p24抗原産生を有意に阻害しました

結論: CD4分子へのHIV-1-糖タンパク質120の付着を防ぐことにより、EGCGはHIV-1の感染性を阻害すると結論付けます。この阻害は生理学的濃度で達成できるため、天然の抗HIV剤EGCGはHIV-1療法の代替療法としての候補です。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19203663/

緑茶の主要なポリフェノールであるエピガロカテキンガレートは、T細胞受容体CD4に結合します:HIV-1療法の可能性

緑茶フラボノイドであるエピガロカテキンガレート(EGCG)は、HIV-1糖タンパク質(gp)120がT細胞のCD4分子に結合するのを防ぐことにより、抗HIV-1効果を持つことが提案されています。

EGCG/CD4の結合が十分に強く、gp120/CD4の結合を大幅に減らします。

分子モデリング研究は、gp120に結合するポケットであるCD4のD1ドメインにあるEGCGの結合部位を示唆しました。

生理学的に適切な濃度のEGCG(0.2マイクロモル/ L)は、単離されたヒトCD4+T細胞へのgp120の結合を阻害しました。

結論: Kdが約10 nmol / LのCD4分子へのEGCGの高親和性結合と、ヒトCD4+T細胞へのgp120結合の阻害の明確な証拠を示しました。

臨床的意義: エピガロカテキンガレートは、HIV-1感染の補助療法としての潜在的な用途があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17157668/

上記論文の解説

HIV-1(エイズ)糖タンパク質(gp)120が、T細胞のCD4分子(免疫系)と結合してしまわないように

EGCG(茶カテキン)が、T細胞受容体CD4(免疫系白血球)と結合することによって、HIV-1(エイズ)の結合を大幅に減らすことが確認されました。

・抗がん作用 研究結果参照元

癌に対して予防効果を持つお茶成分(カテキンなど)

栄養摂取量がもっとも多い

しかし、そんな癌に対しても効力を発揮し、予防や改善に直結するのがお茶の成分にあるということが最新の研究によって、次々と明らかにされています。

お茶は世界で最も消費量の多い飲料の1つであり、人間の健康面を大きく改善してくれます。

お茶には、お茶のポリフェノール(カテキン)、お茶の多糖類、L-テアニン、お茶の色素、カフェインなど、多くの有効成分が含まれています。

論文「緑茶抽出物と癌の予防におけるその可能な役割」

アメリカ癌協会は、1980年代に450万人以上のアメリカ人が癌で亡くなったと推定しています。さらに、900万人近くの新規症例があり、約1200万人が癌の治療を受けていました。癌は米国の人口で2番目に多い死因であり、容易に入手できる天然物質が癌の予防に有益である可能性があるため、綿密な調査が必要です。ますます多くの研究が、緑茶ポリフェノールが抗発癌性を備えた強力な抗酸化剤であることを示しています。これらのポリフェノール化合物、特にカテキンエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)、エピガロカテキン(EGC)、およびエピカテキン-3-ガレート(ECG)は、緑茶の葉の抽出可能な固形物の3040パーセントを占めます。癌の化学的予防効果の多くを仲介すると考えられています。作用機序には、抗酸化およびフリーラジカル捕捉活性、ならびに第I相および第II相代謝酵素の選択的誘導または修飾による解毒システムの刺激が含まれる場合があります。さらに、緑茶は、細胞複製の速度を含む腫瘍の開始と促進の生化学的マーカーを阻害し、したがって新生物の成長と発達を阻害する可能性があります。現在の研究は、緑茶の消費と癌のリスクとの間に逆の関連性を示しており、緑茶の化学的予防効果の可能性を裏付けているため、期待されています。緑茶は安価で毒性がなく、世界中で人気のある飲料であるという知識に基づいて、

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10559550/

論文「お茶の生物活性成分は、抗病原体、抗炎症、および細胞生存経路を介して発癌を防ぎます」

いくつかの研究では、発がんを直接的または間接的に減らすことができるお茶の成分が特定されており、一部は臨床現場で使用されています。

様々なアプローチから行われている多くの研究は、お茶の機能的成分が癌から保護するために利用するメカニズムを明らかにしてきました。

よく説明されている1つの特定のメカニズムは、お茶の摂取で見られる抗酸化能力の改善です(茶カテキンが持つ抗酸化効能)。

ただし、がんの原因である他の要因、抗病原体、抗炎症、細胞生存経路の変化など、他のメカニズムにも効力を持っていることが更に明らかになってきています。

これらは、将来の癌の予防と治療におけるお茶の成分の臨床利用にとても有益です。

・引用元

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33368980/

論文「お茶とその成分は癌を予防する」

お茶のポリフェノール(カテキン)は、活性酸素種(ROS)を直接的または間接的に除去して、発癌と癌転移を減らすことができます。

・引用元

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31652732/

論文「緑茶カテキンECGとその合成フッ素化類似体が前立腺癌細胞と刺激された免疫担当細胞に及ぼす影響」

緑茶ポリフェノール(カテキン類)は、特に前立腺癌において、炎症の軽減と発癌に対する保護に関連しています。

緑茶ポリフェノール(カテキン類)は、炎症性リンパ球の減少による炎症の量を減少させることにより、開始、促進、および進行中の腫瘍形成を阻害するために治療的に使用することができます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29466808/

論文「緑茶に含まれる抗がん作用エピガロカテキンガレート」

多くのinvivoおよびinvitro研究は、癌の化学的予防に緑茶のカテキンを使用する可能性を指摘しています。

最近の研究では、乳がん、皮膚がん、消化管がんなどの既存の腫瘍の増殖に対するエピガロカテキンガレートの抑制効果が示されています。

緑茶に含まれる生物学的に活性な化合物の別の作用機序には、腫瘍性プロセスの阻害が含まれます。これらのメカニズムはすべて、緑茶の摂取による癌の進行(開始、促進、進行)の予防と抑制に役立つ可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23475480/

論文「緑茶:悪性腫瘍に対する自然の防御」

緑茶とその成分は、さまざまな悪性腫瘍を予防および治療するためのこれらの戦略の重要な要素の1つです。緑茶の抗発癌性および抗変異原性活性は、数年前に強調され、癌の有病率を低下させ、保護さえも提供できることを示唆しています。緑茶の薬理作用は、主にエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)、エピカテキン、エピカテキン-3-ガレート、エピガロカテキンを含むポリフェノールに起因します。

緑茶とその成分は、酸化ストレスによって生じる細胞の損傷を効果的に軽減します。

緑茶は、体液性および細胞性免疫を強化し、特定の癌のリスクを低下させると考えられており、炎症性疾患の治療に一定の利点がある可能性があります。

緑茶成分の働き

緑茶の癌化学予防特性の多くは、細胞周期調節タンパク質の発現を変化させ、キラーカスパーゼを活性化し、核因子カッパBの活性化を抑制することにより、アポトーシスを誘導し、細胞増殖停止を促進するEGCGによって媒介されます。さらに、IL-23依存性DNA修復を調節および促進し、腫瘍微小環境における細胞傷害性T細胞の活性を刺激します。また、細胞増殖、形質転換、炎症、転移に関与するシグナル伝達経路を調節することにより、発がんを阻止します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19399671/

癌の化学的予防におけるお茶の抗酸化物質

緑茶摘出物(GTP)は、in vitroで抗変異原性活性を示し、invivoで発がん性物質およびUV誘発性の皮膚発がん性を阻害することが示されています。

お茶の摂取は、特定のバイオアッセイモデルにおいて、化学発がん物質によって誘発される胃、肺、食道、十二指腸、膵臓、肝臓、乳房、および結腸の発がんに対する保護を提供することも示されています。

緑茶に含まれるいくつかのエピカテキン誘導体(ポリフェノール)は、抗発癌活性を持っていることが示されています。

最も活性の高いのは(-)-エピガロカテキン-3-ガレートで、これはGTPの主成分でもあります。

茶ポリフェノールのこれらの特性は、多段階発がんの開始、促進、および進行段階に対して効果的な化学予防剤になります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/9591194/

緑茶ポリフェノール(エピガロカテキン-3-ガレートの癌予防メカニズム

これまでの研究結果で、お茶、特に緑茶の摂取が癌の予防に良いことを示されてきています。

緑茶の主成分である(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)の抗ガン効果の調査に多くの努力が注がれています。

EGCGは多能性抗がん剤であり、緑茶の抗がん作用を裏付ける確かな結果が出ています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17873830/

茶カテキンのガン予防活動

発癌および癌細胞増殖に対する茶カテキンの阻害活性は、多くの実験室研究で実証されています。

EGCGを用いた細胞株での多数の研究に基づいて、癌のシグナル伝達と代謝経路を調節するための多くのメカニズムが提案されています。

この記事では、酸化還元活性、生化学的特性、主要な酵素またはシグナル伝達タンパク質への結合を含む、茶カテキンの癌予防作用と作用機序について概説します。これらのメカニズムは、細胞増殖の抑制、アポトーシスの増加、および血管新生の阻害につながります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27941682/

お茶による発がんの抑制

緑茶による腫瘍形成の阻害は、皮膚、肺、口腔、食道、前胃、胃、小腸、結腸、膵臓、乳腺などのさまざまな臓器部位の動物モデルで実証されています。

細胞増殖および形質転換の阻害、前腫瘍性および腫瘍性細胞のアポトーシスの誘導、ならびに腫瘍浸潤および血管新生の阻害をもたらすシグナル伝達経路の調節を含む、茶による発癌の阻害について多くのメカニズムが提案されてきた。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11807163/

茶カテキンによる癌細胞のテロメラーゼ阻害、テロメア短縮、老化

動物のinvivo研究と人間の疫学的観察は、お茶に対する強力な抗癌効果を示しました。

ここでは、主要な茶カテキンであるエピガロカテキンガレート(EGCG)が、染色体の先端を維持することによって癌細胞の増殖能力を解き放つために不可欠な酵素であるテロメラーゼを強力かつ直接的に阻害することを示します。

テロメラーゼ阻害は、無細胞系(細胞抽出物)および生細胞で詳細に説明されました。さらに、2つの代表的なヒト癌細胞株であるU937単芽球性白血病細胞とHT29結腸腺癌細胞の継続的な増殖は、非毒性濃度のEGCGの存在下で、テロメア短縮、染色体異常、および老化の発現を伴う寿命制限を示しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/9712707/

緑茶の薬効:パートII。抗がん作用のレビュー

緑茶抽出物には、さまざまな形態の癌の予防と治療に関連する可能性のある抗酸化、抗血管新生、および抗増殖アッセイで生物学的活性を有する独自のカテキンのセットが含まれています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16131288/

茶カテキンによるガン予防に関するメカニズムの問題

緑茶に最も豊富で活性のあるポリフェノールである(エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)によるシグナル伝達と代謝経路の調節を実 証した細胞株の研究に基づいて、癌予防の多くのメカニズムが提案されています。これらの分子イベントは、アポトーシスの増強、細胞増殖の抑制、血管新生の阻害などの細胞変化を引き起こす可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21538856/

緑茶と食道がんと肺がんの予防

緑茶には高濃度の茶ポリフェノールが含まれており、食道や肺などのさまざまな臓器部位の動物モデルで発がん性物質によって誘発される腫瘍の発生、進行、成長に対して抑制効果を示しています。緑茶ポリフェノールは、細胞増殖を抑制し、アポトーシスを誘導することも示されています。緑茶ポリフェノールは、抗酸化作用に加えて、特定の条件下で酸化促進作用があり、環境毒物や発がん物質の解毒経路を強化できるフェーズII代謝酵素を調節します。

疫学研究は、人間全体の食道癌および肺癌の発症に対する緑茶摂取の影響について決定的な結果を提供していませんが、緑茶の摂取量と食道がんのリスクとの逆相関は、潜在的な交絡因子を適切に管理した研究でより一貫して観察されます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21538848/

がん予防のための緑茶(Camelliasinensis

カテキンは強力な抗酸化物質であり、実験室での研究により、これらの化合物が癌細胞の増殖を阻害する可能性があることが示唆されています。いくつかの実験的および非実験的な疫学研究は、緑茶が癌予防効果を持っているかもしれないことを示唆しました。

当レビューで緑茶の摂取と、一次転帰としてのがん発生率および死亡率のリスクと、二次転帰としての安全性データおよび生活の質との関連の可能性を評価。

緑茶の最高摂取量と最低摂取量を比較すると、52,479人の参加者を対象とした3つの研究に基づいて、全体的ながん発生率が低いことがわかりました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32118296/

お茶はガンを予防しますか?実験室および人間の介入研究からの証拠

お茶に含まれるポリフェノール成分とカフェインの両方が、潜在的な癌予防化合物として関係しているとされています。

相対的な重要性は、がんの種類によって異なるようです。

茶と緑茶カテキンは、多くの臓器部位で腫瘍形成を阻害し、発がんの開始段階または開始後の段階で投与すると効果的であることが示されています。

フェーズII代謝の調節、酸化還元環境の変化など、お茶の癌予防効果を説明するために、いくつかの潜在的なメカニズムが提案されています。成長因子シグナル伝達の阻害、およびその他。実験室での研究に加えて、お茶が癌の進行を遅らせ、発癌に関連するバイオマーカーを変更できることを示唆する人間の介入研究が増えています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24172300/

緑茶とその成分の癌に対する考えられるメカニズム

多くの疫学的、臨床的、および実験的研究は、緑茶の投与が抗癌活性を持っているように見えることを示しました。実験室の細胞培養研究の結果によると、癌に対する緑茶カテキンの効果の根底にある多様なメカニズムが観察されています。これらのメカニズムには、抗酸化活性、細胞周期調節、受容体型チロシンキナーゼ経路阻害、免疫系調節、およびエピジェネティック修飾制御が含まれます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30205425/

緑茶カテキンによる癌の化学的予防:ベンチからベッドまで

多くの疫学研究およびさまざまな動物モデルを使用した多数の実験研究により、緑茶の摂取または投与が癌の化学的予防活性を発揮するように見えることが観察されています。多くの実験室での細胞培養調査の結果に基づいて、緑茶カテキンの抗癌活性、特に最も豊富で活性な成分である(エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)の抗癌活性の根底にあるいくつかのメカニズムが仮定されています緑茶で。これらのメカニズムには、抗酸化活性の促進、NF-κBおよびAP-1の阻害、細胞周期の調節、受容体型チロシンキナーゼ経路の阻害、エピジェネティック修飾の制御、および免疫系の調節が含まれます。ヒトにおける緑茶カテキンの抗発がん性を調べるいくつかの最近の介入研究は、ヒトの臨床試験へのそれらの適用の可能性を示唆する有望な結果をもたらしました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23140294/

緑茶成分エピガロカテキン-3-ガレートの抗癌活性の新しいメカニズム

水に次いで、お茶は最も広く消費されている飲料です。緑茶の主な有効成分はカテキンであり、その中でエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)が最も豊富で活性な化合物です。EGCGを主成分とする緑茶カテキンを使用した動物実験研究により、天然に存在する化合物および一般的に消費される飲料成分としてのEGCGが有望な癌予防剤であることを示唆する証拠が山積しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24851882/

エピガロカテキンガレート(EGCG)が膀胱尿路上皮癌に及ぼす影響次世代シーケンシングおよびバイオインフォマティクスアプローチ

エピガロカテキンガレート(EGCG)は、緑茶の葉に含まれるポリフェノール化合物であり、複数のシグナル伝達経路を調節および調節することにより、さまざまな種類の癌の潜在的な抗癌剤です。

EGCG処理膀胱TCC細胞で差次的に発現する合計108の遺伝子が同定されました。これらの遺伝子は、主にニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)の生合成、炎症反応、酸化還元代謝に関与していました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31805718/

緑茶による癌予防:疫学研究からの証拠

観察研究と介入研究の両方が、口腔消化管癌の発症における緑茶摂取の保護的役割、または口腔の前癌病変に対する緑茶抽出物の経口補給の抑制的役割を支持する証拠を提供しました。

緑茶の摂取量と肺がんリスクとの逆相関を喫煙経験のない人間で観察。

いくつかの第2相臨床試験では、前立腺前癌病変から悪性腫瘍への進行に対する緑茶抽出物の抑制効果が示されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24172305/

表在性膀胱癌の治療のためのEGCG(茶カテキン)の処方と特性化

表在性膀胱癌の動物モデルにおける腫瘍細胞の移植/増殖を防ぐために、MMC(医療用医薬品)と比較して茶カテキン(EGCG)の有効性を調べました。実験は、茶カテキン(EGCG)がMMC(抗がん医療用医薬品)よりもわずかに効果的であり、腫瘍細胞の移植とその結果としての膀胱内の癌の増殖を減少させることを示しています。

これは膀胱癌の治療におけるEGCGの効果的な使用に役立つ可能性があると考えています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28627636/

茶の木は、U2OS骨肉腫細胞のアポトーシスとNIH3T3線維芽細胞の創傷治癒の可能性を増加させました

茶の木は、ポリフェノールが豊富で、抗酸化作用、抗炎症作用、抗変異原作用、抗発癌作用、抗菌作用がある植物です。

茶の木抽出物は有意な抗癌効果を示しました。

重要なアポトーシス特性を示し、創傷治癒の可能性があります。

アポトーシス性骨肉腫細胞死に対しても効果的。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28509991/

緑茶の主成分である没食子酸エピガロカテキン(EGCG)による腫瘍浸潤と血管新生の阻害

疫学研究は、緑茶の摂取がガンのリスクを減らすかもしれないことを示唆しています。さらに、いくつかの研究所からの豊富な前臨床データは、緑茶に存在するポリフェノールがinvivoおよびinvitro研究の両方で癌に対する保護を提供するという説得力のある証拠を提供しています。

緑茶成分は推定化学予防剤であり、緑茶の主成分であるエピガロカテキンガレート(EGCG)が、腫瘍の成長と転移に不可欠なプロセスである腫瘍の浸潤と血管新生を阻害することが報告されました。

GCGが腫瘍の浸潤と血管新生を阻害する基本原理を理解することは、癌の化学予防剤としての緑茶の役割をサポートすることに加えて、新しい治療戦略の開発につながる可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11846837/

エピガロカテキン-3-ガレートは幹様の炎症性乳がん細胞を阻害します

炎症性乳がん(IBC)は、増殖、リンパ管新生、転移の発生率が高く、全体的な生存率が低いことを特徴とする非常に攻撃的ながんの形態です。

定期的な緑茶の摂取は、再発リスクの低下など、乳がん患者の予後の改善に関連しているため、ここでは、緑茶ポリフェノールエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)の効果を2つのIBCライン(SUM-149およびSUM)でテストしました。 -190。EGCGは、増殖、移動、浸潤、および生存を促進する遺伝子の発現を減少させました。一貫して、IBC細胞の成長、侵襲性、および生存は、EGCG治療によって減少しました。EGCGはまた、リンパ管新生を促進する遺伝子、特にVEGF-Dを減少させました。

EGCG処理IBC細胞からの馴化培地は、hTERT-HDLECリンパ管内皮細胞の遊走と管形成によって測定されるように、VEGF-D分泌の低下と、invitroでのリンパ管新生を促進する能力の低下を示しました。

SUM-149細胞による腫瘍球形成はEGCGによって強力に阻害され、自己複製能力への影響を示唆しています。

以前は患者の予後不良に関係していた、アルデヒドデヒドロゲナーゼ(ALDH)活性の高い幹様SUM-149細胞が単離されました。EGCG処理は、培養中の幹様SUM-149細胞の増殖を抑制し、アポトーシスを誘導しました。

同所性マウスモデルでは、EGCGはALDH陽性幹様SUM-149細胞に由来する既存の腫瘍の増殖とVEGF-Dの発現を減少させ、これは腫瘍周囲リンパ管密度の有意な減少と相関していました。したがって、EGCGは全体的な攻撃的なIBC表現型を阻害します。EGCGによる幹様細胞コンパートメントの減少は、緑茶を飲む人の間での乳がん再発のリスクの減少を説明するかもしれません。

最近の臨床試験は、低毒性の前立腺癌およびリンパ性白血病の治療における緑茶ポリフェノール抽出物の有効性を示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24039951/

緑茶ポリフェノール:癌における生物学と治療上の意味

主に人口ベースの研究からの複数の証拠は、緑茶の摂取が癌や糖尿病などのいくつかのヒトの悪性腫瘍のリスクの低下に関連していることを示唆しています。緑茶に含まれる主要なポリフェノールであるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、抗がん作用の可能性がある広く研究されている化学予防剤です。緑茶ポリフェノールは、血管新生と転移を阻害し、複数のシグナル伝達経路の調節を通じて成長停止とアポトーシスを誘導します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17569617/

結腸癌の予防における緑茶ポリフェノール

緑茶ポリフェノール(GTP)に含まれるエピガロカテキンガレート(EGCG)が、アポトーシスを誘発し、結腸直腸癌(CRC)を含むヒトの癌の形成と成長を抑制することができる最も強力な化学予防剤として特定されました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17127241/

お茶による癌予防:動物研究、分子メカニズムおよび人間の関連性

お茶の抽出物、特に緑茶、およびお茶のポリフェノールは、動物モデルのさまざまな臓器部位での腫瘍の形成と発達を阻害することが示されています。

茶ポリフェノール、特に(エピガロカテキン-3-ガレートが酵素活性とシグナル伝達経路を阻害し、細胞増殖の抑制とアポトーシスの増強、ならびに細胞浸潤、血管新生の阻害をもたらすというかなりの証拠があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19472429/

(-)-エピガロカテキン-3-ガレートは、VEGF産生と血管新生を減少させることにより胃癌の増殖を阻害します

胃癌の増殖に対する(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)の効果とその考えられるメカニズムを調査

結果:EGCGの腹腔内注射は胃癌の増殖を60.4%抑制しました。EGCGで治療された腫瘍組織のMVDは著しく減少しました。EGCG治療はinvitroおよびinvivoでVEGFタンパク質レベルを低下させました。腫瘍細胞におけるVEGFの分泌およびmRNA発現もまた、用量依存的にEGCGによって抑制された。

EGCGはまた、VEGFによって誘発される内皮細胞の増殖、遊走、および管形成を阻害しました。

結論: EGCGは、VEGFの産生と血管新生を減少させることにより胃癌の増殖を抑制し、胃癌の抗血管新生治療の有望な候補です。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17451194/

緑茶ポリフェノールエピガロカテキン-3-ガレートによるFOXO3aの活性化は、乳がん細胞の浸潤性表現型を逆転させるエストロゲン受容体α発現を誘導します

以前、我々は、生物活性緑茶ポリフェノールエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)がHer-2/neu過剰発現を伴う乳がん細胞の軟寒天での増殖を阻害することを示しました。

ここでは、Her-2 / neu駆動乳腺腫瘍細胞のEGCG治療が、上皮間葉転換(EMT)経路の主要な調節因子の発現を変化させ、浸潤性表現型を低下させることを示します。

一貫して、EGCGはマトリゲルの分岐コロニーの成長と侵入を抑制しました。

EGCG治療は、同様に、核因子-κBc-RelおよびプロテインキナーゼCK2によって駆動されるマウス乳腺腫瘍細胞の浸潤性表現型を阻害しました。

EGCGによるFOXO3aの活性化は、ERalpha陽性乳がん細胞で観察された浸潤性表現型の逆転に重要な役割を果たすと仮定しました。EGCG治療はFOXO3aを活性化しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17575143/

放射線療法中の乳癌患者における茶エピガロカテキン-3-ガレートの抗癌活性

この研究の目的は、広く消費されているお茶に豊富に存在するポリフェノールであるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)の投与が、乳がん患者の細胞増殖、浸潤、血管新生を阻害するという仮説を検証することでした。400 mgカプセルのEGCGは、放射線療法による治療を受けている乳がん患者に13回経口投与されました。細胞増殖、浸潤、および血管新生に関連するパラメーターを分析し、血液サンプルをさまざまな時点で収集して、EGCG治療の有効性を判断しました。放射線療法のみを受けた患者と比較して、放射線療法とEGCGを長期間(28週間)投与された患者は、血管内皮増殖因子(VEGF)、肝細胞増殖因子(HGF)の血清レベルが有意に低かった。メタロプロテイナーゼ-9およびメタロプロテイナーゼ-2MMP9 / MMP2)の活性化の低下。放射線療法とEGCG摂食の組み合わせで28週間治療された患者から得られた血清を、高転移性ヒトMDA-MB-231乳癌細胞のin vitro培養に添加すると、以下の有意な変化が生じました。(1)細胞増殖の抑制と侵入2G0/G1期での細胞周期の停止。(3MMP9 / MMP2の活性化、Bcl-2 / Baxの発現、c-Met受容体、NF-κB、およびAktのリン酸化の低下。510 µMEGCGに曝露されたMDA-MB-231細胞は、NF-κBタンパク質レベルの低下とAKTリン酸化を伴う、γ線のアポトーシス誘導効果の有意な増大も示しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22280355/

緑茶(-)-エピガロカテキン-3-ガレートは、HGF/c-Metの抑制を通じて口腔がんのHGF誘発性進行を阻害します

エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、細胞の望ましくない増殖と浸潤を制御する方法で複数のシグナル経路を調節し、それによって癌の化学的予防および治療効果を与えることが示されています。

この研究では、invitroおよびinvivoでHGF誘発性腫瘍増殖および口腔癌の浸潤を阻害する際のEGCGの効果を調査しました。

KB口腔癌細胞株におけるHGF誘導性細胞増殖、遊走、浸潤、アポトーシスの誘導、およびHGF/c-Metシグナル伝達経路の調節に対するEGCGの効果を調べました。

同系マウスモデル(C3H / HeJマウス、SCC VII / SF細胞株)において、EGCGによる抗腫瘍効果とc-Met発現の阻害を調べた。HGFは、KB細胞において、細胞増殖、遊走、浸潤、およびMMP(マトリックスメタロプロテイナーゼ)-2およびMMP-9の誘導を促進しました。EGCGは、HGFが誘導するMetのリン酸化と細胞増殖、MMP-2およびMMP-9の浸潤と発現を有意に抑制しました。EGCGは、HGFが誘導するc-Metおよび下流のキナーゼAKTおよびERKのリン酸化をブロックし、EGCGによるp-AKTおよびp-ERKの阻害は、p38、JNK、切断型カスパーゼ-3およびポリADPリボースポリメラーゼ。

C3H / HeJ同系マウスでは、in vivoモデルとして、EGCGにより腫瘍増殖が抑制され、アポトーシスが増加しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21292466/

お茶によるガン予防:実験室研究からの証拠

お茶のガン予防作用は広く研究されてきました。緑茶抽出物と茶ポリフェノールによる腫瘍形成の阻害は、皮膚、肺、口腔、食道、胃、小腸、結腸、膀胱、肝臓、膵臓、前立腺、および乳腺の癌を含むさまざまな動物モデルで実証されています

細胞株での多くの研究は、緑茶に最も豊富で活性のあるポリフェノールである(エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)によるシグナル伝達と代謝経路の調節を示しています。これらの分子イベントは、アポトーシスの増強、細胞増殖の抑制、血管新生の阻害などの細胞変化を引き起こす可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21397027/

ヒト腫瘍細胞における茶ポリフェノールの潜在的な分子標的:癌予防における重要性

水に次ぐ世界で最も人気のある飲料はお茶であり、この飲料のガン予防効果が示唆されています。疫学研究では、緑茶を定期的に飲む人のガンの発生が減少していることが示されています。豊富な研究は、これらの観察を説明するための多くの作用機序を示唆しています。お茶の研究で研究された最も豊富で人気のある化合物は、(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)です。これは強力な抗酸化剤として作用し、腫瘍細胞の増殖および生存に関連する多くのタンパク質を阻害できます。

茶ポリフェノールは、腫瘍の生存と転移にそれぞれ関与する大きな多触媒プロテアーゼ(プロテアソーム)とメタロプロテオナーゼを阻害することが知られています。さらに、茶ポリフェノールは多くの腫瘍関連プロテインキナーゼの活性を阻害します。上皮成長因子受容体、血管内皮成長因子受容体、血小板由来成長因子受容体、マイトジェン活性化プロテインキナーゼ、およびIkBキナーゼを含みます。茶ポリフェノールは、DNAの複製と変換を調節するいくつかの癌関連タンパク質を阻害することもわかっています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12494882/

緑茶による口腔がんの化学的予防

緑茶ポリフェノールは、口腔がん細胞を含む多くの種類の腫瘍細胞でアポトーシス(プログラムされた細胞死)を誘発することがわかっています。

EGCGは口腔癌細胞の増殖と浸潤を抑制することができました。

緑茶とその成分に対する正常細胞と悪性細胞の間のこれらの異なる反応は、細胞周期調節因子であるp57の誘導と相関していた。これらのデータは、緑茶ポリフェノールの化学的予防効果が、正常な上皮細胞におけるp57を介した生存経路に関与している可能性がある一方で、口腔癌細胞はアポトーシス経路を経ていることを示唆しています。したがって、緑茶を定期的に摂取することは、口腔がんの予防に役立つ可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12004708/

緑茶とガンの予防

緑茶と緑茶ポリフェノールの抽出物は、動物のさまざまな臓器部位での腫瘍の形成と発達に対して抑制効果を示しました。これらには、皮膚、肺、口腔、食道、胃、腸、結腸、肝臓、膵臓、膀胱、乳腺、および前立腺癌の動物モデルが含まれます。緑茶ポリフェノール、特に(エピガロカテキン-3-ガレートは、細胞増殖の抑制、アポトーシスの促進、シグナル伝達の調節に加えて、細胞の浸潤、血管新生、転移を抑制します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20924968/

緑茶の主成分であるEGCGは、ヒト結腸癌細胞におけるVEGF誘導を阻害することにより腫瘍増殖を阻害します

カテキンは、抗増殖性を持つお茶の重要な成分です。

in vitro試験では、緑茶抽出物に最も豊富に含まれるカテキンである(-)-エピガロカテキンガレート(EGCG)が、用量依存的にErk-1およびErk-2の活性化を阻害しました。

EGCGはまた、血清飢餓によって誘発されるVEGF発現とプロモーター活性の増加を抑制しました。

インビボ(生命体)研究では、EGCGによる治療は、腫瘍増殖(58%)、微小血管密度(30%)、腫瘍細胞増殖(27%)を抑制し、対照条件と比較して腫瘍細胞アポトーシス(1.9倍)および内皮細胞アポトーシス(3倍)を増加させました。 

EGCGは、VEGFの誘導をブロックすることで血管新生を阻害することにより、その抗がん効果の少なくとも一部を発揮する可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11259102/

(-)-エピガロカテキンガレートは、血管内皮増殖因子-血管内皮増殖因子受容体軸の活性化を阻害することにより、ヒト肝細胞癌細胞の増殖を抑制します

緑茶の主要な生物学的活性成分であるエピガロカテキンガレート(EGCG)は、いくつかのタイプの受容体型チロシンキナーゼの活性化を阻害することにより、さまざまなヒト癌細胞の増殖を阻害します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19558547/

緑茶カテキンと抗がん剤の組み合わせによる新しいがん治療戦略

緑茶は現在、最も効果的なガン予防飲料として認識されています。ある研究では、緑茶抽出物の錠剤を毎日補充した10杯の日本サイズの緑茶は、ヒトの結腸直腸ポリープの再発を50%に制限しました。

したがって、緑茶を消費し、抗がん剤を服用しているがん患者は、二重の予防策があります。

エピガロカテキンガレート(EGCG)と抗がん剤の組み合わせの効果を、細胞増殖の阻害とアポトーシスの誘導に焦点を当てて研究しました。タモキシフェン、COX-2阻害剤、レチノイドなどの多数の抗がん剤が実験に使用され、EGCGCOX-2阻害剤の組み合わせは一貫してアポトーシスの増強を誘導しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21199169/

緑茶:三次がん予防のための抗がん剤との効果的な相乗剤

緑茶は現在、日本で認められている癌予防薬です。ヒトの結腸直腸腺腫と前立腺癌が予防されたという証拠に基づいて、抗癌剤と緑茶カテキンの組み合わせが相乗的にヒト癌細胞のアポトーシスを誘導し、マウスの腫瘍形成を阻害し、腫瘍増殖の阻害を増強するという概念をここでレビューします異種移植マウスモデルにおいて。組み合わせによる分子メカニズムとして、成長停止とDNA損傷誘導性153GADD153CHOP)遺伝子発現の誘導は、細胞死受容体5TRAILアポトーシス経路に関連して説明されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22626556/

緑茶カテキンに対する複数の処理、およびDNAとRNAの両方の直接結合の相乗効果

EGCGが二本鎖DNAオリゴマーを二本鎖融解から一本鎖DNAに保護することを示唆している。カテキンは、in vivoでの緑茶飲料の複数回投与により、二本鎖DNAとRNA分子の両方に蓄積し、蓄積された緑茶カテキンは、ヒトの癌予防に重要な役割を果たしていると考えられます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17440927/

受容体型チロシンキナーゼを標的とすることによる緑茶カテキンによる癌の化学的予防

(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、緑茶の主要なカテキンであり、上皮成長因子の活性化をブロックすることにより、細胞増殖を阻害し、結腸直腸癌や肝細胞癌細胞を含むさまざまな種類の癌細胞のアポトーシスを誘導します

EGCGは、インスリン様成長因子1受容体(IGF-1R)およびRTKファミリーの他のメンバーであるVEGFR2の活性化を阻害し、この効果は、この薬剤の抗癌および化学予防特性にも関連しています。EGCGは、膜脂質組織を変化させ、その後の二量体化とこの受容体の活性化を阻害することにより、EGFRの活性化を部分的に抑制します。

予備試験では、緑茶カテキンが、重篤な副作用を引き起こすことなく、結腸直腸腺腫などの前癌病変の発症と進行をうまく予防できることが示されています。

本報告書は、GTCが特定のRTK、特にEGFR、IGF-1R、およびVEGFR2の活性化を阻害することによって抗癌および化学予防効果を発揮することを示す証拠をレビューし、茶カテキンを使用してRTKおよびそれらに関連するシグナル伝達経路を標的とすることが有望な戦略である可能性があると結論付けています。人間の癌予防のため。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21538846/

緑茶ポリフェノールとその構成要素であるエピガロカテキンガレートは、invitroおよびinvivoでヒト乳がん細胞の増殖を阻害します

緑茶ポリフェノールは、さまざまな前臨床動物モデルの前立腺癌に保護効果があることが示され、他のいくつかの癌タイプにも有効であると報告されています。

乳がんのリスクと緑茶の摂取量との逆相関もアジア系アメリカ人で報告されています。いくつかの疫学研究は、定期的に緑茶を消費するアジアの人口では乳がんの進行が遅れることを示しています。

この研究では、invitro細胞培養モデルとinvivo乳がんの無胸腺ヌードマウスモデルの両方を使用して、腫瘍退縮における緑茶ポリフェノール(GTP)とその構成要素であるエピガロカテキンガレート(EGCG)の有効性を報告します。

緑茶成分の治療は、フローサイトメトリーによって評価されるように、G1期で細胞周期を停止させる能力を持っていました。

緑茶成分で処理したヌードマウスは、給水して同様に処理した対照と比較した場合、腫瘍の発生を遅らせるだけでなく、腫瘍の負担を軽減するのに効果的でした。

腫瘍組織切片を免疫組織化学で調べたところ、緑茶成分での治療もアポトーシスを誘導し、増殖を阻害することがわかりました。

我々の結果は、緑茶成分での処理が増殖を阻害し、invitroおよびinvivoでMDA-MB-231細胞のアポトーシスを誘導することを示唆しています。全体として、これらのデータは、GTPとEGCGが抗腫瘍特性を持っているという私たちの主張を支持しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16519995/

乳がんおよび前立腺がんの治療におけるエピガロカテキンガレート(EGCG)の役割

緑茶とその主成分であるエピガロカテキンガレート(EGCG)は、癌を含むさまざまな病気の潜在的な治療法として広く研究されてきました。疫学データは、EGCGがホルモン関連の癌、すなわち乳癌または前立腺癌に対する保護効果を提供する可能性があることを示唆しています。ホルモン応答性および非応答性細胞株の両方を使用した広範なinvitro調査は、EGCGがアポトーシスを誘導し、細胞の生存とアポトーシスに重要な細胞周期調節タンパク質の発現を変化させることを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16945390/

食事中のポリフェノールによるテロメラーゼの遮断は、invitroおよびinvivoでのヒト癌細胞の増殖を制限するための主要なメカニズムです

動物および疫学の研究により、ポリフェノール(カテキン、フラボン、アントシアニンなど)が豊富な食品や飲料を摂取すると、がんの発生率が低下することが明らかになり、この効果を説明するためにいくつかの分子メカニズムが提案されています。

この研究では、癌関連酵素テロメラーゼの阻害が、主要な茶ポリフェノールであるエピガロカテキンガレート(EGCG)による癌阻害に関与する重要なメカニズムであるという明確なinvitroおよびinvivoの証拠を提示します

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12591733/

茶葉を読む:(-)-エピガロカテキン-3-ガレートの抗発癌性

明らかに、EGCGは抗酸化剤として機能し、健康な細胞の酸化的損傷を防ぎますが、抗血管新生剤としても機能し、腫瘍が大きくなるために必要な血液供給を発達させるのを防ぎます。

さらに、EGCGは、細胞周期を負に調節して分裂の継続を防ぐことにより、癌細胞のアポトーシスを刺激する可能性があります。

最後に、EGCGは抗菌活性を示します。これは胃がんの予防に関係している可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17550753/

エピカテキン-3-ガレートによる癌の化学的予防における分子標的としての多段階発癌プロセス

緑茶の摂取は、癌の発症リスクの低下と長い間関連してきました。(-)-エピカテキン-3-ガレート(ECG)または(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、緑茶の主要な抗酸化ポリフェノール化合物です。

それらは、培養中の様々な癌細胞の成長阻害能およびインビボモデルにおける抗腫瘍活性を発揮することが示されている。

ECGまたはEGCGは、タンパク質、転写因子、酵素などのさまざまな分子と相互作用する可能性があります。これらの分子は、細胞内シグナル伝達経路の調節を介して発がんの複数の段階をブロックします。

さらに、ECGおよびEGCGは、フェーズII酵素の誘導、抗炎症反応の媒介、細胞増殖およびアポトーシス効果の調節、腫瘍血管新生の防止などの薬理学的および生理学的特性を備えています。浸潤および転移。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21779554/

食道癌に対する(-)-エピガロカテキン-3-ガレートの阻害効果

緑茶を飲むと食道がん(EC)のリスクを下げることができることを示す疫学的証拠があります。この効果は主に茶ポリフェノールとその最も豊富な成分である(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)に起因します。

EGCGの腫瘍形成阻害の考えられるメカニズムには、癌細胞の増殖、血管新生、DNAメチル化、転移、および酸化ストレスに対する抑制効果が含まれます。

EGCGは、ECに関与する複数のシグナル伝達および代謝シグナル伝達経路を調節します。EGCGを他の治療法と組み合わせて使用 した場合にも相乗効果が観察されました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30857144/

緑茶ポリフェノールは、LPSまたはTNF-αによって誘導されるマトリックスメタロプロテアーゼ-9/2を阻害することにより、ヒト胃MKN-28細胞の浸潤性に影響を与えます。

緑茶ポリフェノールは、酸化ストレスと細胞浸潤性に対して緑茶が示す有益な効果の原因となる分子として特定されています。

この研究では、ヒト胃MKN-28細胞株における緑茶ポリフェノール抽出物(GTP)の効果を調査しました。

この目的のために、我々は最初に酸化ストレス誘発性細胞損傷に対するGTPの効果を評価しました。10-4による前処理GTPのMカテキン当量は、キサンチン-キサンチンオキシダーゼによって誘発される細胞毒性に対して保護効果を発揮し、GTPの抗酸化特性を確認します。

GTPの効果は、炎症誘発性因子として、TNF-αまたはLPSで刺激されたMKN-28細胞の浸潤能にも拡張されました。

我々の結果は、GTPによる前処理が、TNF-αまたはLPSで刺激されたMKN-28細胞の馴化培地におけるタンパク質および酵素活性レベルの両方でMMP-9/2発現を減少させることができたことを示した。

結論として、我々の結果は、緑茶ポリフェノール抽出物が、TNF-αまたはLPSによって誘発されるMMP-9/2のアップレギュレーションの減少を通じて胃のMKN-28癌細胞の浸潤性を減少させることを示しました。したがって、これらのデータは、緑茶ポリフェノール抽出物が胃癌の転移過程に対して保護的な役割を果たす可能性があるという仮説を支持しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29450132/

 

・抗アレルギー作用(花粉症抑制)

アレルギーとは?

 アレルギーは、粘膜にあるマスト細胞や血液にある好塩基球上にIgEという免疫グロブリンとアレルゲンが結合してヒスタミンが放出されることによって始まる過剰な免疫反応です。

緑茶カテキンの抗アレルギー作用

メチル化カテキンは、マスト細胞や好塩基球でのヒスタミン放出を強く抑えることによって抗アレルギー作用を発揮することがわかっています。

https://shizuoka-cha.com/files/9114/4178/2051/10secrets_of_green_tea.pdf

・消臭効果

・虫歯予防

緑茶抽出物は、ラットの実験的歯周炎における歯周破壊の発症を抑制します

緑茶抽出物は、抗炎症作用を含むさまざまな生物学的効果を発揮します。

ここでは、ラットモデルの歯周炎の発症に対する緑茶抽出物の抑制効果を調べました。

緑茶抽出物グループの付着の喪失、歯槽骨のレベル、炎症性細胞浸潤、およびRANKL発現は、LPSグループのそれらと比較して有意に減少しました。

これらの発見は、緑茶抽出物が実験的歯周炎のラットモデルにおいて付着の喪失と歯槽骨の吸収の開始を抑制することを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25340204/

エピガロカテキンガレートが豊富な緑茶抽出物は、実験的歯周病の卵巣切除ラットの歯槽骨喪失を損なう

フラボノイドエピガロカテキンガレート(EGCG)が骨粗鬆症や歯周病などの病状における骨量減少を減少させる可能性があることを示しています。

その考えられる効果を検証し、これらの疾患の治療と予防に適用するために、この調査は、組織学的、形態学的な実験的歯周病(EPD)後の卵巣切除ラットの骨代謝に対する緑茶抽出物(GTE)の影響を評価することを目的としました

組織学的および形態計測的分析は、GTEを受けたグループで肺胞および大腿骨小柱の骨量減少の有意な減少を示しました。マイクロトモグラフィーの結果は、OVX + EPD+GTEグループの歯槽骨の根間中隔における骨梁の厚さと骨表面密度の値が偽のグループと類似していることを示しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33174663/

茶カテキンは、トール様受容体2リガンドで刺激された歯髄細胞のマイトジェン活性化プロテインキナーゼ経路を介して炎症反応を軽減します

緑茶に含まれるポリフェノール化合物であるカテキンは、抗酸化作用や抗炎症作用など、複数のメカニズムを通じて保護作用と治癒作用を発揮します。

これらの発見は、カテキンが歯髄の炎症の抗炎症モジュレーターとして治療的に有用である可能性があることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20176036/

細菌由来の因子の影響を受けた培養ヒト歯髄細胞に対するカテキンの抗炎症効果

カテキン(緑茶に含まれる生理活性ポリフェノール)は、強力な抗炎症作用を示すことが知られています。

EGCGおよびECGの存在は、濃度依存的に、リポ多糖(LPS)またはペプチドグリカン(PG)に曝露された歯髄細胞におけるIL-6およびIL-8の発現を有意に減少させました。

細菌成分に応答した歯髄細胞での細胞間接着分子-1(ICAM-1)および血管細胞接着分子-1(VCAM-1)の発現の増加も、EGCGおよびECGでの処理によって減少しました。

緑茶カテキンが歯髄炎の悪化を防ぐ可能性があることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20487003/

カテキンは、ヒト歯髄細胞における血管内皮増殖因子産生とシクロオキシゲナーゼ-2発現を阻害します

カテキンは、ヒト歯髄細胞(HDPC)におけるリポ多糖(LPS)またはペプチドグリカン(PG)を介した血管内皮増殖因子(VEGF)産生を用量依存的に有意に減少させました。

さらに、IL-1βを介したVEGF産生も防ぎました。

TNF-αは歯髄細胞でのVEGF産生を増強しませんでしたが、20μgmL(-1)のEGCGの処理はVEGFのレベルを低下させました。さらに、カテキンは、LPSおよびIL-1βによって誘導されるCOX-2発現を弱めました。

これらの細菌由来因子またはIL-1βで刺激されたHDPCにおける上方制御されたVEGFおよびCOX-2発現は、EGCGおよびECGの治療によって減少しました。これらの発見は、カテキンが歯髄の炎症の治療の抗炎症ツールとして有益である可能性があることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24847951/

・血圧上昇抑制作用

緑茶カテキンとスポーツパフォーマンス

近年、緑茶を摂取することによる多くの健康上の利点が報告されています。これには、フリーラジカルや活性酸素種に関連する癌などの病気、または心臓血管や神経変性疾患の予防が含まれます。カテキンの抗酸化特性に加えて、それらの抗糖尿病、抗菌、抗炎症および抗肥満活性も報告されています(Zaveri、2006)。緑茶の健康上の利点は、主に、カテキンが活性酸素種を除去したり、金属イオンとキレートしたりする能力など、その抗酸化特性に起因しています。抗酸化作用に加えて、GTCは、細胞死と生存に関連するシグナル伝達経路のいくつかの分子標的に影響を与えると言われています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26065095/

茶ポリフェノールは血管機能に役立ちます

お茶またはお茶のポリフェノールを摂取することによる多様な心臓保護効果は、高血圧、アテローム性動脈硬化症、糖尿病患者、高コレステロール血症、肥満などの病的状態に記載されており、お茶のポリフェノールの抗酸化、抗血栓形成、抗炎症、降圧および低コレステロール血症の特性に起因します。

このレビューは、実験動物モデルでのinvitroおよびinvivo研究、および4つの領域でのヒト被験者の研究に基づいた茶ポリフェノールの心血管系の利点に焦点を当てています。(2)内皮機能障害に対する保護効果。(3)抗酸化作用および(4)脂質低下作用。アテローム性動脈硬化症と高血圧症に対するお茶の効果について簡単に説明します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18815738/

・血糖上昇抑制作用

緑茶カテキン:心血管障害における防御的役割

カテキンなどのフラボノイドの主要な供給源である緑茶、Camellia sinensis(ツバキ科)は、最近、さまざまな実験的および臨床的研究を通じて、複数の心血管の健康上の利点を示しています。

これらの研究は、緑茶カテキンが有害な心血管イベントの発生を防ぎ、また心血管死亡率を低下させることを示唆しています。緑茶に含まれるカテキンは、酸化ストレスを減らし、炎症性イベントを防ぎ、血小板凝集を減らし、血管平滑筋細胞の増殖を止めることにより、アテローム性動脈硬化症、高血圧、内皮機能障害、虚血性心臓病、心筋症、心肥大、うっ血性心不全を予防する能力があります。

カテキンは、抗酸化酵素を誘導することにより、抗酸化効果をもたらします。プロオキシダント酵素を阻害し、フリーラジカルを除去します。カテキンは、転写因子NF-κBを介したサイトカインおよび接着分子の産生を阻害することにより、抗炎症作用を示します。緑茶カテキンは血管成長因子を妨害し、血管平滑筋細胞の増殖を抑制し、血小板の付着を抑制することで血栓形成を抑制します。さらに、カテキンは血管内皮細胞を保護し、血管の完全性を高め、血圧を調節する可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23845542/

緑茶(Camellia sinensis)カテキンと血管機能

緑茶(Camellia sinensis)カテキンの健康上の利点はますます認識されるようになっています。提案された利点の中には、内皮機能と血管恒常性の維持、および関連するアテローム発生とCVDリスクの減少があります。

結論として、血管機能に対する緑茶カテキンのプラスの効果が明らかになりつつあります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19751534/

[緑茶、心血管疾患の予防に適していますか?]

お茶(Camellia sinensis)は、何世紀にもわたって医療用飲料として使用されてきました。

世界の人口の約3分の2がお茶を飲んでいます。

緑茶は発酵せず、アジア諸国で消費される主要な飲料です。緑茶は、茶樹の収穫したての葉から作られ、水、タンパク質、炭水化物、ミネラル、ビタミン、フラボノイドタイプのポリフェノールが含まれています。緑茶に含まれる主なフラボノイドは、総乾燥重量の約3分の1を占めるカテキンです。

新しいデータにより、緑茶またはそのカテキンへの関心と、心血管疾患(CHD)の危険因子の治療におけるその役割が高まっています。

緑茶とそのカテキンの消費は、(i)交感神経副腎系と脂肪酸合成に干渉することによって体重を減らし、(ii)コレステロール吸収と血漿レベルを減らし、(iii)強いフリーラジカルを持っていると要約することができます-LDL酸化を阻害する除去活性、(iv)接着分子の発現を低下させる、(v)血小板凝集を阻害することにより抗血栓活性を持ち、(vi)収縮期および拡張期の血圧を低下させる。見つかったプラスの効果は、毎日7杯の緑茶を摂取していることを示唆しています(3。5 gカテキン)はCHD予防に適しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15969262/

緑茶の有益な効果-レビュー

お茶は水に次いで世界で最も消費されている飲み物です。緑茶は「非発酵」茶であり、紅茶やウーロン茶よりも多くのカテキンを含んでいます。カテキンはinvitroおよびinvivoで強力な抗酸化物質です。さらに、特定のミネラルとビタミンの含有量は、このタイプのお茶の抗酸化力を高めます。古くから、緑茶は伝統的な漢方薬によって健康的な飲み物と見なされてきました。最近の人間の研究によると、緑茶は心血管疾患やある種の癌のリスクを軽減するだけでなく、口腔の健康や、抗高血圧効果、体重管理、抗菌などの他の生理学的機能の促進に寄与する可能性があります。抗ウイルス作用、太陽紫外線保護、骨ミネラル密度の増加、抗線維化特性、と神経保護力。その健康上の利点への関心の高まりは、機能的な特性を持つ飲料のグループに緑茶を含めることにつながりました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16582024/

カテキン治療は、ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットにおける糖尿病とその合併症を改善します

カテキン(CTN)の脂質低下および抗酸化特性は、いくつかの研究で報告されています。

結果: ストレプトゾトシンは、グルコース、MDA、トリグリセリド(TG)、総コレステロール(TC)、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C)、およびアポBの上昇を引き起こし、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)が減少しました。血清中のアポAI、SOD、CAT、およびGST(P <.05)。調査結果は、体重、ブドウ糖、MDA、TG、TC、LDL-C、およびアポBの有意な上昇と、HDL-C、アポAI、SOD、CAT、およびGSTの減少がカテキン(CTN)治療で改善されたことを示しました。糖尿病群と未治療群の用量依存的方法(P <.05)。

結論: 現在の調査は、カテキン(CTN)が酸化ストレスの変更によって糖尿病とその合併症を改善する可能性があることを提案しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28228702/

緑茶カテキンと心血管の健康:最新情報

疫学的、臨床的および実験的研究により、緑茶の摂取量と心血管の健康との間に正の相関関係が確立されています。

緑茶の主要なポリフェノール化合物であるカテキンは、抗酸化作用、抗高血圧作用、抗炎症作用、抗増殖作用、抗血栓作用、脂質低下作用など、複数のメカニズムを通じて血管保護作用を発揮します。

(1)ティーカテキンは、フリーラジカルを除去し、レドックス活性遷移金属イオンをキレート化し、レドックス活性転写因子を阻害し、酸化促進酵素を阻害し、抗酸化酵素を誘導することにより、抗酸化活性を示します。(2)茶カテキンは、脂質生合成に関与する主要な酵素を阻害し、腸の脂質吸収を低下させ、それによって血中脂質プロファイルを改善します。(3)カテキンは、内皮の一酸化窒素を活性化することによって血管緊張を調節します。(4)カテキンは、アテローム性動脈硬化症の進行に重要な役割を果たす血管の炎症を防ぎます。カテキンの抗炎症活性は、内皮細胞および炎症細胞の両方における転写因子NF-kBを介したサイトカインおよび接着分子の産生の阻害を介した、白血球の内皮への接着およびその後の遊走の抑制に起因する可能性があります。(5)カテキンは、アテローム発生に関与する血管細胞増殖因子を妨害することにより、血管平滑筋細胞の増殖を阻害します。(6)カテキンは血小板の付着を抑制し、それによって血栓形成を抑制します。まとめると、カテキンは心血管疾患の予防と治療のための新しい植物由来の小分子である可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18691042/

緑茶と心血管疾患:分子標的から人間の健康へ

緑茶の消費は、心血管疾患と心血管危険因子の発症と進行に反比例しています。

緑茶摂取の抗アテローム性動脈硬化作用に関与していると示唆されているメカニズムは、主に抗酸化、抗炎症、抗増殖、および抗血栓特性、ならびに内皮機能に対する有益な効果を伴います。さらに、陽性変力作用および抗肥大作用、ならびに心筋虚血再灌流傷害における有益な影響を含む、茶成分の心筋作用の証拠が存在する。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18827581/

神経変性疾患に対する緑茶カテキンの有益な効果

緑茶は、ガン、肥満、糖尿病、炎症性および神経変性疾患などの病気に対する有益な効果について最も広く研究されてきました。いくつかの人間の観察研究と介入研究は、認知機能障害や記憶喪失などの神経変性障害に対するお茶の摂取の有益な効果を発見しました。これらの研究は、パーキンソン病のお茶の予防効果の基礎を支持しました

多くの実験室での実験により、緑茶および没食子酸エピガロカテキン(EGCG)などの緑茶カテキン(GTC)の利点が実証され、作用メカニズムが提案されました。GTCの標的には、Aβやα-シヌクレインなどの繊維状タンパク質の異常な蓄積、炎症、アポトーシス促進タンパク質の発現上昇、および大脳皮質の神経細胞の機能不全と死に関連する酸化ストレスが含まれます。計算による分子ドッキング分析により、EGCGが繊維状タンパク質の蓄積をどのように防ぐことができるかが明らかになりました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29843466/

お茶の消費とアルツハイマー病のリスクおよびお茶の抗ベータアミロイド効果との関連

お茶の摂取は、神経変性疾患の自然な補完療法と考えられています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29789466/

緑茶カテキンの心血管系への影響:進歩と約束

最近、緑茶の心臓血管の有益な効果への関心が高まっています。疫学および臨床研究は、緑茶の摂取が心血管疾患を発症するリスクと逆に関連していることを示唆しています。緑茶の主要なフラボノイド成分であるカテキンは、内皮機能障害の逆転、炎症性バイオマーカーの減少、抗酸化作用、抗血小板作用、抗増殖作用など、さまざまなメカニズムを通じて心臓保護作用を発揮します。

最近、緑茶の心臓血管の有益な効果への関心が高まっています。疫学および臨床研究は、緑茶の摂取が心血管疾患を発症するリスクと逆に関連していることを示唆しています。緑茶の主要なフラボノイド成分であるカテキンは、内皮機能障害の逆転、炎症性バイオマーカーの減少、抗酸化作用、抗血小板作用、抗増殖作用など、さまざまなメカニズムを通じて心臓保護作用を発揮します。さらに、緑茶カテキンの食事摂取は、血圧と脂質パラメーターに有益な効果をもたらします。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22670802/

カテキンの心血管保護効果の概要

カテキンは、人体でいくつかの生物学的活性を示し、潜在的に心血管疾患の治療に使用されるポリフェノール化合物です。本研究は、カテキンが血中脂質代謝の調節、血管内皮の保護、および血圧の低下を通じて心血管系の問題に対して有効である可能性があることを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28933274/

心血管疾患に対するカテキンの予防効果

カテキンは、人体、特に心血管疾患の予防において多面的な健康管理機能を果たす多くの重要な生理学的活性を持つポリフェノール植物化学物質です。

この論文では、さまざまな実験的および臨床的研究により、心血管障害の予防と治療におけるカテキンの役割が明らかになり、脂質代謝の調節、血中脂質代謝の調節、血管の側面から心血管疾患に対するカテキンの予防効果をレビューします。内皮保護、および血圧の低下。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28009849/

パーキンソン病における 緑茶(Camellia sinensis )の神経保護特性:レビュー

緑茶ポリフェノールは、抗酸化作用、抗炎症作用、神経保護作用など、いくつかの健康上の利点で知られています。

現在の原稿は、パーキンソン病(PD)に特に焦点を当てて、緑茶の神経保護の可能性の可能なメカニズムを要約しています。

研究によると、緑茶の摂取はフリーラジカル、炎症、神経損傷から保護することが示唆されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32867388/

食事性ポリフェノールによる血管保護

ポリフェノールが豊富なお茶などの植物由来の飲料の摂取は、心血管保護の観点から有益な食事となる可能性があります。

疫学研究は、ポリフェノール消費と心血管リスクとの間に有意な逆相関があることを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15464042/

緑茶からの天然ポリフェノールの抗血管新生特性

疫学研究は、緑茶の定期的な摂取が冠状動脈性心臓病と腫瘍進行のリスクの低下に関連していることを示しています。

インビトロ調査は、緑茶のポリフェノール(GTP)が、内皮細胞および血管平滑筋細胞の増殖および遊走、ならびに2つの主要な血管新生促進因子の発現などの血管新生プロセスのいくつかの重要な事象を阻害できることを示した。

新しい血管の形成を防ぐ緑茶のポリフェノール(GTP)の能力は、少なくとも部分的には、冠状動脈性心臓病と癌に対するそれらの有益な効果を説明するのに貢献します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15629234/

パーキンソン病予防、神経保護効果

神経変性疾患における茶の生物活性成分の神経保護効果とメカニズム

疫学のいくつかの調査は、お茶を飲むことでパーキンソン病(PD)とアルツハイマー病(AD)のリスクを減らすことができることを示しています。

茶ポリフェノールは、酸化ストレスを軽減し、シグナル伝達経路と金属キレート化を調節することにより、PDとADの罹患率を低下させることができます。テアニンは、グルタミン酸受容体を阻害し、グルタミンの細胞外濃度を調節して、神経保護効果を発揮します。さらに、それぞれ2ARと抗酸化特性。したがって、お茶の生物活性成分は、将来の神経変性治療に役立つ可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29495349/

神経保護における緑茶カテキンの多機能活性。細胞生存遺伝子、鉄依存性酸化ストレスおよびPKCシグナル伝達経路の調節

茶フラボノイド(カテキン)は、強力な鉄キレート、ラジカル除去、および抗炎症活性を持ち、神経疾患のさまざまな細胞および動物モデルで神経細胞死を保護することが報告されています。

最近の研究では、カテキンの既知の抗酸化活性に加えて、シグナル伝達経路、細胞の生存/死遺伝子、ミトコンドリア機能の調節などの他のメカニズムが、細胞生存率の誘導に大きく寄与することが示されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15956814/

虚血誘発性神経変性に焦点を当てた緑茶カテキンの作用機序

カテキンは、試験管内、生体内、および臨床的にさまざまな有益な健康効果に関連する食事性ポリフェノール化合物です。

これらの治療特性は、カテキンの抗酸化作用とフリーラジカル消去作用に長い間起因してきました。

新たな証拠は、カテキンとその代謝物が、多数の部位に影響を及ぼし、内因性抗酸化物質を増強し、酸化ストレス、虚血および炎症の間に二重作用を誘発することにより、多くの追加の作用機序を有することを示しています。

カテキンによるアポトーシスの調節

カテキンは、抗アポトーシス遺伝子およびアポトーシス促進遺伝子の発現の変化を含む、シーケンスのさまざまなポイントでアポトーシスを調節することが証明されています。

それらの抗炎症効果は、一酸化窒素シンターゼアイソフォームの調節を含むさまざまな異なるメカニズムを通じて活性化されます。

カテキン 酸化ストレスと炎症反応を弱める作用は、脳虚血後のそれらの確認された神経保護能力を部分的に説明するかもしれません。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16443357/

カテキンポリフェノール:神経変性疾患における神経変性と神経保護

緑茶ポリフェノールは、神経保護作用に関連する一連の細胞作用メカニズムを引き起こすと考えられています。

これらには、鉄キレート化、ラジカルの除去、生存遺伝子と細胞シグナル伝達経路の活性化、ミトコンドリア機能とおそらくユビキチン-プロテアソームシステムの調節などの薬理学的活動が含まれます。

結果として、これらの化合物は、神経変性および他の疾患の治療のための治療用細胞保護剤として大きな注目を集めています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15223064/

脳透過性の天然鉄キレート剤としての緑茶カテキン-神経変性疾患の治療のための抗酸化剤

茶フラボノイド(カテキン)は、二価の金属キレート作用、抗酸化作用、抗炎症作用を持ち、脳のバリアを貫通し、神経疾患のさまざまな細胞モデルや動物モデルで神経細胞死を保護することが報告されています。

抗炎症作用、脳関門を貫通し、神経疾患のさまざまな細胞および動物モデルにおける神経細胞死を保護します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16470637/

アルツハイマー病およびパーキンソン病における緑茶ポリフェノールの神経学的メカニズム

神経変性疾患に対する治療法について、ポリフェノールの栄養補助食品が高齢者の認知障害に影響を与える可能性があるという現在の見解と一致しています。

結果として、緑茶ポリフェノールは現在、十分に管理された疫学研究において治療薬として検討されています。

脳の老化プロセスを変化させ、パーキンソン病やアルツハイマー病などの進行性神経変性疾患において可能な神経保護剤として機能することを目的としています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15350981/

抗酸化剤-鉄キレーター緑茶ポリフェノール(-)-エピガロカテキン-3-ガレートの作用機序を研究するためのプロテオミクスおよびトランスクリプトミクスの新しいアプローチ

以前の調査結果は、抗酸化鉄キレーター緑茶ポリフェノール(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)が、神経変性の加速速度を遅らせるか、さらには逆転させるために、老化および神経変性疾患に神経救助の影響を与える可能性があることを示唆しています。

EGCGは、ニューロンの細胞骨格調節とシグナル伝達経路に関与する結合タンパク質14-3-3ガンマのレベルを増加させました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17640565/

緑茶ポリフェノール(-)-エピガロカテキン-3-ガレートは、長期の血清欠乏PC12細胞の神経救済を誘発し、神経突起伸長を促進します

私たちの以前の研究は、緑茶ポリフェノール(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)がいくつかの神経毒によって引き起こされる神経細胞死を防ぐことを示しました。

本研究は、細胞損傷の誘発(「神経レスキュー」)後に投与された場合のEGCGの神経保護効果を決定することを目的とした。

EGCG(1 microM)の単回または反復投与は、細胞死を有意に弱めました。

PC12細胞に対するEGCGの相関する神経突起伸長活性も、その神経救済効果に寄与している可能性があります。

現在の調査結果は、EGCGが老化および神経変性疾患にプラスの影響を及ぼし、神経変性の加速速度を遅らせるか、おそらく逆転させる可能性があることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15934936/

茶の木の緑茶はラットの出血性脳卒中によって誘発される運動障害と線条体の酸化的損傷を部分的に防止しました

茶の木の緑茶は、脳内出血(ICH)を含むいくつかの神経変性疾患において確立された神経保護の役割を果たしています。

緑茶は脂質過酸化レベルを下げるのに効果的でした。したがって、緑茶は、ICHによって誘発される運動障害と線条体の酸化的損傷を部分的に防ぎました。

私たちの結果に基づいて、お茶はラットの出血性脳卒中によって誘発される運動障害と線条体の酸化的損傷を防ぐのに等しく効果的であるように思われると考えることができます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30174686/

抗肥満

緑茶カテキンの抗肥満効果:機構的レビュー

いくつかのランダム化比較試験の結果は、緑茶カテキン(GTC)(270mgから1200mg/日)の摂取が体重と脂肪を減らす可能性があることを示しています。

緑茶カテキン(GTC)が体重と体組成に影響を与える可能性のあるメカニズムがいくつか提案されています。主な仮説は、緑茶カテキン(GTC)が交感神経系(SNS)の活動に影響を与え、エネルギー消費を増加させ、脂肪の酸化を促進するというものです。

緑茶に自然に含まれるカフェインもSNSの活動に影響を与え、緑茶カテキン(GTC)と相乗的に作用して、エネルギー消費と脂肪の酸化を増加させる可能性があります。他の潜在的なメカニズムには、食欲の変化、肝脂肪の酸化に関与する酵素のアップレギュレーション、栄養素の吸収が減少しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21115335/

緑茶カテキン、カフェイン、体重調節

緑茶成分はエネルギー消費を増加させる可能性があり、減量中に存在する代謝率の低下を打ち消すために提案されています。

緑茶の混合物を使用すると、体重管理にプラスの効果が示されています。緑茶は、茶カテキンとカフェインの両方を含むことにより、カテコールO-メチルトランスフェラーゼの阻害とホスホジエステラーゼの阻害を介して作用する可能性があります。

緑茶とカフェインの混合物は、熱発生、脂肪の酸化、および無脂肪量の節約を通じて、体重の維持を改善します。交感神経系は脂肪分解の調節に関与しており、白色脂肪組織の交感神経支配は一般に総体脂肪の調節に重要な役割を果たしている可能性があります。総合すると、これらの機能性成分は、熱発生や脂肪の酸化などの代謝標的に大きな影響を与える可能性があります。

民族的または遺伝的影響、および習慣的なカフェインまたは緑茶カテキンの摂取は交絡因子として作用する可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20156466/

緑茶水性抽出物(GTAE)は、脂肪の褐変を活性化することにより、高脂肪食による肥満を防ぎます

1%GTAEを12週間毎日補給すると、体重増加、全身性炎症、酸化ストレスが著しく減少し、インスリン抵抗性が改善しました。さらに、組織学的分析により、1%GTAEの栄養補助食品は、HFDによって誘発された脂肪細胞のサイズと脂肪肝を逆転させることが明らかになりました。これらの効果は、HFDを与えられたマウスの全身の代謝機能障害を媒介するIng-WATおよびBATの褐色化の活性化と関連していた。まとめると、私たちのデータは、脂肪の褐色化の活性化による肥満の減弱のための天然物であるGTAEの使用をサポートしています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34925784/

緑茶ポリフェノールは、erk1/2-PPARγ-アディポネクチン経路を介して高脂肪食ラットの脂肪沈着を減少させました

緑茶ポリフェノールは、脂肪沈着を減少させ、HF給餌ラットの低アディポネクチン血症を改善し、invitroでのVATにおける高グルコース誘発性アディポネクチンの減少を軽減しました。シグナル伝達経路分析は、erk1/2経路を介して媒介されるPPARγ調節が関与していることを示した。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23342006/

緑茶ポリフェノールは、ケトン生成/SIRT3経路を介して高脂肪食によって誘発される初期の腎障害を改善します

緑茶ポリフェノール(GTP)の消費により、ラットの高脂肪食(HFD)によって減少したケトン体生成律速酵素の腎発現が上昇する可能性があることがわかりました。

結論: ケトン生成/ SIRT3経路は、HFDによって誘発される酸化ストレスに対する緑茶ポリフェノール(GTP)の腎保護を仲介します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28814987/

緑茶ポリフェノールは、密着結合とPKCalphaシグナル伝達を調節することにより、実験的限局性脳虚血時の初期のBBB損傷を軽減します。

緑茶ポリフェノール(GTP)は、動物実験での脳虚血後の脳損傷に対して神経保護効果があると考えられています。

脳虚血組織の微小血管断片におけるクローディン-5、オクルディン、およびZO-1のmRNAおよびタンパク質発現レベルの低下は、ラットの虚血後の同じ時点での緑茶ポリフェノール(GTP)による治療によって有意に防止されました。さらに、緑茶ポリフェノール(GTP)は、脳虚血によって引き起こされるPKCαmRNAおよびタンパク質の発現レベルの増加を弱める可能性があります。

これらの結果は、緑茶ポリフェノール(GTP)がTJおよびPKCαシグナル伝達の調節を通じて限局性脳虚血の初期段階でBBB損傷に対する潜在的な神経保護剤として作用する可能性があることを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23870286/

3T3-L1脂肪細胞におけるレジスチン遺伝子発現に対する緑茶(-)-エピガロカテキンガレートの阻害効果はERK経路に依存します

緑茶カテキン、特に(-)-エピガロカテキンガレート(EGCG)は、体重と糖尿病の化学予防剤として報告されています。

3T3-L1脂肪細胞を使用して、20および100microMのEGCGが3時間後にRstnmRNAレベルをそれぞれ約35および50%抑制することを発見しました。

アクチノマイシンDによって誘発されたRstnmRNAの基礎半減期は>12時間でしたが、EGCGの存在下では3時間にシフトしました。これは、EGCGがRstnmRNAの安定性を調節していることを示唆しています。

細胞内Rstnタンパク質は、治療の3時間後に100 microM EGCGの存在下で有意に減少

EGCGが細胞内区画と細胞外区画の間のRstnタンパク質の分布を調節する可能性があることを示唆

EGCGはホスホ-ERK1/2タンパク質の量を減らしました。

MEK1による過剰発現は、EGCGで阻害されたRstnmRNAの発現をブロックしました。

これらのデータは、EGCGがERK経路に依存する経路を介してRstn発現をダウンレギュレートすることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16159906/

(-)-エピガロカテキンガレートは、MEK/ERKおよびPI3K/Akt経路を介して脂肪細胞の分化を抑制します

EGCG [(-)-エピガロカテキンガレート]、茶カテキンは、肥満や糖尿病に対して作用することが報告されている化合物の1つです。

オイルレッドO染色は、特にEGCGで、細胞内脂質蓄積の有意な減少を示しました。細胞周期分析は、EGCGが3T3-L1のクローン増殖中に細胞周期を乱すことによって細胞増殖を阻害することを示しました。RT-PCR(リアルタイムPCR)は、EGCGがPPARγ(ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体γ)、C /EBPα(CCAAT /エンハンサー結合タンパク質α)およびFoxO1(フォークヘッドボックスクラスO1)のmRNA発現を著しく低下させることを示しました。EGCGはまた、PI3K(ホスホイノシチド3-キナーゼ)/AktおよびMEK[MAPK(マイトジェン活性化プロテインキナーゼ)/ ERK(細胞外-シグナル調節キナーゼ)キナーゼ]経路。

これらの結果は、EGCGがインスリンシグナル伝達とストレス依存性MAPK経路を介してFoxO1を不活性化することにより、脂肪細胞のクローン増殖を抑制することを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21902673/

エピガロカテキン-3-ガレートは、3T3-L1細胞におけるPI3K-AKTシグナル伝達によって媒介されるPPARγおよびFAS発現のダウンレギュレーションを通じて脂肪生成を阻害します

緑茶の主成分であるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、抗炎症、抗酸化、抗癌などの広範な生物活性として機能します。

我々の結果は、EGCGが濃度依存的に3T3-L1前脂肪細胞の脂肪生成を阻害することを示した。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27940057/

3T3-L1脂肪細胞の脂質蓄積に対する緑茶カテキンの抑制効果

緑茶EGCGが脂肪分解の刺激を介して脂肪蓄積を効果的に枯渇させ、3T3-L1脂肪細胞におけるHSL遺伝子発現を増加させることを示す結果を生み出しました。これらの結果は、EGCGが脂肪細胞の脂肪分解を調節するメカニズムに関連している可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19107849/

緑茶(-)-エピガロカテキン-3-ガレートは、食餌誘発性肥満マウスの脂肪組織における複数の遺伝子発現の調節により体重を減少させます

肥満を誘発したマウスに、茶カテキン(EGCG)実験の結果

EGCGを補給した実験食は、用量依存的にさまざまな脂肪組織の体重と体重を減少させました。

EGCG食はまた、血漿トリグリセリドと肝臓脂質のレベルを大幅に低下させました。

結論: これらの結果は、緑茶EGCGが脂肪組織量を効果的に減少させ、高脂肪食誘発性肥満マウスの血漿脂質プロファイルを改善することを示唆しています。

これらの効果は、白色脂肪組織における脂肪生成、脂肪分解、ベータ酸化、および熱発生に関与する複数の遺伝子の発現の調節を介して少なくとも部分的に媒介される可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19390166/

食事性ポリフェノールと肥満の新しい洞察

緑茶カテキンなどのポリフェノールが脂肪細胞の生存率と前脂肪細胞の増殖を減らし、脂肪細胞の分化とトリグリセリドの蓄積を抑制し、脂肪分解と脂肪酸のβ酸化を刺激し、炎症を減らすことを示しました。

付随して、ポリフェノールは、アデノシン一リン酸活性化プロテインキナーゼを含むシグナル伝達経路を調節します。ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体γ、CCAAT /エンハンサー結合タンパク質α、ペルオキシソーム増殖因子活性化因子受容体ガンマ活性化因子1-アルファ、サーチュイン1、ステロール調節エレメント結合タンパク質-1c、脱共役タンパク質1および2、および脂肪生成を調節する核因子-κB、抗酸化剤および抗炎症反応。

動物実験は、このレビューで説明されている一般的に消費されるポリフェノールが、エネルギー消費と脂肪利用の強化、およびグルコース止血の調節を通じて、体重、脂肪量、およびトリグリセリドの低下によって示されるように、肥満に顕著な影響を与えることを強く示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24314860/

(エピガロカテキンガレート)サプリメントは、脂肪組織の量を減らすことにより、げっ歯類の肥満を防ぎます

結果: C57BL / 6Jマウスでは、EGCGの補給により、食餌による体重の増加、および摂食状態のグルコース、トリグリセリド、レプチンの血漿レベルの上昇が防止されました。EGCGは、皮下および精巣上体の脂肪組織の重量を減少させました。EGCGの補給は、Sprague-Dawleyラットで確立された肥満を逆転させました。脂肪酸シンターゼおよびアセチルCoAカルボキシラーゼ-1のmRNAレベルは、EGCG添加マウスの脂肪組織で著しく減少しました。EGCGはinvitroで脂肪細胞の分化を用量依存的に阻害しました。

EGCGの補給が、食事による肥満をなくすことを初めて示しています。この効果は、脂肪組織への直接的な影響を介して少なくとも部分的に媒介されます。したがって、EGCGの栄養補助食品は、肥満の貴重な自然治療の選択肢と見なされるべきです。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15735368/

肥満の予防と治療におけるエピガロカテキンガレート:分子研究から臨床研究まで

茶カテキンは、エネルギー消費、脂肪分解、および脂肪酸化を増加させながら、エネルギーおよび食物摂取、脂質生成、および前脂肪細胞の分化および増殖を減少させることができることを示唆している。

茶カテキンは、脂肪細胞培養および動物モデルで抗肥満効果を示します。

茶カテキンは、心血管疾患のリスクを減らすことにより、肥満に関連する死亡を防ぐことができます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31084513/

エピガロカテキンガレートは、エネルギー吸収を減少させ、脂肪の酸化を増加させることにより、マウスの食餌誘発性肥満を軽減します

実験結果

脂質生成の減少と脂肪酸化の増加をサポートしました。

結論

食餌性EGCGは、マウスの食餌誘発性体脂肪蓄積を弱めました。

EGCGは明らかに脂肪の酸化を促進しました

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15738931/

主要な緑茶ポリフェノールである(-)-エピガロカテキン-3-ガレートは、高脂肪食マウスの肥満、メタボリックシンドローム、脂肪肝疾患を抑制します

高脂肪食が与えられたマウスに、茶カテキンを補給すると体重、体脂肪率、内臓脂肪重量が減少。

さらにインスリン抵抗性、血漿コレステロール、単球走化性タンパク質濃度も低下。

肝細胞における脂質蓄積も減少。

別の実験では、腸間膜脂肪重量と血糖値が低下。

私たちの結果は、長期のEGCG治療が肥満、メタボリックシンドロームに関連する症状、および脂肪肝の発症を軽減したことを示しています。

短期間のEGCG治療は、肥満マウスの既存の高脂肪誘発性代謝病変を逆転させるようでした。これらの効果は、脂質吸収の減少、炎症の減少によって媒介される可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18716169/

エピガロカテキン-3-ガレートは、高脂肪食マウスの骨格筋における脂肪酸化に関連する遺伝子の発現を増加させます

緑茶の主要なポリフェノールであるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、げっ歯類モデルで肥満の発症を予防することが示されています。

EGCG治療を高脂肪マウスに実験結果

体重増加は19.2%減少し、体重は9.4%減少。

空腹時血糖18.5%減少、血漿インスリン25.3%減少、インスリン抵抗性33.9%減少。

高脂肪食マウスの肥満関連脂肪肝疾患のマーカーを減少。

EGCGは、骨格筋の脂肪酸化に関連する遺伝子の発現を増加させることと、食事からの脂肪吸収を調節することの両方によって、高脂肪食マウスの体重増加を調節するようです。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21779555/

 

緑茶、エピガロカテキンは、体組成を変化させ、耐糖能を改善し、高脂肪食を与えられたラットの代謝遺伝子発現を特異的に変化させます

緑茶は体脂肪を減らし、除脂肪体重を増やしました

耐糖能を改善。

肝臓では脂肪酸合成(SREBP-1c、FAS、MCD、ACC)および酸化(PPAR-alpha、CPT-1、ACO)に関与する遺伝子の発現を増加させました。

腎周囲脂肪では、脂肪細胞の分化を仲介する遺伝子は、GT(Pref-1、C / EBP-beta、およびPPAR-gamma)およびBT(C / EBP-beta)によって抑制され、LPL、HSL、およびUCP-2の発現は減少しました。

UCP-2およびPPAR-γ遺伝子の発現を増加させました。

結果、緑茶が脂肪細胞の分化と脂肪組織への脂肪酸の取り込みを抑制し、肝臓の脂肪蓄積を誘発することなく、肝臓による脂肪合成と酸化を増加させることを示唆。

これらの結果は、お茶とEGCGが耐糖能を改善し、肥満予防におけるこれらの化合物の役割をサポートする可能性のある、新規で別個のメカニズムを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19932867/

脂肪肝疾患に対する緑茶カテキンの有益な効果:系統的レビュー

肝機能と脂質代謝に悪影響を与える一般的な肝障害、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に対して、

茶カテキンは潜在的な健康上の利点と治療効果を備えています。

茶カテキンの補給により体重、脂肪組織の沈着、および食物摂取が減少しました。

炎症誘発性反応を活性化し、肝臓の損傷を引き起こす酸化ストレス関連経路に有益な効果をもたらすことが示されました。

結論として、緑茶カテキンは、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の潜在的に有用な治療オプションです。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35323719/

緑茶の抗肥満効果:ベッドサイドからベンチまで

緑茶は、脂肪細胞の分化と増殖、脂質生成、脂肪量、体重、脂肪吸収、トリグリセリドの血漿レベル、遊離脂肪酸を減少させる肥満の細胞培養および動物モデルで実証されています。

コレステロール、グルコース、インスリン、レプチン、ならびにベータ酸化と熱発生を増加させます。

脂肪組織、肝臓、腸、と骨格筋は緑茶の標的器官であり、その抗肥満効果を仲介します。

人間を対象に実施された研究では、体重と体脂肪の減少、脂肪の酸化と熱発生の増加が報告されており、それによって細胞培養システムと肥満の動物モデルでの所見が確認されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16470636/

高脂肪食を与えられたマウスの食餌脂質の酸化と組織取り込みに対する緑茶からのエピガロカテキンガレートの急性効果

実験結果: 食事によるEGCGの短期間の補給(4〜7日)はエネルギー排泄を増加させましたが、食物とエネルギー摂取は影響を受けませんでした。

糞便のエネルギー損失は、脂肪と窒素の排泄の増加を伴いました。

EGCGは、肝臓の食後トリグリセリドとグリコーゲン含有量を減少させ、食事性脂質の酸化を増加させ、脂肪組織、肝臓、骨格筋への食事性13C濃縮脂質の取り込みを減少させました。

EGCGは、食後の状態で、腸の基質輸送体(CD36、FATP4、およびSGLT1)および肝臓の脂質生成関連遺伝子(ACC、FAS、およびSCD1)に対する高脂肪食誘発性の影響を用量依存的に逆転させました。

結論: EGCGの抗肥満効果は、腸粘膜と肝臓の基質代謝に影響を与える食物消化率の低下によって説明でき、食後の脂肪酸化の増加と組織への食物脂質の取り込みの減少につながります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21750518/

脂質の腸管吸収の阻害剤としての緑茶:その脂質低下効果の潜在的なメカニズム

動物および疫学研究は、

緑茶カテキンが心血管疾患[例えば、冠状動脈性心臓病(CHD)] のリスクを減らす可能性があることを示唆しています。

かなりの証拠は、緑茶とそのカテキンがコレステロールとトリグリセリドの血漿レベルを下げることによってCHDのリスクを減らすかもしれないことを示唆しています。

緑茶またはカテキンが食餌性脂質の腸管吸収を阻害することは、invitroおよびinvivo研究から明らかです。

インビトロでの研究は、緑茶カテキン、特に(-)-エピガロカテキンガレートが脂質の乳化、消化、およびミセル可溶化を妨げることを示しています。食事脂肪、コレステロール、その他の脂質の腸管吸収に関与する重要なステップ。

観察に基づくと、緑茶またはそのカテキンは、他の親油性有機化合物の吸収と組織蓄積を低下させる可能性があります。入手可能な情報は、緑茶またはそのカテキンが安全で効果的な脂質低下治療薬として使用される可能性があることを強く示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17296491/

緑茶カテキンは、卵巣切除ラットの膵臓ホスホリパーゼA(2)と脂質の腸管吸収を阻害します

実験結果は、EGCGが脂質の腸管吸収を阻害することを示しています。

これは、ホスファチジルコリン加水分解の阻害に部分的に関連しています。

データは、EGCGが他の親油性の高い有機化合物の吸収を阻害する可能性があることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16713229/

茶カテキンはラットのミセル溶解度とコレステロールの腸管吸収を減少させます

茶カテキン混合物は、カニューレを挿入した胸管を有するラットのリンパコレステロール吸収を著しく低下させました。

カテキンはまた、トリアシルグリセロールのリンパ吸収を減少させる傾向がありました。

インビトロ研究は、これらのカテキン混合物が、用量依存的に混合胆汁酸塩ミセルに可溶化されたコレステロールを沈殿させることを示した。

これらの結果は、茶カテキンが、混合ミセルへのコレステロールの溶解度を低下させることにより、腸からのコレステロール吸収を効果的に低下させることを明確に示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/1643098/

メタボリックシンドロームの予防に対する緑茶カテキンの多機能効果

茶カテキンは、実験動物とヒトの血清コレステロール濃度を低下させ、食後の高トリアシルグリセロール血症を抑制します。

試験管内の研究で、膵臓リパーゼを阻害。

実験動物およびヒトにおける内臓脂肪の沈着を抑制することが報告されている。

研究結果

茶カテキンが脂質代謝を改善し、メタボリックシンドロームの予防に寄与する可能性を示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18296354/

早期高血圧における大脳皮質アポトーシス:エピガロカテキン-3-ガレートの効果

結論として、緑茶フラボノイドエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、神経アポトーシス経路を防ぎ、神経生存経路を活性化し、早期高齢高血圧誘発性神経アポトーシスに対する治療効果を提供する可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34456710/

エピガロカテキンガレート:メタボリックシンドロームを予防するためのその有益な特性のレビュー

肥満と太りすぎは、メタボリックシンドロームと呼ばれている代謝障害と血管障害のクラスターと関連しています。この症候群は、世界中の主要な死因であるため、重要な公衆衛生上の問題である心血管疾患の発生率を促進します。広く受け入れられている一連の診断基準はありませんが、ほとんどの専門家グループは、この症候群が内皮機能障害、インスリン感受性障害、高血糖、脂質異常症、腹部肥満、高血圧によって定義されることに同意しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26198245/

インスリン抵抗性と内皮機能障害を改善するための茶カテキンの有益な健康効果の根底にあるメカニズム

お茶は、多くの推定上の有益な健康効果を持つ人気のある飲料です。

日本での最近の大規模な疫学研究は、お茶の消費量の増加が、用量依存的に心血管死亡率の低下(癌による死亡率ではない)と関連していることを示しています。

ポリフェノールエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、最も豊富な茶カテキンです。

EGCG療法の有益な効果は、多くの人間と動物の研究で報告されています。

新たな証拠は、EGCGが内皮機能、高血圧、冠状動脈性心臓病、肥満、インスリン抵抗性、ならびにグルコースおよび脂質代謝を改善する可能性があることを示唆しています。

培養細胞および動物モデルでの研究は、心血管および代謝性疾患の予防および改善に主要な役割を果たす可能性のある特定の細胞シグナル伝達経路を活性化するEGCGの分子メカニズムを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18537694/

緑茶とEGCGが心血管と代謝の健康に及ぼす影響

1日あたり5〜6杯以上の緑茶を定期的に摂取することで心血管および代謝の健康上の顕著な利益が得られることを示しています。さらに、200〜300 mgのEGCGを含む同量の緑茶を使用した介入研究は、心血管および代謝の健康を維持するためのその有用性を示しています。

さらに、緑茶とEGCGがこれらのモデルシステムで心血管および代謝の利点を発揮することを実証する多くのinvivo研究があります。

したがって、緑茶とEGCGは、心臓血管と代謝の健康の維持に役立つ食品成分と見なすことができます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17906191/

緑茶ポリフェノールであるEGCGは、内皮機能とインスリン感受性を改善し、血圧を下げ、SHRの心筋I/R損傷から保護します

緑茶に含まれる生理活性ポリフェノールであるエピガロカテキンガレート(EGCG)は、インスリンの代謝作用と血管作用を増強する可能性があります。

研究での結論

部分的には、SHRの代謝と心血管の病態生理を同時に改善するEGCG療法の有益な効果。

これらの調査結果は、メタボリックシンドロームの患者における緑茶摂取の潜在的な利点を理解することに関連している可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17227956/

緑茶ポリフェノールであるエピガロカテキンガレートは、活性酸素種とFynを必要とする血管内皮のシグナル伝達経路を使用してNO依存性血管拡張を仲介します

緑茶の摂取は、いくつかの疫学研究で心血管死亡率の低下と関連しています。緑茶に含まれる生理活性ポリフェノールであるエピガロカテキンガレート(EGCG)は、インスリンの代謝作用を模倣して、肝細胞の糖新生を阻害します。

マウス実験結果

EGCGの急性動脈内投与は、用量依存的な血管弛緩を引き起こした。

茶カテキンが持つ作用メカニズムは、緑茶の摂取による血管および代謝の健康への有益である可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17363366/

経口栄養補助食品と同時の緑茶抽出物は、健康な高齢者の脚のブドウ糖摂取を変えることなく、筋肉の微小血管の血流を急激に増強します

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34836149/

緑茶ポリフェノールエピガロカテキン-3-ガレートが高脂肪食によるインスリン抵抗性と内皮機能障害に及ぼす影響

最も豊富な緑茶ポリフェノールであるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、内皮型一酸化窒素合成酵素(eNOS)の活性化により、血管内で血管拡張作用を示すことが示されています。

EGCGサプリメントをHFDに与えたマウスは、体重が減り、インスリン感受性の改善を示しました。

EGCG処置HFDグループはインスリン刺激性血管拡張の改善を示した。

研究結果から、EGCGの補給は耐糖能、インスリン感受性、および内皮機能を改善すると結論付けます。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24148349/

緑茶(-)-エピガロカテキン-3-ガレートは、マウスの高脂肪食によって誘発される日中の過食を中和します

研究結果は、EGCGサプリメントがマウスの高脂肪食によって誘発される日中の過食を特異的に中和することを示しており、摂食行動とエネルギー恒常性の調節におけるその中心的な役割を示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27468160/

高脂肪食を与えられたマウスのエネルギー消費とミクログリア媒介視床下部炎症に対する(-)-エピガロカテキンガレート(EGCG)の効果

緑茶の主要なポリフェノールであるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、肥満の予防と肥満関連の慢性疾患の緩和に役立つことが報告されています。

実験結果は、EGCGの栄養補助食品が、BATの熱発生を増強することにより、HFD誘発性肥満を有意に抑制し、NF-κBおよびSTAT3シグナル伝達経路を調節することにより視床下部の炎症およびミクログリアの過剰活性化を軽減することを示しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30400620/

緑茶ポリフェノール(-)-エピガロカテキンガレート(EGCG)は、パルミチン酸で刺激されたBV-2ミクログリアおよび高脂肪食誘発性肥満マウスの神経炎症を軽減します

茶カテキンの研究結果

細胞モデルと高脂肪食のげっ歯類モデルの両方で、脂質蓄積、炎症誘発性サイトカイン(TNF-α、IL-6、およびIL-1β)の放出、およびミクログリアの活性化に対するEGCGの抑制効果を示しました。これらの結果は、ヤヌスキナーゼ2 /シグナル伝達物質および転写活性化因子3(JAK2 / STAT3)シグナル伝達経路のリン酸化レベルの低下と関連していた。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31614951/

エピガロカテキン-3-ガレートは、ROS / MAPKシグナル伝達経路を介したアポトーシスの阻害とオートファジーの促進を介して、高脂肪食によって誘発される非アルコール性脂肪肝疾患を軽減します

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、世界で最も一般的な慢性肝疾患の1つです。

研究は、EGCGによる治療がアポトーシスの減少およびオートファジーの促進を通じてHFD誘発性NAFLDを弱めることを確認した。EGCGは、おそらくアポトーシスを減少させ、ROS / MAPK経路を介してオートファジーを増加させることにより、HFD誘発性NAFLDを軽減することができます。EGCGはNAFLDの治療のための有望な薬剤である可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33953830/

人間の介入と基本的な分子研究における緑茶の抗肥満効果

多くの研究者は、過去数十年間で、肥満が糖尿病、心血管疾患、いくつかの形態の癌(乳房、結腸、前立腺など)、肺疾患、骨関節疾患、代謝性疾患の主要な危険因子であると報告しています。

最近、動物や人間における緑茶の脂質低下作用と抗肥満作用は、栄養学や食品科学の研究で徐々に注目を集めています。

実験室での研究からのデータは、緑茶が食物摂取を減らし、脂質の乳化と吸収を中断し、脂肪生成と脂質合成を抑制し、熱発生、脂肪酸化、糞便脂質排泄を介してエネルギー消費を増やすことによって脂肪代謝に重要な役割を果たしていることを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25074392/

非アルコール性脂肪性肝疾患の治療に対する(-)-エピガロカテキン-3-ガレートの潜在的な生物学的効果

EGCGは、脂質およびグルコース代謝の促進、抗脂質過酸化および抗炎症活性、抗線維症、および抗NAFLD関連腫瘍を含む、多面的な予防および治療活性を示し、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の発生および進行の緩和に貢献します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28799714/

緑茶ポリフェノールエピガロカテキン-3-ガレートは非アルコール性脂肪性肝疾患マウスのインスリン抵抗性を改善します

研究結果:EGCGの投与は、用量依存的に肝臓の形態と機能を改善し、体重を減らし、NAFLDマウスの高脂血症、高血糖、高インスリン血症、およびインスリン抵抗性を軽減しました。さらに、EGCGは、NAFLDマウスの肝臓において、用量依存的にインスリンクリアランスを増強し、IDEタンパク質の発現と酵素活性をアップレギュレートしました。

結論: EGCGは、体重を減らすだけでなく、肝臓のIDEによるインスリンクリアランスを高めることによって、NAFLDマウスのインスリン抵抗性を用量依存的に改善します。結果は、IDEがNAFLDの治療のための潜在的な創薬ターゲットであることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25891086/

非アルコール性脂肪性肝疾患に対する緑茶とその成分の予防効果

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、メタボリックシンドロームと高度に相関する典型的な慢性肝疾患です。NAFLDの有病率の増加は、不健康なライフスタイル、特に高カロリーの食事と十分な運動不足に関連していると考えられています。現在、減量を除いて、NAFLDの有効な薬理学的治療法はありません。しかし、多くの食事療法は、脂肪肝の発症またはその進行に予防効果をもたらしました。最も一般的な飲料の1つとして、緑茶には、抗酸化作用、脂質低下作用、抗炎症作用に加えて、NAFLDのリスクを軽減できるインスリン抵抗性と腸内毒素症を改善する豊富な生理活性化合物が含まれています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30892882/

非アルコール性脂肪性肝疾患における緑茶の治療可能性

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、比較的良性で非進行性の脂肪肝として発生する可能性がありますが、多くの場合、重症度が非アルコール性脂肪性肝炎、線維症、肝硬変、肝不全または肝細胞癌に進行する可能性があります。

緑茶は、脂質低下、熱発生、抗酸化、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の発生と進行を緩和する可能性のある抗炎症作用。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22221215/

エピガロカテキン-3-ガレートが豊富な緑茶抽出物は、サーチュイン1とAMP活性化プロテインキナーゼ経路を活性化することにより、高脂肪食を与えられたマウスの脂肪肝と体重増加を改善します

緑茶抽出物(GTE)補給は、高脂肪食(HFD)を与えられたマウスにおいて、体重増加を減らし、肝脂肪の蓄積を防ぎ、高トリグリセリド血症を減らし、高血糖とインスリン抵抗性を改善しました

GTEのこれらの有益な効果の根底にあるメカニズムには、サーチュイン1とAMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)のアップレギュレーション、およびdenovo脂質生成に関連する酵素のダウンレギュレーションが含まれる可能性があります。インビボでの発見と一致して、GTEはサーチュイン1の発現と活性を増加させ、サーチュイン1の肝臓キナーゼB1(LKB1)への結合と、それに続くLKB1の脱アセチル化を増強し、HepG2細胞におけるトリグリセリド蓄積を減少させました。

これらの結果は、脂肪肝と肥満の発症と進行を予防するための食餌性エピガロカテキンガレートリッチGTEサプリメントの治療可能性を示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29595075/

緑茶は、食餌性脂肪誘発性非アルコール性脂肪性肝炎のラットの肝臓のCOX-2とプロスタグランジンE2を低下させます

緑茶抽出物(GTE)は、脂肪肝と核因子カッパB(NFκB)の活性化を低下させることにより、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)から保護します。

GTEは、NEFAまたはリン脂質プールにおけるHFを介したアラキドン酸の増加に影響を与えることなく、総肝アラキドン酸を減少させました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25453513/

緑茶と骨代謝

疫学的証拠は、お茶の摂取と高齢の女性と男性の加齢に伴う骨量減少の予防との関連を示しています。緑茶と緑茶の生理活性化合物の摂取は、この集団の骨量減少を軽減し、骨粗鬆症性骨折のリスクを減らすのに有益である可能性があります。

お茶とその生物活性成分は、骨塩密度を改善し、破骨細胞の活動を抑制しながら骨芽細胞の活動をサポートすることにより、骨折のリスクを減らす可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19700031/

骨の健康のためのお茶のフラボノイド:動物から人間まで

お茶の抗酸化作用と抗炎症作用により、骨量の減少を防ぎ、骨折のリスクを減らすことが示唆されています。

動物実験の結果に基づいて、お茶の適度な摂取は、骨量の減少と微細構造の劣化の緩和、ならびに骨の強度と質の改善によって示されるように、骨の健康に役立つことが示されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27356546/

緑茶ポリフェノールの補給は、老化した精巣摘除ラットの骨の微細構造と品質を改善します

最近の研究では、緑茶ポリフェノール(GTP)が、閉経後骨粗鬆症のモデルである卵巣切除された老齢雌ラットの骨量減少と微細構造の劣化を軽減することが示されています。

GTP補給により、血清オステオカルシン濃度、骨塩密度、骨梁の体積、数、大腿骨の強度が増加しました。近位脛骨と骨膜脛骨幹の両方における骨梁の体積と厚さおよび骨形成の増加。近位脛骨および皮質内脛骨シャフトの侵食された表面の減少; 肝臓のグルタチオンペルオキシダーゼ活性の増加。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21431364/

緑茶ポリフェノールは、中年の雌ラットの骨の微細構造の劣化を緩和します

私たちの以前の研究は、緑茶ポリフェノール(GTP)が、GTPの抗酸化能力のために、卵巣摘出術(OVX)のない(偽の、SH)およびある中年の雌ラットの骨の健康に役立つことを示しました。

GTP補給により、(a)骨梁の体積、厚さ、数、近位脛骨の骨形成、脛骨シャフトの骨周囲骨形成率、および大腿骨の皮質の厚さと面積、および(b)近位脛骨の小柱分離および骨侵食の減少、および脛骨シャフトの皮質内骨侵食表面。GTPを補給した飲料水は、骨侵食を抑制し、骨形成を促進し、皮質内および海綿骨コンパートメントを調節することにより、無傷および卵巣切除した中年雌ラットの両方で骨微細構造の劣化を軽減し、正味の骨量を増加させると結論付けました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19118658/

緑茶ポリフェノールは、全身性慢性炎症のある雌ラットの骨の微細構造の劣化を軽減します

緑茶ポリフェノール(GTP)は、骨量減少を防ぐための有望な薬剤です。GTPの補給は、炎症の減少を介してマイクロアーキテクチャを維持し、骨の質を改善しました。調査結果は、慢性炎症患者の骨格の健康におけるGTPの重要な役割を示唆しています。

GTPは、大腿骨と脛骨の両方で小柱の体積分率と数を増加させ、脛骨シャフトで骨膜骨形成率を増加させ、近位脛骨での小柱の分離と皮質内脛骨シャフトでの表面の侵食を減少させました。

GTPは、脛骨でのTNF-αの発現を抑制しながら、大腿骨の強度を改善しました。

結論: 結論として、GTP補給は、骨侵食を抑制し、海綿骨および皮質内骨区画を調節することにより、慢性炎症を伴うラットの骨微細構造の劣化を軽減し、骨の完全性を改善し、正味の骨量を増加させました。GTPのそのような保護的役割は、TNF-αの抑制に起因する可能性があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20306019/

お茶と骨の健康:人間の研究からの発見、潜在的なメカニズム、知識のギャップの特定

お茶は骨の健康に役立つ可能性のあるフラボノイドの豊富な供給源です。

お茶の摂取量を増やすことが健康的なBMDをサポートするだけでなく、だけでなく、脆弱性骨折のリスクを軽減します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26066048/

お茶と骨の健康:翻訳栄養の前進

横断的および遡及的証拠は、お茶の摂取が骨量減少を軽減し、高齢者の骨粗鬆症性骨折のリスクを軽減する上で有望なアプローチである可能性があることを示しています。

茶ポリフェノールは、in vitroで骨芽細胞形成を促進し、破骨細胞形成を抑制します。

動物実験によると、茶ポリフェノールの摂取は、骨量と骨梁の体積、数、厚さの増加、および骨形成の増加と骨吸収の抑制による骨梁の分離の減少によって示されるように、骨に顕著なプラスの効果をもたらし、骨強度を高めます。

これらの骨保護効果は、それらの下流のシグナル伝達メカニズムとともに、抗酸化または抗炎症経路を介して媒介されるようです。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24172296/

閉経前にお茶を飲むと、閉経後の女性の骨密度が高くなります。

結果: 交絡因子を調整した後、閉経前にお茶を飲み始めた女性は、お茶を飲まない参加者および閉経後にお茶を飲み始めた参加者よりも、全体および地域のBMDが有意に高かった。脊椎のBMDの違いは、週に4回以上お茶を飲んだ人の間でより顕著でした。さらに、お茶の濃度と種類に関係なく、両方のモデルで閉経前にお茶を飲み始めた参加者の間で、お茶の飲用とBMDの間に有意な関連が見られました。

結論: 結果は、閉経前にお茶を飲むことは、中国の閉経後の女性のより高いBMDに関連していることを示しています。この関係は、お茶を飲む濃度や種類とは無関係です。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33514873/

緑茶ポリフェノールは、肥満関連遺伝子を調節することにより、ラットの体重を減らします

対照群(低脂肪食を与えられたラット)、HF群(高脂肪食を与えられたラット)を含む、Sprague Dawley(SD)雌ラットの合計3つのグループ(n = 12 /グループ)がテストされました。およびHF+GTPグループ(高脂肪食と飲料水中のGTPを与えられたラット)。HF群は対照群と比較して体重が増加した。HF + GTPグループの飲料水中のGTPの補給は、HFグループと比較して体重を減少させました。

対照群のラットと比較して、HF群のラットは、3つの食欲促進遺伝子(Agrp、Ghrl、およびNr3c1)を含む、有意な変化を伴う12の遺伝子の発現レベルを示しました。7つの食欲抑制遺伝子(Apoa4、Cntf、Ghr、IL-1β、Ins1、Lepr、およびSort); エネルギー消費に関連する2つの遺伝子(Adcyap1r1とAdrb1)。興味深いことに、HF + GTPグループは、高脂肪誘発性肥満ラットにおいてこれらの遺伝子の発現レベルを回復させました。対照群、HF群、およびHF + GTP群の血清サンプルにおけるIL-1βおよびIL-6のタンパク質発現レベルにより、遺伝子発現の結果が確認されました。さらに、スーパーオキシドジスムターゼ-1(SOD1)およびカテコー ル-O-メチルトランスフェラーゼ(COMT)のタンパク質発現レベルも、この肥満ラットモデルでGTPによって調節される保護変化を示しました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22715380/

ラットの脂質吸収と血漿脂質レベルに対するEGCGの効果

カテキンは、血漿コレステロール値とコレステロール吸収率を低下させることが示されています。

総コレステロールと低密度リポタンパク質の血漿レベルは有意に減少しました。

EGCGが脂質代謝に影響を与える根本的なメカニズムの1つは、消化管でのコレステロールのミセル可溶化を妨害することであり、これによりコレステロール吸収が減少することが示唆されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12873714/

エピガロカテキンガレートは、エネルギー経路とレドックス経路を標的とすることにより、2型糖尿病と肥満の筋肉恒常性を調節する:ナラティブレビュー

EGCGは、抗酸化酵素の発現を増加させ、骨格筋における活性酸素種(ROS)産生の増加を逆転させ、ミトコンドリアが関与するオートファジーを調節することによって機能します。

さらに、EGCGは筋肉の脂質酸化を増加させ、インスリン抵抗性の骨格筋におけるグルコースの取り込みを刺激します。

EGCGは、NF-κB、AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)、マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)シグナル伝達経路などの細胞シグナル伝達を調節し、DNAメチル化やヒストンアセチル化などの後成的メカニズムを介して作用します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30691224/

緑茶ポリフェノールエピガロカテキンガレートの血管および代謝作用

EGCGは、インスリン抵抗性と肥満、メタボリックシンドローム、2型糖尿病などの内皮機能障害との相互関係を特徴とする代謝性疾患に関連する心血管合併症と闘うための有望な治療法であると結論付けています。

インスリン抵抗性および糖尿病の集団で実施される、強力なランダム化プラセボ対照介入試験には強力な論理的根拠があります。

血管内皮におけるインスリンシグナル伝達の障害により、動脈および栄養毛細血管を調節する細動脈におけるインスリン刺激によるNOの産生が減少します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25312214/

緑茶ポリフェノールEGCGは、マウスの胆汁酸と脂質の吸収を減らすことにより、代謝異常と脂肪肝を軽減します

茶ポリフェノール(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、代謝異常と脂肪肝を改善することが示されています。

マウスでの実験結果: EGCG治療は、17週間の治療後、体重増加、腸間膜脂肪量、空腹時血糖、インスリン抵抗性、血清コレステロール、脂肪肝の重症度を大幅に軽減

EGCG治療は、コレステロール7α-ヒドロキシラーゼ、HMG-CoAレダクターゼ、低密度リポタンパク質受容体、およびスカベンジャー受容体B1のmRNAレベルを大幅に上昇させ、高脂肪食によって誘発されるリピドミックプロファイルを部分的に正常化します。

腸の胆汁酸含有量はEGCGによって大幅に減少しますが、胆汁酸、コレステロール、および総脂質の糞便中排泄は増加します。

結論: EGCGは胆汁酸の再吸収を減少させ、腸の胆汁酸レベルを低下させ、脂質の吸収をさらに減少させます。これらの作用は、高脂肪食によって引き起こされる代謝異常や脂肪肝疾患の緩和に貢献します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29278293/

脳の老化予防(神経変性疾患予防)

パーキンソン病治療薬における有望なポリフェノール

パーキンソン病(PD)は、黒質線条体路からのドーパミン作動性ニューロンの喪失を特徴とする、進行が遅く、2番目に一般的な神経変性疾患です。

多くの研究により、エピガロカテキンなどの天然ポリフェノールの神経保護効果が示されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32462543/

パーキンソン病の主な原因に対して、緑茶ポリフェノールは保護効果が示されている。

老化および神経変性疾患における緑茶ポリフェノールの広域スペクトル神経保護作用プロファイルの理解

天然植物ポリフェノール(フラボノイドおよび非フラボノイド)は、食事に最も豊富に含まれる抗酸化物質であり、ストレスによって誘発されるフリーラジカルや炎症を中和するための理想的な栄養補助食品です。

人間の疫学および新しい動物のデータは、緑茶と紅茶の飲用(カテキンと呼ばれるフラボノイドのクラスが豊富)が老化した脳を保護し、認知症、AD、およびPDの発生率を減らすのに役立つ可能性があることを示唆しています。

緑茶カテキンの神経保護/神経再生効果に関する機構的研究は、それらが抗酸化剤の金属キレート剤としてだけでなく、細胞内ニューロンのシグナル伝達と代謝、細胞の生存/死の遺伝子、およびミトコンドリア機能のモジュレーターとしても作用することを明らかにしました。

したがって、これらの食事性化合物は、さまざまな脳標的を同時に操作する治療用多機能細胞保護剤として大きな注目を集めています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21368374/

マルチターゲット緑茶ポリフェノールの神経保護/神経救済作用の分子メカニズム

高齢者の脳の老化と神経変性疾患は、酸化的損傷、酸化還元金属の恒常性の調節不全、および炎症を特徴としています。

したがって、これらの状態の治療に使用される大量の薬物/薬剤が、抗酸化剤/金属錯化剤、生体エネルギーおよび抗炎症剤であることは驚くべきことではありません。

天然植物ポリフェノール(フラボノイドおよび非フラボノイド)は、食事で最も豊富な抗酸化物質であり、そのため、ストレス誘発性のフリーラジカルや炎症を中和するための理想的な栄養補助食品です。

人間の疫学および新しい動物のデータは、カテキンと呼ばれる緑と黒のフラボノイドが老化した脳を保護し、認知症、ADおよびPDの発生率を減らすのに役立つ可能性があることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22202078/

神経変性疾患における潜在的な薬物としての食用植物ポリフェノール:現在の証拠、進歩、および機会

アルツハイマー病(AD)、パーキンソン病(PD)、ハンチントン病(HD)などの神経変性疾患は、ニューロンの進行性変性を特徴としています。

多くの研究は、食用植物ポリフェノールが安全であり、さまざまな神経変性疾患において強力な神経保護効果を示すことを示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35237381/

神経炎症に対するフラボノイドの治療上の利点:系統的レビュー

フラボノイドは、心血管および代謝性疾患、癌、自己免疫および神経障害において有益な効果を発揮することが報告されている天然ポリフェノール化合物の重要なクラスです。

フラボノイドは、潜在的な抗酸化作用、抗炎症作用、抗アポトーシス作用、免疫調節作用を持っています。

興味深いことに、さまざまな神経障害におけるフラボノイドの重要性は、安全性、より優れた薬物動態プロファイル、血液脳関門への浸透、費用対効果、および臨床使用/試験への準備により、ますます注目を集めています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35031904/

エピガロカテキンガレートは、EOC13.31ミクログリアにおけるアミロイドβ誘発性炎症および神経毒性を軽減します

我々の結果は、EGCGがAβ刺激EOC 13.31ミクログリアにおいて腫瘍壊死因子α(TNFα)、インターロイキン-1β、インターロイキン-6、および誘導型一酸化窒素合成酵素(iNOS)の発現を有意に抑制したことを示しました。

EGCGはまた、細胞内抗酸化物質である核赤芽球2関連因子2(Nrf2)およびヘムオキシゲナーゼ-1(HO-1)のレベルを回復させ、Aβ処理後の活性酸素種誘発核因子-κB(NF-κB)の活性化を阻害しました。さらに、EGCGは、マイトジェン活性化プロテインキナーゼ依存性のAβ誘導性のTNFα放出を阻害することにより、神経細胞をAβ媒介性のミクログリア誘導性細胞毒性から効果的に保護しました。まとめると、我々の発見は、EGCGがミクログリアのAβ誘発性神経炎症反応を抑制し、間接的な神経毒性から保護することを示唆した。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26643169/

抗炎症作用

関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるIL-1βシグナル伝達に対する緑茶カテキンの抗炎症活性の違いに関する分子的洞察

この研究では、緑茶(EGCG、EGC)に含まれるカテキンが、炎症誘発性メディエーター(IL-6およびIL-8)およびCox-の発現を調節するIL-1βシグナル伝達経路を特異的に妨害することを発見しました。 2原発性ヒト関節リウマチ滑膜線維芽細胞(RASF)。EGCGおよびEGCは、IL-6、IL-8、およびMMP-2の産生を阻害し、Cox-2の発現を選択的に阻害しました。

カテキンがTAK-1活性を阻害する可能性があることがわかりました。したがって、緑茶の消費は全体的な抗炎症効果を提供します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28532672/

関節リウマチの血管炎症の予防と治療における緑茶ポリフェノールEGCGの潜在的な利点

このレビューでは、緑茶に含まれる強力な抗炎症分子であるエピガロカテキン-3ガレート(EGCG)の心臓血管および抗リウマチ活性を検証する前臨床および臨床研究を要約しました。

「滑膜炎症-全身性炎症」リンクの広範な臨床的証拠と、一般的な駆動因子を介してこれら2つの病状を調節する際のEGCGの利点に基づいて、著者は、EGCGがヒト-動物モデルにおける抗関節リウマチ活性を挙げています

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23871988/

エピガロカテキン-3-ガレートは、可溶性gp130産生を増強することにより、IL-6合成を阻害し、トランスシグナル伝達を抑制します

関節リウマチの病態において、中心的な役割を果たしている可能性が示唆されているインターロイキン-6(IL- 6)の合成を、カテキンは阻害してくれます。

論文内容

EGCG処置ラットの血清および関節におけるIL-6レベルの特異的阻害をそれぞれ28%および40%示した。

また、EGCG治療群の関節ホモジネートにおける膜結合gp130タンパク質発現の著しい減少も観察されました。

EGCGによるsgp130活性化のメカニズムの可能性を示唆しています。

ゼラチンザイモグラフィーの結果は、EGCGがRA滑膜線維芽細胞および関節ホモジネートにおいて、おそらくsgp130合成のアップレギュレーションを介して、IL-6/可溶性IL-6R誘導性マトリックスメタロプロテイナーゼ-2活性を阻害することを示しました。これらの研究の結果は、sgp130のアップレギュレーションのユニークなメカニズムを備えた、EGCGによるIL-6合成およびトランスシグナル阻害のこれまでに説明されていない証拠を提供し、したがって、関節リウマチの潜在的な治療薬として有望です。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18796608/

関節リウマチ(RA)の治療に有望であると示されている「IL-6トランスシグナル伝達の調節」にカテキンが大いに貢献してくれます。

抗肥満のための(-)-エピガロカテキン-3-ガレートの提案されたメカニズム

(-)-エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)は、癌、コラーゲン誘発関節炎、酸化ストレス誘発神経変性疾患、誘発性糖尿病、およびストレプトゾトシンの発生率を低下させます。

また、緑茶および緑茶抽出物による脂肪生成の阻害は、細胞株、動物モデル、およびヒトで実証されています。緑茶とその主成分であるEGCGの肥満予防効果は、過去10年間の疫学、細胞培養、動物、および臨床研究の結果によって広く支持されています。

脂肪細胞株と動物モデルを用いた研究では、EGCGが細胞外シグナル関連キナーゼ(ERK)を阻害し、AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)を活性化し、脂肪細胞マーカータンパク質を調節することが示されています。脂質生成酵素やその他の潜在的な標的をダウンレギュレートします。

また、緑茶のカテキン成分は、おそらくそれらの抗酸化活性に関連する抗発癌性を有することが示されています。さらに、EGCGの栄養補助食品は、2型糖尿病の予防と治療のための栄養戦略に貢献する可能性があることが示されました。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17368440/

Comments (14)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。