We send Japanese food products and Japanese-made goods overseas.✈️

がんの予防と治療

ひまり

陽葵ちゃん「こんにちは、やちりん先生!前回は緑茶の力で感染症と戦う方法について教えていただきました。今日はどのような話題を学びますか?」

やちりん先生

やちりん先生「こんにちは、陽葵ちゃん。今日は緑茶とがんの関連性について話そうと思っているんだ。」

ひまり

陽葵ちゃん「がん…それは厳しい話題ですね。がんは日本人の死因の第1位だと聞きました。」

やちりん先生

やちりん先生「その通りだね。だからこそ、緑茶の成分ががん予防にどのように対策を提供できるのかを理解することが大切なんだ。」

ひまり

陽葵ちゃん「なるほど、それは興味深いですね。緑茶の成分ががんにどのような影響を与えるのでしょうか?」

やちりん先生

やちりん先生「緑茶に含まれる主な成分であるカテキンとテアニンは、がんの発症、成長、進行に対して予防的、抑制的、治療的な効果を持つ可能性があると考えられているんだ。」

ひまり

陽葵ちゃん「つまり、感染症だけでなく、がんに対しても全般的に防いでくれるってコト!?

もはや免疫系みたいに万能なんですね!

それは具体的にどのような効果なのでしょうか?」

やちりん先生

やちりん先生「はい、非常に興味深い研究結果が挙げられていますよ。まずはカテキン、特にエピガロカテキンガレート(EGCG)から始めましょう。

EGCGは、癌細胞の成長を抑えるだけでなく、癌細胞が体内で広がる(転移)のも阻止します。

これらの効果は、特定の癌、例えば表在性膀胱癌や炎症性乳癌、食道癌に対して特に強いです。」

ひまり

陽葵ちゃん「それはすごいですね!それはどういう仕組みなんでしょうか?」

やちりん先生

やちりん先生「EGCGは、癌細胞が増殖したり新しい血管を形成したりする能力を阻害します。

※これは、がん細胞が増殖するための栄養源が作られるのを阻止することになるんだよ。

さらに、DNAのメチル化や酸化ストレスを抑えることが示されています。

メチル化は遺伝子の活性化や不活性化に影響を与え、酸化ストレスは細胞損傷を引き起こす不安定な分子の増加を表します。

※これは、正常な細胞ががん化するのを防ぐ作用だね。」

ひまり

陽葵ちゃん「がん細胞が増殖するための栄養源、、それは怖いですね。でもEGCGがそれを阻止してくれるなら、とっても頼もしいですね。

しかも、細胞ががん化するのも事前に防げるならより一層安心です。

EGCGは他にも抗がん効果があるのでしょうか?」

やちりん先生

やちりん先生「その通りです。

EGCGは、新しい癌細胞を生み出す能力を持つ「幹様細胞」を減少させる効果もあります。

これは特に、乳癌の再発を防ぐ可能性があります。

さらに、EGCGは、さまざまな癌に関与する酵素やタンパク質を阻害する能力も持っています。

これらの阻害作用は、癌細胞の生存や広がりを制御することで、癌の発生を防ぐ可能性があります。

※がんは再発率が高い病気でもあるから、こういった再発抑制の役割もものすごく大事なんだ。」

ひまり

陽葵ちゃん「一旦整理すると、EGCGはがんの発生、成長、転移、再発を抑制してくれる作用を持ってるって感じでしょうか?

やちりん先生

やちりん先生「その通り!まさにそれがEGCGの作用ですよ。」

ひまり

陽葵ちゃん「それではテアニンはどうなんでしょう?」

やちりん先生

やちりん先生「テアニンも癌細胞の成長、自己消滅(アポトーシス)、移動、侵入を制御する効果を示します。

これは、癌の発生と進行に関与する多くのシグナル伝達経路を阻害することによって達成されます。

特に、テアニンは転移性の高い子宮頸がん細胞や前立腺癌細胞の成長と移動を阻止することが示されています。

さらに、肝癌や結腸癌などの消化器系の癌に対する有効性も示されています。」

ひまり

陽葵ちゃん「テアニンが癌治療に役立つということは、癌の治療法として使われている手段との相互作用もあるんでしょうか?」

やちりん先生

やちりん先生「確かにそうです。

テアニンは放射線療法や化学療法の副作用を軽減する可能性があるとされています。

これは、例えば、治療後の体重減少を改善したり、特定の化学療法の有害反応を弱めたりすることによって達成されます。」

ひまり

陽葵ちゃん「ふむふむ、とっても複雑な作用メカニズムで健康効果をもたらしてくれるんですね!

分かりやすくまとめるとどういう効果が見込めるんですか?」

やちりん先生

やちりん先生「これらの情報をまとめて、分かりやすく説明するね。

まず、がんの発症段階での予防だね。カテキンとテアニンは抗酸化作用、抗炎症作用、抗感染症作用を持ち、癌化しやすい細胞の損傷を防ぎ、癌の発生を未然に防ぐ可能性があるんだ。

さらに、癌の成長や進行段階でも役立つ。カテキンは癌細胞が自己の栄養源を確保する能力を阻害し、癌の成長を抑制する。さらに、これらの成分は癌細胞が増殖するためのシグナル伝達を阻害し、腫瘍の発達を抑える可能性がある。

そして、最後に治療段階だね。緑茶の成分は、癌細胞の死を誘導し、腫瘍の成長を抑える可能性があるんだ。これは、カテキンとテアニンが癌細胞の増殖と生存に重要な役割を果たすタンパク質の機能を阻害し、同時に腫瘍抑制因子の発現を促進することにより達成されるんだよ。」

ひまり

陽葵ちゃん「それは本当にすごいですね!
まるで、がんに対して全面的に戦ってくれているみたいです。」

やちりん先生

やちりん先生「そうだね。またがんの治療に関して、他にも有力なサポート能力を持っているよ。カテキンやテアニンといった成分が化学療法や放射線療法の副作用を軽減するという話だね。

化学療法や放射線療法はしばしば強力な副作用を引き起こしちゃうの。しかし、緑茶の成分はこれらの副作用を抑制し、治療効果を強化する可能性があると考えられているんだ。」

ひまり

陽葵ちゃん「緑茶の摂取が癌予防、抑制、治療に有効である可能性があるということは、とても希望的ですね。」

やちりん先生

やちりん先生「その通りです。しかし、研究結果や論文に”可能性”や”示唆”といった表現が使われているように、これらの研究結果は初期段階のものであり、さらなる研究が必要です。

しかし、そんな段階にも関わらず、

臨床や統計といった調査結果でも”日常的な緑茶の飲料者はがんの発症率が低い”といった、研究結果もあることから、特に実用性といった面でも注目されているんですよ。

ひまり

ええっ!?日常的な緑茶飲用者は、がんの発症者が少ないって統計結果があるなら、

サプリメントや薬といった形にしなくても、効果が見込めるってことですか?

やちりん先生

やちりん先生「その通り!良い着眼点ですよ。健康的な生活習慣と組み合わせることで、我々の体は驚くべき回復力と予防力を持つことができます。」

ひまり

陽葵ちゃん「こんなにも有望な研究結果が挙げられてるなんて、とっても期待できますね。ありがとうございました、やちりん先生。次回も楽しみにしています。」

Pages: 1 2 3
Choose your Delivery Location
Enter your address and we will specify the offer for your area.
Have no product in the cart!
0